2008年06月01日

昔話(他人が 信じる 信じない 今更どうでもいい話)…TBS「サンデーモーニング」 08.06.01 放映 出演者による「クラスター爆弾 禁止条約」関連の 発言で思い出した事。

朝 相変らず寝ぼけまなこで TVを見ていると…
番組はTBS 「サンデー モーニング」
『クラスター 爆弾 禁止条約』の解説をしていた中で 締めくくりに 解説していた男性の(名前の確認し損なった)の表現に 疑問が沸いた。
この人 冷戦が終わって 日本に侵攻してくる 国はないと言った上で
「ソ連」「北朝鮮」を例に挙げていたが なぜが「中国」の国名は挙げなかった。

現在 日本の領海の侵犯や領土の不法占拠をしている国と言えば 『中国』と『韓国』 なのだが…
この人は 誰の立ち位置で発言している?

『中国』について Doburoku-TAOが 不審に思うのは 今から20年程前 56式小銃のデコを独占輸入していた(今でも 市場で見かける 鉄製ケースの ダミーカートはその頃の名残) 大阪の谷六にあった SHOP において たまたま卸している中国人と話した機会があるから
彼は
「今は調子に乗っているようですが 日本は 所詮 我々の属国ですよ」
と きっぱり発言した。

当時は中国人の生の考え方を聞いて「中華思想って奴は…」と思っていたが…。
最近の「中国」とネットで話題になる「その国民の発言」をみると…
ま 昔話と 感想だ。

因みに 後日風に聞いた噂では その中国人 、領事館付の武官だったらしい。

昔話ついでに 思うと
この前 中国の首相が「聖徳太子」ゆかりの地を 訪問したと聞いた時に思い出したのが
「日の昇る国より 日の沈む国へお手紙します。お元気ですが?」(うろ 覚えだが)
という 手紙を聖徳太子が 中国の皇帝に送った(喧嘩状だな これは…)という話。

『中国の首相が「聖徳太子」ゆかりの地をわざわざ訪れた』理由は知りそこなった(Newsなどの記事で拾い損ねた)が 昔の話に関連して 尋ねて来ていたとしたら…

1000年単位で 喧嘩のネタを探すような相手とは 日本人として 付き合うには 覚悟がいるなぁ~(笑
posted by DOBUROKU-TAO at 09:33
"昔話(他人が 信じる 信じない 今更どうでもいい話)…TBS「サンデーモーニング」 08.06.01 放映 出演者による「クラスター爆弾 禁止条約」関連の 発言で思い出した事。 "へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。