2008年11月02日

「本を片付け ながら思った事」…(2008.11.02)

資料本という名目の 未整理本を本棚に移す…(笑
そんな整理の合間に 見直す雑誌の面白い事… 久々に見た写真で思い出したことを…

「Hobby JAPAN」1980年11月号は 「Gun」特集という事もあり LSのプラモデルガン ベースの作例記事が多い。記事の作例の中に特に説明はないが 「南部14年式」の ミニ化モデルの写真があったりする。
この雑誌を古書で入手した当時(90年ごろ)、このミニ化された「南部14年式」を 摸型ライターの創作だと思いこんでいた。
そんなこんなで 月日がたって2000年 望月三起也 氏の「秘密探偵 JA」が漫画文庫で刊行された(全13巻 発行 ホーム社 発売 集英社)

流石に刊行数から Doburoku-TAOは未だ「ワイルド 7」の全巻読破はしていないが この文庫が発売された当時 毎月やりくりして「秘密探偵 JA」だけは全巻購入した…マニア諸氏は貧乏くさい話だと笑うだろうが あの頃は月末の本代のやりくりで四苦八苦していた…(笑

さて そんなやりくりで手に入れた漫画文庫 「秘密探偵 JA」3巻…地獄からの使者 にこのミニ化された「南部14年式」元ネタを発見。

漫画文庫 36pにミニ化された 寸法の概略図が、41pに「UNCLE カービン」風に付属パーツをつけた状態も載っている。…もっともこの「南部14年式 カービン」 あんまり 本編では活躍しなかったが…
ストックは アメリカで製作された 2本棒支持 ルガー用ホルスターストックに 似た皮製「ホルスター 兼用ストック」
マガジンは 「20連発マガジン ロングマガジン」
銃身は アタッチメントを銃身に差し込んで さらにロングバレルを装着できる。
また 本体上面には スコープが装着できる。
銃本体にもフレーム 左側面に セミ・フル セレクターがある(「Hobby Japan」の作例には無いが…)

Doburoku-TAOは 雑誌を手に入れてから 10年後に作例のミニ化された「南部14年式」元ネタを知ったわけだが、雑誌に作例が載った80年には 元ネタは説明されなくても わかる人にはわかる情報だったのだろう。
古い雑誌で情報を得る際は その雑誌のその時代の購読者には通じる共通情報(情報内容が後年に伝わらない)がある可能性も考慮して資料を読まないといけないと「考えさせられた一件」
 マニア相手の商売には 作例写真・商品見本などの画像で 「一発かます (物欲刺激…(笑」が多いが、 商品に関しては造型された対象(元ネタ)をよく購入前に調べないと いい加減な考証の紛い物をつかまされる事になる(納得して買うならばいいのだが…)。

ま、誰が何を造ろうが 勝手だが、少なくとも「いい加減な考証」の商品に関しては「なんちゃって風」なら遊び心でいいが ともかく さぞ 「プロップレプリカ」 のごとく振舞う様だけは見ていて痛い。 

と、もっともらしく書いているが 所詮は「気がついた 私を褒めて 褒めて」の一編なのだが…(笑

posted by DOBUROKU-TAO at 09:13
"「本を片付け ながら思った事」…(2008.11.02)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。