2015年05月17日

「呉越同舟という言葉の実例をみた住民投票」…(2015年05月17日)

大阪市 住民投票 終了。
大阪が解体されず 少しほっとする。
NHKの開票特番を見ながら、区別の賛成と反対を見てみると やはり区の収入の低い地域に反対票が多いようだ。
「大阪の住民がが自ら自治を放棄する」という、歴史に残る愚挙をしなかった事を喜ぶとともに、大阪が抱えている問題をいかに解決していくかを、住民が参加して民主的なプロセスを経て進んでいくことを切に願う。

余談1…市長選の公約違反、「敬老パス」の恨みあると思う。
余談2…共通の敵を倒した後の。協力の季節から、敵対の季節に移らない事を切に願う。

タグ…日記 住民投票 大阪都構想
posted by DOBUROKU-TAO at 23:05
"「呉越同舟という言葉の実例をみた住民投票」…(2015年05月17日)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。