2014年11月09日

「最近の模型工作」癌住吉 原型製作・販売 「ジャイロジェット ピストル」レストア終了…2014年11月09日

「最近の模型工作」癌住吉 原型製作・販売 「ジャイロジェット ピストル」レストア終了…2014年11月09日

2014.11.09  頑住吉「ジャイロジェット」 右側面 Doburoku-TAO.JPG2014.11.09  頑住吉「ジャイロジェット」 左側面 Doburoku-TAO.JPG
上画像…頑(癌)住吉 原型製作・販売「ジャイロジェット」完成品(2014.11、09 レストア)
 
先々月オークションで落札した、癌住吉 原型製作・販売 「ジャイロジェット ピストル」のレストア終了。
 入手したものを検分すると、組立説明図指定外のレプリカ「M1911A1」ガスガンのガスタンクの組み込、アルミパイプのバレルの切断面の面とりができていないなど(もちろん弾の通過に合わせたハンマーの形状修正などもできていない)、前の持ち主は外見を組あげることのみで力尽きたことが分かった。
ただ、変に前オーナーが改造していなかった事と、手元に以前モデルガンPPKをカスタムした際にグリップの部品取りしたマルシンガスガン(旧レプリカ)「PPK」が手元に残してあったので、レストアは苦労しなかった。
保存状態からくる、部品欠やレジン変形からくる隙間も、手持ちプラ材で修理できた。
今回手を加えた所は…
1、接着指定だった、グリップとマガジン フォロアーレバーをフレーム内側からねじ止めに変更
2、ガスノズルのパーツにプラパイプをかぶせ、フレームに接着しなくても位置決めしやすくした。
3、スライドストップにナットを埋め込み、ねじ止めの際の強度を上げた
といった簡単な物。

2014.11.09  頑住吉「ジャイロジェット」 スライドオープン1 Doburoku-TAO.JPG2014.11.09  頑住吉「ジャイロジェット」 スライドオープン2 Doburoku-TAO.JPG
左画像… ボールペンのキヤップのような弾をノズルに差し込んだ状態を、右側からスライドを開いて覗く。

2014.11.09  頑住吉「ジャイロジェット」 内部 Doburoku-TAO.JPG
上画像…頑(癌)住吉 原型製作・販売「ジャイロジェット」の部品構成

画像には写っていないが、安全装置はガススイッチを押す「扇状」のパーツの動きをロックすることで機能する。
本製品の最大の売りは、ロケット弾を模した弾の発射機能にある。その動作は…
◎その1
…ハンマーを起こしてからスライドを開き、ボールペンのキヤップのようなロケット弾を、ノズルに差しこむ。
左画像はボールペンのキヤップのような弾をノズルに差し込んだ状態。
トリガーがまだ引かれていないので、ガススイッチは押されておらず。バレル下方にあるハンマーシアーは時計方向に回転している。

2014.11.09  頑住吉「ジャイロジェット」 アクションその2 Doburoku-TAO.JPG ◎その2
…スライドを閉鎖後に引き金を引く。左画像は引き金が引かれた状態。ハンマーは落ちガスタンクのスイッチが押された状態(ガスがノズルから吹き出す直前)
左画像はトリガーが引かたことで、ガススイッチは押されていることと、バレル下方にあるハンマーシアーは反時計方向に回転していることがわかる。

◎その3
…ノズルから吹き出すガスで、弾はハンマーを起こしながら、バレルを通って発射される。
左画像で、弾に押されたハンマーは、トリガーが引かたことで反時計方向に回転したハンマーシアーに保持されている事がわかるかと…。
トリガーを緩めると、ハンマーシアーはトリガーの前進に合わせ時計方向に回転し、ハンマーを解放。解放されたハンマーはトリガーとかみ合いコッキングされる。
なお、ガススイッチにはディコネクタ機能がないので、トリガーを引いている限りガスはノズルへ流れ続けるので、すぐさま指を緩める方がいいかと…。気温と湿度の条件ではガスが噴きだすさまは派手…(笑
実物のような連射は無理だが、機構やギミックがなかなか凝った製品であることがわかる。(ふと思った疑問。ボルカアニックピストルの弾は 弾の内部の火薬のガスで噴進する構造だが、あればバレル内部で燃え尽きてしまうのだろうか?ロケット弾の定義によっては、初めて量産されたロケット弾発射ピストルはボルカニックピストルになるのでは…?と思うが…。なおボルカニックピストルは、発射機能がない動作モデルが一応DENIXで製品化されている。)

「塗装」
◎本体
…パーツの内部を含めてクレオスの ラッカー系「艶消し黒」の吹き付け
◎ハンマー・トリガー等  ラッカー系銀色のパーツ
…クレオスの ラッカー系「艶消し黒」を下地に塗ったあとクレオス ラッカー系「銀」の吹き付け。
◎グリップ
 …1、粗いやすりで木目を意識して表面を磨く
  2、クレオス ラッカー系「ウッドブラウン」を筆塗り
  3、マジックの赤&黒で木目を適当に描き
  4、クレオス ラッカー系「クリアレッド」と「クリアオレンジ」を、やや濃い目にし、マジックの境界をぼかすように重ね塗りしてやる。
◎ロケット弾
…クレオスの ラッカー系「艶消し黒」を下地に塗ったあとクレオス ラッカー系「銀」の吹き付け。乾燥後にラッカー系「ブラス」を筆で重ね塗。
◎バレル
 …艶の維持と腐食防止に、外のみならずバレル内側も、クレオースの缶の「スーパークリア」を吹き付けた。

最後に…
ジャンク状態を落札し、手元に届くまではどうなるかとおもったがなんとか完成。
本製品に関しては、一番欲しかったが、機種的にメジャー故に入手をあきらめていただけに、手に入ったことのみならず、こうして無事仕上がった事がうれしい。
頑(癌)住吉氏が製品化した製品は7機種(主に擬似BLK 登場以前)ほど入手していないが、生産時期と個数を思えば今後入手は正直難しいだろう。(今年になり 擬似BLK発表以降の製品がオークションに割と出てきているが、値段的には手が出にくいものになってきている。まぁ 手持ち機種ばかりなので気にはならないが… )
完成品で販売されたNo2デリンジャーやCZ35<サイレンサーセット>にPP90なんて,
入手ところが、現物を見る機会さえないだろうと思う(当時入手した者たちは 筋金いりの酔狂な好き物が多いから なかなか手放さないと思うし…(笑 まぁ、少数生産の趣味人向けの製品だから仕方ないわな…(笑 )

タグ…模型 レジン コレクション 頑住吉 癌住吉 ジャイロジェット ピストル ガスガン バクレツパイナップル クレオス 
posted by DOBUROKU-TAO at 18:19
"「最近の模型工作」癌住吉 原型製作・販売 「ジャイロジェット ピストル」レストア終了…2014年11月09日"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。