2008年09月23日

勝手に連動企画 おっさんオタクの暇つぶし…「アメリカン デリンジャー社「ペン ガン」構造考察(2009.09.23)

当ブログによくこられる およよ さん のブログ  YAHOO!JAPANブログ「おいも」の記事「ペン ガン」構造解説図に 触発され 自分なりに この銃の 構造を見直して見た

参考にしたのは Gun誌 1993年7月号の記事

>ストライカーのコッキング方法

銃口方向を左(時計方向 9時)とし、グリップは下(時計方向 5時)に曲がる 側面から見た状態を想像すると

◎ペンが伸びた状態
ファイヤーリングピンとシアーとトリガープランシャーの関係は
○トリガープランシャーはスプリングで前進方向の力が掛かっている。またスプリングは少し縮んでいる。
○シアーはトリガープランシャーの動きで時計方向の回転の力がかかっている
○ファイヤーリングピン上面の溝 後部に シアーはひっかかっているが ファイヤーリングピンプリングは伸びた状態 。
この3者の関係を横から見ると

字型

◎ペンを折り曲げた状態
ペンを折り曲げる過程で
○トリガープランシャーはスプリングで方向の力で少し前進(折り曲げた状態では上に向かっている)。
○シアーはトリガープランシャーの動きで時計方向の回転の力がかかっている
為 3者の関係は
○ストライカー上面の溝 後部に ひっかかっているシアーの時計方向の回転でファイヤーリングピンは 後退、 ファイヤーリングピンプリングは圧縮されて 

字型 となりコッキングされる。

◎トリガー構造
長年悩んでいたのが トリガーの構造。
撃発時は
 トリガープランシャーの力がシアーにかからなくなり、シアーが反時計方向に回転出来るようになって ファイヤーリングピンが前進出きることで 撃発。
と 考えていたのだが…
「折り曲げた状態で上昇しようとするトリガープランシャーを 射撃時 発射体制(折り曲げた状態)でトリガーを下降させる事でどうやって下降させるか?
が 悩みで 機構が理解できなかった。
今回 GUN誌の写真キャプションから 再考察。
○折り曲げると トリガーが出てくる。(p-37 1,2の写真)
○トリガー後ろの曲面
○アウター・レシーバー を外して少しでも折り曲げると トリガーは出てくる→トリガープランシャーは前進しようとしている。(p-37 8の写真)
○トリガーには独立したリターンスプリングがない。(p-37 9の写真)
の条件から考えると
この銃は トリガーを下に引いて トリガープランシャーを下降させるのではなく
「トリガーを銃内に押し込む(収納状態に戻す)」事で発射される
 と思われる
そう思って 射撃体制の写真(p-37 7の写真)の 人差し指 親指の位置関係みれば 引き金を 下に降ろす銃ならば 
「人差し指 は 銃身とトリガーの間に位置しなといけない」
はずだが 人差し指の位置はトリガーの下にある。

これらからこのペン ガンは
「人差し指をトリガーの曲面に添えて 握り、親指で銃を押し下げるように トリガーを銃内に戻す」事で発射される銃と思われる。

◎セフティーの構造
GUN誌の完全分解された写真キャプション(p-37 9の写真)で解説されていない 写真中「レーシーバー」の文字の横の 棒状パーツ に注目。
写真(p-37 一番上の写真 p-37 2、3の写真、p-38 8の写真)から このパーツは
ペン状態の際は コッキングロッドに被さった アウター・レシーバーに開かれた トリガー 用開口部塞ぎ
の役割を持ち。
マニュアル・セフティーの位置によって前後する(p-38 8の写真に注目)。
○セフティーON時
棒状パーツ は後退、トリガープランシャーの上昇(銃口部を前に左側面から見たシアーの時計方向の回転)を妨げる。

○セフティーOFF時
棒状パーツ はスプリング(p-37 9の写真) で銃口方向へ前進する力がかかっている。
パイプ状のマニュアル・セフティーは ブリーチブロック 押さえを兼ねており ネジで両者は固定される

以上がDoburoku-TAO なりの機構の考察だが モデルガンとしての立体化の場合、材質・構造などで安全対策には気をつけないといけないし、AIRGUNの場合 気蓄室の確保が難しいだろう。
この銃もいつか 模型化したいと思いつつも…
ま、相変わらず 口だけだったり…(笑
posted by DOBUROKU-TAO at 11:45
"勝手に連動企画 おっさんオタクの暇つぶし…「アメリカン デリンジャー社「ペン ガン」構造考察(2009.09.23)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。