2017年01月27日

「大阪の悪政状況」通勤途中にもらったビラをみて ふと思う…(2017.01.27)

「大阪の悪政状況」通勤途中にもらったビラをみて ふと思う…(2017.01.27)
2017.1.27 もらったチラシ その1 .J.JPG
2017.1.27 もらったチラシ その2 .JPG 通勤途中にもらったビラをみて、維新の連中は「フェスティバルゲート跡地」の転売と同じ事を使用としているようで…
 南港周辺でカジノの展開を考えた場合、周辺地域に風俗街を考えているならば 病院の存在は邪魔だよな…とふと思う。
タグ…日記 ふと思う 大阪の悪政状況

posted by DOBUROKU-TAO at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

「ふと思う…」…「2015.08.14 金曜日の晩御飯」

「ふと思う…」…「2015.08.14 金曜日の晩御飯」

 小松崎茂氏といえば、今井やバンダイのキャラクタ-プラモデル (1960年代後半から70年代前半)に影響を受けた自分にとっては無視できない存在。
 模型を集めながら、小松崎氏の仕事を知る機会は増えていった。
そんな自分でも、とうとう「機械化」の復刻だけは購入する気がおきないというかためらってしまう。
理由は…
根本圭助 著「異能の画家 小松崎茂 その人と画業のすべて」
 (光人社 NF文庫2000年発行)
を読み第二次世界大戦時の氏の仕事背景(「機械化」)を知ったから…
そして、晩年の小松崎氏の作品(学研などが雑誌表紙に起用した軍艦画など)を見て感じた違和感(第二次世界大戦に対して無邪気すぎる事)に納得できたから…
よくも悪くも「好きな物を描く」だけで「無邪気」なのだろう

戦後日本の文化へ「影響」〈当時の子供に刻み込んだ〉を与えた分では「機械化」の方が根強く長く残っているじゃないだろうか…。
だから「機械化」を見れば面白いとわかっていながらも、どうしても購入をためらってしまう。
 画家の藤田嗣治は戦時中の軍部への協力を戦後叩かれ、日本を去ることになるが。当時の子供に影響を与えた小松崎茂氏はそこまでたたかれていない。
 そこに画家としてのランクの違いがあるとしたら、一オタクとして別の意味で物悲しくもある。

タグ…日記 ふと思う 小松崎茂 藤田嗣治 根本圭助 異能の画家 小松崎茂 その人と画業のすべて 光人社
posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

「呉越同舟という言葉の実例をみた住民投票」…(2015年05月17日)

大阪市 住民投票 終了。
大阪が解体されず 少しほっとする。
NHKの開票特番を見ながら、区別の賛成と反対を見てみると やはり区の収入の低い地域に反対票が多いようだ。
「大阪の住民がが自ら自治を放棄する」という、歴史に残る愚挙をしなかった事を喜ぶとともに、大阪が抱えている問題をいかに解決していくかを、住民が参加して民主的なプロセスを経て進んでいくことを切に願う。

余談1…市長選の公約違反、「敬老パス」の恨みあると思う。
余談2…共通の敵を倒した後の。協力の季節から、敵対の季節に移らない事を切に願う。

タグ…日記 住民投票 大阪都構想
posted by DOBUROKU-TAO at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

「最近の出来事 (01月)」…「今日の出来事…ふと思う」(2015.01.25 日曜日)

「最近の出来事 (01月)」…「今日の出来事…ふと思う」(2015.01.25 日曜日)

今日は一日家から出ず、読書〈溜まった新聞を含め〉や模型を作って過ごす。
昨夜から話題になっている「邦人殺害」だが、日本在住イスラム教徒への迫害の引き金にならないことを切に願う。
「人類愛」なんてうそぶく気はない、「日本国内でイスラム教徒が迫害された」事が、新たなテロの理由にさせないためだ。
今は冷静さを保ち、「負の連鎖」を起こしてはいけないと思う。

タグ…日記 今日の出来事
posted by DOBUROKU-TAO at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

「ふと、思う」(朝のNHK NEWS(午前(7:25ごろ)の「モケ女」紹介を観て…(2014.10.29 水曜日)

「ふと、思う」(朝のNHK NEWS(午前(7:25ごろ)の「モケ女」紹介を観て…(2014.10.29 水曜日)

 朝。自宅を出る直前放映していた、NHK NEWS(午前(7:25ごろ)の「モケ女」紹介を観て思ったことを少々。
 模型愛好家の女性の紹介や、静岡の大手模型メーカーの女性向け商品開発紹介とともに、俳優の石坂浩二氏のインタビュのーが紹介されていた。
 石坂氏は、「女性モデラーたちの、自由な(のびのびした)表現をたたえていたが…
“「達成感」&「自己肯定」のツールとして模型製作が機能している事”
=“「女性」たちの普段の生活が、精神的にもより窮屈になっている事”を示していないだろうか…

タグ…モケ女 静岡県 田宮 模型 NHK  石坂浩二
posted by DOBUROKU-TAO at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

「『大阪市立桜ノ宮高校』の本年度の体育課の受験の取りやめ」についてふと思うこと その2…(2013年01月22日)

さて自宅に帰ってTVをみていると、大阪の気違い市長の「桜ノ宮高校」の本年度の体育課の受験を取りやめさせた事がさらに話題になっていた。

この件ついて、今日の橋下市長の発言を聞いたDoburoku-TAOはまた腹がたった。
腹がたった発言内容を書いてみる。

1、 「これ(本年度の体育課の受験を取りやめさせた事)は桜ノ宮高校が変わるためのメッセージである…」
…学校の運営方針をかえるというメッセージ発信ために、本年度の受験生が被害をこうむる事自体がおかしい。
橋下のパフォーマンスショーを何故 本年度の受験生が受けねばならないのか…。

2、 大阪府立高校の体育課の受験枠を広げるよう大阪府知事と交渉を開始した…。
…公立高校を受験させる家庭は学費(交通費など)も考慮にいれて志望校を選んでいる。
「受験できる学校が増えるならいいだろう!!」なんて数字だけの問題ではないと思うぞ…

以上の2点の発言は、「受験生」の事よりも橋下の都合を優先した思いつきだけの物にしか思えない。

ちなみに「一回ぐらい受験できない事があっても人生生きてりゃ何とかなる…」なんてぬけぬけしゃしゃーと昨日もTVでほざいていたが、その選択は自分で選ぶ物であって、橋下のような政治ゴロの都合で押しつけられる物でないと繰り返し書いておく。
posted by DOBUROKU-TAO at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

「『大阪市立桜ノ宮高校」の本年度の体育課の受験の取りやめ」についてふと思うこと…(2013年01月21日)

さて自宅に帰ってTVをみていると、大阪の気違い市長が、人気取のパフォーマンスとして「桜ノ宮高校」の本年度の体育課の受験を取りやめさせた事が話題になっていた。

この件ついてDoburoku-TAOが腹がたつことは、橋下のパフォーマンスに付き合わされることで受験生が被害をこうむることだ。

少し頭を冷やして考えてみる。

1、 桜ノ宮高校の生徒が自殺した原因は、指導教員にあり、本年度の体育課を受ける受験生にはない。

2、 大阪市の校区制の関係上、受験生は特色ある高校を受けようとした場合選択枝がない。
…なお橋下は校区制度を廃止したいようなので、わざと困る受験生が出る状況をつくりだすためにやっている節がある。

以上の2点を考えると、橋下の今回の言動&命令は 「受験生」の事など眼中にない、単なる自分の都合を優先しただけの物にしか思えない。

ちなみに「一回ぐらい受験できない事があっても人生生きてりゃ何とかなる…」なんてぬけぬけしゃしゃーとTVでほざいていたが、その選択は自分で選ぶ物であって、橋下のような政治ゴロの都合で押しつけられる物でない。

ところで、今回体育課受験が出来なくなった件で 大阪の受験生が自殺した場合、橋下はどう責任をとるつもりなのだろう?

posted by DOBUROKU-TAO at 22:37| わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

「反日デモ」でふと思う事いろいろ… (「2012.09.17 月曜日」)

「尖閣諸島」の国有化から 中国本土で反日デモが起きている。
中国と国境問題を抱えている周辺諸国は 中国国内の動きを冷静に見ている。
中国サイドは ナショナリズムで煽った結果が 日本以外の外国資本の撤退を招く危機感をもっていないのだろうか?
そして暴動で参加している者も、騒動を利用し、日本資本の撤退後の工場や建物を押さえるために動いている連中がいないかどうかチェックしているのだろうか?
バブルがはじけ、経済成長にかげり見えた腹いせに「愛国無罪」を振り回されたらたまったもんじゃない。

 ところで日本サイドと一市民が出来る事は 中国資本の企業製品のボイコットとぐらいだろうか。
あとは日本政府に、中国政府へODAで貸した金の「取立て」を求める事だろう。
中国はもう発展途上国ではない筈だし…(笑
外務省: [ODA] 国別地域別政策・情報 中国 対中ODA実績概要
www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/chiiki/china.html

あとは中国と国境(島の領有も含む)でもいめている国々について知る事も…(フイリッピン海軍が米軍の廃艦をサンゴ礁に着底させ 少数の兵をおき監視基地にしている実例もある …予算がないので船で畑を作り「神のご加護を…」と入り口にかかれた姿は悲壮感が漂っていた )→日本の護衛艦輸出案の背景

 それにしても 己の話題つくりに火種に油を注いだ石原慎太郎は雲隠れか… 
集めた金の行き先(まぁ案は発表されたが)も含め扇動屋という人種は性質が悪い。


posted by DOBUROKU-TAO at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

ふと 思った事 『目的は手段を正当化しない!!』 「2010.11.05 尖閣諸島 沖合いでの 中国漁船 ミンシンリョウ 5179の海上保安庁 巡視線への衝突操船証拠ビデオ」騒動についてふと思うこと…(2010.11.05 わしも考えた)

 日本政府が何故か公開しなかった「2010.11.05 尖閣諸島沖合いでの 中国漁船 ミンシンリョウ 5179の海上保安庁 巡視線への衝突操船証拠ビデオ」が 大手動画サイト「ユーチューブ」で公開され大騒ぎなった。

 この事件において 日本政府の外交の手際と日本国民への情報管制はお世辞でも 国民の多くを納得させる対応ではなかったと思う。
まず Doburoku-TAO自身はこのビデオが内容が公開されたことは喜んでいる
ただ 単に情報が公開されたと喜んでばかりいられない点がこの一件にはあると思う。

1、「表の目的(ビデオ公開)は手段を正当化しない」
…国民が真実を知る機会を得た面は悪いことではないが、この公開方法はテロリストの殺人や破壊活動と同じ行為であった点を見逃してはいけないと思う

2、「今回の情報流出」には政治家や官僚の「政争」の手段ではないのか?
…だとしたら、国家間の争議の種を 己の権力闘争の手ごまに使えるような人物が 国民をどう思っているか思うと 恐ろしい気分になる

3、「スパイ防止法案」「インターネットの閲覧制限」など、日本国民への情報の管制のきっかけにならないか?

4、「犯人探し」に奔放するあまり、対中国への「外交的な手」を打つチャンスを逃さないか?
…犯人や流出の経路をはっきりさせる必要があるが、その行為が「中国へのご機嫌取り」にならないようしなければならない。
理由は簡単、日本は中国の属国ではないからだ

5、日本国内での「反中国」運動の高ぶりをどのように 穏健な方向へ向けるか?
…「我々(日本人)がこの件で 中国の態度に怒っている」事を表明するなと思っているわけではない。
一番恐れているのは「中国製増製品の不買運動」。
この運動は 「雇用と仕事を日本に取り戻せ…」の大儀名分で大声で叫ばれる可能性がある。
 問題は「中国製品の不買運動」で一番被害を受けるのは 生活用品(「100円SHOP」などの日用雑貨)や玩具などの低価格の製品を扱っている中小企業だ。
 特に「玩具メーカ」などで生産拠点を海外に置いているメーカーは、中国製造製品の不買運動が広がればで痛手を受けるだろう。
なんせ玩具は マニアを除けば「食品と違い無くても死なない製品」である、興味のない(生活に影響しない)製品に対する 扱いは残酷だ。
 
まぁ どうなる事やら…

追記…政治パフォーマンスで「尖閣諸島 沖合いでの 中国漁船 ミンシンリョウ 5179の海上保安庁 巡視線への衝突操船事件」について、事件当初 中国批判で口出しした大阪 知事は「上海万博 招待取り消し」をごねて「上海 万博」に参加したのは失点だったね。
 1、…自分の発言を覚えていない
 2、…自分の発言を 意見として一貫して主張出来ない。
 3、…時期を読めない

以上 3点だけでも政治家としてのセンスの無さを露見したわけだ。
まぁ 普段から妄言だらけだが…(笑

posted by DOBUROKU-TAO at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

2010年07月13日に「今日の晩御飯」No.10-171(2010.07.12 月曜日の晩御飯)」にあったコメントに関する返答…(2010.07.14 わしも考えた)

 以下の文が2010年07月13日に「今日の晩御飯」No.10-171(2010.07.12 月曜日の晩御飯)」に 「インディ・ジョーンズ」マニアの「Captain・I」さんからコメントがありました。 
 まず当方のブログの投稿した内容には関係ない事なので、
『コメントとしての承認』はしません。
が、コメントとして投稿した段階で、
『公開前提(覚悟ができている)という事』
です。なので、以下にそのコメントを紹介します。
なお「Captain・I」さんの個人情報(本名とアドレス)は教えていただきましたが ここでは公開しません。以下が投稿されたコメントです。

「はじめまして。
トイガン、以前に頑住吉さんのモデルを検索していてこちらの
HPにお邪魔させてもらって依頼度々拝見させていただいております。
私はインディ・ジョーンズの大ファンでくだらない事をブログに
書き晒してる者です。
実は今回私の仲間が自分たち仲間内で欲しいと以前から盛り上がっていたインディの銃、ウェブリー・グリーンのレジン製プロップレプリカとして製作し販売したのです。
私自身はそれに1枚も噛んでいないので普通にお金を払って買うのですが このウェブリー・グリーンはガンマニアの人にも興味あるんではないか・・と個人的に思っています。
私の仲間はまだインディファンにしか向けて告知していないんですけどね。(苦笑)
 レジンとは言え、中折れギミックを可能にしタナカの.455カートを出し入れ出来るようにしてあります。
Doburoku-TAOさんは色々なトイガン・モデルガンを所有しておられるますので眼力はかなりの物と思っております。
このウェブリー・グリーンをどうお思いになるか気になりましたのでこのようなコメントを書かせていただきました。

勿論ブログ本文に関係ない内容になってしまっていますので
承認せずに読んでいただければ破棄してくださいませ。
もしよろしければお返事など私のメールにくだされば嬉しく思います。」

上記の このコメントを読んでDoburoku-TAOがした事は
「Captain・I」「ウェブリー」「グリーン」
で検索し「Captain・I」さんのブログ「OB-CPO 研究日誌」を拝見。その上でブログの記事「ウェブリー・グリーン プロップ発売」2010年7月13日 で製品を紹介している業者のページに跳んでまず製品の画像を見せていただきました。

で、私はこの製品に関する回答をかかしてもらうと 価格もいい事もありますが、あまり食指が動かないが本音です。
以下にその理由を書きます。

1、これは申し訳ないが、Doburoku-TAOは「インディの熱狂的マニアではない」なので「インディの銃だかだけでは食指は動かない」。また「正式に版権もとに承諾されたものかどうかわからない」

2、製作・販売の『THE STORE GIVES DREAM AND ADVENTURE GORILLA』の事業主名と事業所の住所・連絡先が公開されていない。

3、画像は仕上げられた物しか写されておらず、原型の状態がわからない。
未塗装の原型や未塗装複製品が掲載されていれば 材質や部品の分割など読み取れる情報があるのですが…。
また現物をみていないDoburoku-TAOには公開された画像だけでは 製造者の原型製作技術や複製の技能が判らないので、見本が綺麗に仕上げられていたとしても、製品がそのレベルで供給されるかどうかの予想がつかない。(奇跡の1丁が作れても 同じレベルが量産できるとは予想ができない)

4、画像の見本のバレルなど 各所に下地(銀色)らしき物が見えるが、仕上げなのが原型の材質なのかどうかが判らない。
3で書いた情報があれば 予想がつくのですが…。
 なまじっか この機種を ADVENがだしているだけに、ADVENの金属文鎮(パーツがオークションで多数出ている)を「集めて仕上げた物に 黒スプレーを噴いているだけ」かもしれないと 疑う事も可能なわけで…

「Captain・I」さんのお知りあいかもしれませんが、私は製作者がどなたか知りませんし、なまじっか現物を見ていませんので、公開された情報では こう判断します。

メールアドレスをDoburoku-TAOは公開する気はありませんので、この投稿を お問い合わせの回答とさしていただきます

posted by DOBUROKU-TAO at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

ふと 大阪府知事の思いつき妄言に思うこと…(10.02.10 わしも考えた)

 大阪の橋下知事が、本日ばら撒き行政の一環として、大阪の「ユニバーサル ジャパン スタジオ」への「大阪府の小中学生への無料招待」構想を発表した。
理由は、
「子供たちもUSJに行くことが出来たら喜ぶから…」
あの費用、税金なんですけど !!
 まぁ もっとも、
 「何時実施するか具体的なスケジュールを言ってない」
 のは、毎度のことだが…。

 皮肉なことは、このニュースを聞いたのは、帰宅したあと たまたまTVで見た。
 「学費滞納で、卒業証書がもらえない高校生の問題」(毎日TV 放映「ちちんぷいぷい」14:55〜17:50…ちなみにこの番組は 橋本知事の政策に関しては好意的な番組なので、この知事の思いつき発言への反応が楽しみだったりする。)
で考えさせられた後だったこと。

「次の選挙の票確保のようなばら撒き」
をするならば、
「このような生徒たちの救済案に金を使う」
べきである。

なぜなら、授業料滞納で卒業できない生徒の学歴は
「中卒」で「高校中退」
になるから、彼らがつける職は限られてくる。ましてや、
「この生徒たちが、自力で大学進学のための資格」
を得る可能性はこの不況では少ないだろう。
彼らの、進学と学習の可能性をつぶすことは、10年後の人材をつぶすのと同じことだ。
ましてや、経済的な上昇の見込みがない生活は、社会への不満を募らせることとなる。

「票がほしくてばら撒くなら」遊びの金よりも、未来へ投資するぐらいの意気込みがほしい。


posted by DOBUROKU-TAO at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

ふと 思うこと

器と中身どちらが大事なのだろうか…

器 …国を機能させる 組織や制度の維持

中身…国に所属する 国民

「愛国心」を巡る言葉遊びを 聞くたびに

「国の存亡の危機を仮定した状況で国民に犠牲を求める理屈を愛国心をあおる」
人々に
「国の存亡の危機を招くような事態を いかに回避するか」
の 話題が出ないことに

不思議に思いながら ふと思う。
posted by DOBUROKU-TAO at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

「オタクのお出かけ IN 京都」…(2008.11.02)  …京都近代美術館 展覧会「生活と芸術 −アーツ&クラフト展 -ウィリアム・モリスから民芸まで」 観に行く。

 坂田靖子 マニアの 同居人に引っ張られ 京都近代美術館/朝日新聞社 主宰 「生活と芸術 −アーツ&クラフト展 -ウィリアム・モリスから民芸まで」 観に行く。

芸術性云々 は判らないが、

産業革命後の 工業化による生活必需品の大量生産が可能になりつつある時代。
工業製品に 各国の伝統技能の技(中東 中国 日本)をデザインとしており込み 自国製品と労働者技法の質の向上を狙い、かつ 国民の生活必需品のデザインによる品質向上で 生活面での文化水準向上を働きかける ウィリアム・モリスの運動を その運動に協賛した作家たちの作品を通じて紹介した展示会。
過去にも ウィリアム・モリスとその協賛者による 展示会はあったが、この展示会では 運動に影響を受けた 他国の作家による作品を紹介し 日本における運動の成果も作品を合わせて紹介する。

ドイツは デザインを より生産性をあげるために利用、オーストリア・チェコ は デザインは製品の質の向上を得るが 一部の人々(パトロンたち)の物となる。
そして 日本は伝統民芸品に「アーツ & クラフト」を見出したといえば 聞こえはいいが 作家たち個人の作品製作技法に織り込まれただけで 日本国内に生産される 普及品へと生かされる事は無かったようだ。

そのような結果には 時代背景として 舶来品礼賛に対する アンチテーゼがあったのかも知れないが、Doburoku−TAO には 後のWW2における敗因を考える際 工業力の差(国力の差)を冷静に比較せず 兵器のスペック表のみで比較し負けを認めない(得られる性能を引き出せるだけの 均質の大量生産と 生産品を支える体制の不備を見ようとしない)体質と 同一の姿勢を感じてしまった。

ま 美術史 関係者が見たら 青筋物の珍説で お出かけ話お終…(笑

収穫…梅田 古書店で 日本版 「スターログ」1983年12月号 No62 「007 スパイ映画特集」と 中古DVD 「007 ゴールド フィンガー」購入 今夜はひとり ちまちま みますか…

posted by DOBUROKU-TAO at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

大阪 難波の「個室ビデオ店」の火災で思う事…(わしも考えた 08.10.02)

最近TVで話題になっている火災のあった「個室ビデオ店」
場所は 「ナニワ ガン ショップ」の目の鼻の先で 向かいは古書店で 以前はジャンケンで勝ったら割り引きで有名だった居酒屋と記憶している。

この事件でDoburoku-TAOが真っ先に思い出したのは  神戸 三宮であった「テレホン クラブ放火事件」(同業者が 嫌がらせで 放火したという陰惨な事件だった)だったりする。

あの事件直後から 条例など厳しくなり 大阪に関しては「テレホン クラブ」などの風俗系の店は 「なんば」周辺に集中するようになった。
そんな 難波でも 病院や教育機関との 位置関係から 「テレホン クラブ」など系の店が 「個室ビデオ店」に店換えしていったと記憶している。

そんな 出会い系云々の昔話は横において この火事でDoburoku-TAOが気になるのは「個室ビデオ店」や「ネットカフェ」などの今後。
この種の店舗が オールナイトのポルノ映画館やサウナ とともに その泊まり料金の安さから 自分の住所を持たない労働者(フリーター)の簡易宿泊所(一時避難所)として機能していた事は 想像できる。

安全を前面に押し出して これら店舗の営業に規制をかけ 取り締りが厳しくなる事も予想できるだけに、そういった店舗を利用する事で生活している人々がいる事を視野にいれて 行政は対処して欲しいと 切に願う。
posted by DOBUROKU-TAO at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

勝手に連動企画 おっさんオタクの暇つぶし…「アメリカン デリンジャー社「ペン ガン」構造考察(2009.09.23)

当ブログによくこられる およよ さん のブログ  YAHOO!JAPANブログ「おいも」の記事「ペン ガン」構造解説図に 触発され 自分なりに この銃の 構造を見直して見た

参考にしたのは Gun誌 1993年7月号の記事

>ストライカーのコッキング方法

銃口方向を左(時計方向 9時)とし、グリップは下(時計方向 5時)に曲がる 側面から見た状態を想像すると

◎ペンが伸びた状態
ファイヤーリングピンとシアーとトリガープランシャーの関係は
○トリガープランシャーはスプリングで前進方向の力が掛かっている。またスプリングは少し縮んでいる。
○シアーはトリガープランシャーの動きで時計方向の回転の力がかかっている
○ファイヤーリングピン上面の溝 後部に シアーはひっかかっているが ファイヤーリングピンプリングは伸びた状態 。
この3者の関係を横から見ると

字型

◎ペンを折り曲げた状態
ペンを折り曲げる過程で
○トリガープランシャーはスプリングで方向の力で少し前進(折り曲げた状態では上に向かっている)。
○シアーはトリガープランシャーの動きで時計方向の回転の力がかかっている
為 3者の関係は
○ストライカー上面の溝 後部に ひっかかっているシアーの時計方向の回転でファイヤーリングピンは 後退、 ファイヤーリングピンプリングは圧縮されて 

字型 となりコッキングされる。

◎トリガー構造
長年悩んでいたのが トリガーの構造。
撃発時は
 トリガープランシャーの力がシアーにかからなくなり、シアーが反時計方向に回転出来るようになって ファイヤーリングピンが前進出きることで 撃発。
と 考えていたのだが…
「折り曲げた状態で上昇しようとするトリガープランシャーを 射撃時 発射体制(折り曲げた状態)でトリガーを下降させる事でどうやって下降させるか?
が 悩みで 機構が理解できなかった。
今回 GUN誌の写真キャプションから 再考察。
○折り曲げると トリガーが出てくる。(p-37 1,2の写真)
○トリガー後ろの曲面
○アウター・レシーバー を外して少しでも折り曲げると トリガーは出てくる→トリガープランシャーは前進しようとしている。(p-37 8の写真)
○トリガーには独立したリターンスプリングがない。(p-37 9の写真)
の条件から考えると
この銃は トリガーを下に引いて トリガープランシャーを下降させるのではなく
「トリガーを銃内に押し込む(収納状態に戻す)」事で発射される
 と思われる
そう思って 射撃体制の写真(p-37 7の写真)の 人差し指 親指の位置関係みれば 引き金を 下に降ろす銃ならば 
「人差し指 は 銃身とトリガーの間に位置しなといけない」
はずだが 人差し指の位置はトリガーの下にある。

これらからこのペン ガンは
「人差し指をトリガーの曲面に添えて 握り、親指で銃を押し下げるように トリガーを銃内に戻す」事で発射される銃と思われる。

◎セフティーの構造
GUN誌の完全分解された写真キャプション(p-37 9の写真)で解説されていない 写真中「レーシーバー」の文字の横の 棒状パーツ に注目。
写真(p-37 一番上の写真 p-37 2、3の写真、p-38 8の写真)から このパーツは
ペン状態の際は コッキングロッドに被さった アウター・レシーバーに開かれた トリガー 用開口部塞ぎ
の役割を持ち。
マニュアル・セフティーの位置によって前後する(p-38 8の写真に注目)。
○セフティーON時
棒状パーツ は後退、トリガープランシャーの上昇(銃口部を前に左側面から見たシアーの時計方向の回転)を妨げる。

○セフティーOFF時
棒状パーツ はスプリング(p-37 9の写真) で銃口方向へ前進する力がかかっている。
パイプ状のマニュアル・セフティーは ブリーチブロック 押さえを兼ねており ネジで両者は固定される

以上がDoburoku-TAO なりの機構の考察だが モデルガンとしての立体化の場合、材質・構造などで安全対策には気をつけないといけないし、AIRGUNの場合 気蓄室の確保が難しいだろう。
この銃もいつか 模型化したいと思いつつも…
ま、相変わらず 口だけだったり…(笑
posted by DOBUROKU-TAO at 11:45| Comment(4) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

ネット時代の匿名性の問題点 「Aを批判する Bは 本当にAの批判(敵対)者なのが…」(わしも考えた、2008.09.07)

小泉政権時代 登録制メールマーガジンの盛況に、政治家が主催する組織に登録されたアドレスをはじめとする 今後個人情報がどう扱われるか 気になったDoburoku-TAOです。

その1件と 大阪の主要ターミナル駅前で重病人の支援ボランティアを装って募金を集めて金儲けをしていたグループの件から 街頭署名活動をしているグループをみると 
「このグループは 自分たちの主張を支持す人々を求めて 署名をしているのか?」
OR
「このグループは 政府の方針に反対しそうな人々を 狩り出す為のデーターベース作成の為に 署名をあつめているのか?」
と 思えてきて 今では構えるようになってしまいました…(笑。

さて Doburoku-TAOは あいも変わらずこのような杞憂な考えで 身構えポーズで一人遊んでいるのだが ある文鎮 銃 SHOPーを巡る SHOPと批判する者のブログを眺めていると ネット時代の匿名性の問題点…(大げさ 笑 が見えてくる。
ようは 客を自称する物が 自身のブログで SOHP批判を名指しで展開し SHOPはSHOPで そのブログに応じるように 主張を展開する。ネット世界においては どこにでも転がっている小さな小さな世界のローカル バトルといえばローカル バトル(バトル内容が世界に垂れ流されているだけ)なのだが…
不思議なのは
「あのブログが話題になればなるほど SHOPのHPの来訪者が増える(宣伝)になっている」
「SHOP批判者への情報提供者リストは 裏返せばSHOPには店に敵対する者のリストとして利用できる」
「批判が広がり 話題になればなるほど 前金受け取り受注商品を届ける というあたり前の行為をする事が 『届けたという点だけで誠意が強調』さ『時間がかかり過ぎたという』点は ぼかされてしまう。

こうして 眺めていると 誰があのバトルで得をするのだろうか…(笑
もっとも 小さな小さな世界のローカル バトルなので 仕掛人の思うどうりの成果が得られるかどうか…
自称被害者は 文句があるならば ブログでウンタラ書き散らすより 内容証明書付郵便で問い合わせればすむ筈だし。
SHOPはSHOPで ちゃんと製品をリリースしていれば 良いだけの話(実在するかどうか判らない)批判者を相手にする暇があったら お客様に商品を届ける事で「誠心誠意向き合えば良い」だけの話。

結局 何がしたいだろう(目立ちたいだけか?)…(笑
自作自演だとすれば、「作品を創り出す」という行為から かけ離れた末期的症状だなぁ…
さて 真実は…

posted by DOBUROKU-TAO at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

「キ○ガイ」は何を考えているか 理解出来ないから「キチ○イ」なのか…(2008.08.02)

どうも 最近(3週間ほど) しつこく変な投稿を受けて 悩んでる(笑 Doburoku-TAOです。

この人物の不思議な点は?

1、「今週の読書 その2(2007.04.14〜21)」にのみ 日に3〜4度 コメント投稿する

2、その ブログ欄に投稿された コメントは
「オーナーの承認がなければ 掲載されない」
と書かれているにも かかわらず。
何度でも 投稿してくる。

宣伝目的にしては 投稿が反映されないので 効果ないわけだし(こんな辺境に宣伝を投下すること自体無意味…(笑 )、
わけのわからない 外国語の書籍数ページの丸写しなんて 即ゴミ扱いされるのに 毎日あきもせず ハンドルネームを変えて よそのHPのアドレス(こちらを経由して 他のHPや ハンドルネーム 保持者への攻撃目的)を 貼り付けて投稿を繰り返す。

本当に 何がしたいがわからない。

もっとも それが

キチガ○ の ○チガイ

の 証なのだろうか?

このような無意味で 非効率的な事を繰り返す理由を 人生を無駄使いしているDoburoku-TAOでさえ 正直理解出来ないし わかりあう気もしない(私は自分の人生で忙しい)。

コンマ 数%の可能性として

この ブログの あるページが
 彼にとって掲載され続ける事が困る
という 理由が考えられるが…

さて はて…(笑




posted by DOBUROKU-TAO at 19:00| Comment(2) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

削除者 一覧 (08.07.29)

削除者一覧

○08.07.29

…2件 削除。

投稿時間 日本(japan)時間 2008.07.29 00:15
IP…79.111.93.47

投稿時間 日本(japan)時間 2008.07.29 01:15
IP…79.111.91.172



○08.07.28
…2件 削除。

投稿時間 日本(japan)時間 2008.07.28 02:48
IP…89.178.97.10

投稿時間 日本(japan)時間 2008.07.28 03:25
IP…89.178.97.10

08.07.28 メモ
IP 及び 投稿時間差 より同一 人物の可能性が高い。
ネットカフェ からの投稿でも 投稿時間の設定時間から 借りた人物の特定は可能だろう。

posted by DOBUROKU-TAO at 06:57| わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

おしらせ

最近 当ブログに

いたずら
…(外国語による 書籍・機械マニュアルの丸写し)

宣伝目的

 の投稿が多くなっております。

今までは 無条件で削除しておりましたが、今後は 削除とともに 

削除対象の投稿者の  投稿時間 及び IP

を このブログで公開さしていただきます。


posted by DOBUROKU-TAO at 13:39| わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

「08.06.08 秋葉原 無差別通り魔 殺人事件で思うこと」(08.06.08)

私は 私自身が何故 まだ生きているかと 考えると
死という機能停止の日までの時間を埋める為だけに
「日々 ルーチンを 何れくる日の為に 消化する為にこなしているだけ…」
と思うときは多々ある。
そして 自分の中身や存在の無意味さに 虚ろになる。

しかし 言ってしまえば このような問題は Doburoku-TAO自身の問題に過ぎない。
「『私は寂しい』でもそれは『私 自身の問題』 」
ともいえる。

このような
「生きているからくる 寂しさ」
は 各自で対処方法を見つけて 他人を巻き込まず解決(自分以外の人と 人間「社会」の中で 共存する為に)するしかない とさえ思っている。

今回の犯人に憤慨するのは
『自分の問題を解決する 手段として 他人の これからの可能性を奪った事』
につきる。

この世が嫌で
『自分で自分の命を終える』
のは 各自の勝手だが もっともらしい理屈や理由を積み上げても 
『自分以外の人々の生き続ける事で生まれる 可能性を奪う』
理由にはならない。

亡くなられた方々の ご冥福をお祈りします。

追伸…その1
この事件の発生した場所 から 「オタク」云々だから…と適当に片付けて 理由付け や 説明され 皆がわかったようにならない事を願う。
第二の「宮崎勤 事件」(オタクをとりあえず叩けばOK)とさせない為に…。

追伸…その2
岡田斗司夫の「オタクはすでに死んでいる」(新潮新書 2008年)の持つ 以前読んだような どこかから 剽窃したような稚拙な雰囲気を 検証したく、村上龍 「寂しい国の殺人」(シングルカット社 1998年)「イン ザ ミソスープ」(読売新聞社 1997年)を読みなおしていた最中にこの事件が起きた事が 気持ちを暗くさせる。 

posted by DOBUROKU-TAO at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

昔話(他人が 信じる 信じない 今更どうでもいい話)…TBS「サンデーモーニング」 08.06.01 放映 出演者による「クラスター爆弾 禁止条約」関連の 発言で思い出した事。

朝 相変らず寝ぼけまなこで TVを見ていると…
番組はTBS 「サンデー モーニング」
『クラスター 爆弾 禁止条約』の解説をしていた中で 締めくくりに 解説していた男性の(名前の確認し損なった)の表現に 疑問が沸いた。
この人 冷戦が終わって 日本に侵攻してくる 国はないと言った上で
「ソ連」「北朝鮮」を例に挙げていたが なぜが「中国」の国名は挙げなかった。

現在 日本の領海の侵犯や領土の不法占拠をしている国と言えば 『中国』と『韓国』 なのだが…
この人は 誰の立ち位置で発言している?

『中国』について Doburoku-TAOが 不審に思うのは 今から20年程前 56式小銃のデコを独占輸入していた(今でも 市場で見かける 鉄製ケースの ダミーカートはその頃の名残) 大阪の谷六にあった SHOP において たまたま卸している中国人と話した機会があるから
彼は
「今は調子に乗っているようですが 日本は 所詮 我々の属国ですよ」
と きっぱり発言した。

当時は中国人の生の考え方を聞いて「中華思想って奴は…」と思っていたが…。
最近の「中国」とネットで話題になる「その国民の発言」をみると…
ま 昔話と 感想だ。

因みに 後日風に聞いた噂では その中国人 、領事館付の武官だったらしい。

昔話ついでに 思うと
この前 中国の首相が「聖徳太子」ゆかりの地を 訪問したと聞いた時に思い出したのが
「日の昇る国より 日の沈む国へお手紙します。お元気ですが?」(うろ 覚えだが)
という 手紙を聖徳太子が 中国の皇帝に送った(喧嘩状だな これは…)という話。

『中国の首相が「聖徳太子」ゆかりの地をわざわざ訪れた』理由は知りそこなった(Newsなどの記事で拾い損ねた)が 昔の話に関連して 尋ねて来ていたとしたら…

1000年単位で 喧嘩のネタを探すような相手とは 日本人として 付き合うには 覚悟がいるなぁ〜(笑
posted by DOBUROKU-TAO at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

「被害者は10年目に また殺された」 …山口県 光市 「母子陵辱殺人事件」への判決へ対する 橋本弁護士 の対応 について思うこと…(08.04.23)

現職 大阪府知事である 橋本弁護士 の、「母子陵辱殺人事件」判決に 対する対応は 沈黙。

これに対し Doburoku-TAO は不快感を感じる。

この 知事の態度に対し
「知事という 公職なので


 弁護士の仕事について答える必要がない」


というような 同情論もあるようだが…なんか 違わないか?

この理屈は

「知事としての仕事」が


「殺人による 被害者の人権を守る」事


よりも 大事である

との態度を表明した事になる。

つまり 橋本弁護士は 知事選 出馬すると決めた段階で、

山口県 光市 


「母子陵辱殺人事件」の被害者の人権


など どうでもよくなっていた

と 取れるわけだ。

この事件の弁護団が犯人弁護する為 つくりあげた物語を やしきたかじん の番組で取り上げて

「被害者は 死んでなお 辱めを受ける云々と 」

番組で訴え 世間を煽った橋本 弁護士。

メディアを使い 事件にかんして煽るだけ煽ったあげぐ 知事という公職の立場を 匂わせ 沈黙する。

これでは 被害者の母子は 橋本弁護士 が目立つ為の道具ではないか?

タレント弁護士が


人気を得る為に 


事件被害者の人権をかざして


世間を煽り。


目的を達して 公職についた途端


 被害者の人権に口を閉ざす。


これでは



山口県 光市 「母子陵辱殺人事件」の被害者 は


橋本弁護士によって 3回目の殺害を受けたに等しい


とDoburoku-TAOは思う。


都合よくで 己の主張を使い分ける 輩は とても信用できない。






posted by DOBUROKU-TAO at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

「弁護士」って人種は… 山口県 光市 「母子陵辱殺人」判決について …(2008.04.23)

判決については Doburoku-TAOは当たり前と思う。

で、
弁護側
…「殺された人間の人権と尊厳」は無視し、法で犯人の生存権を勝ち取ろうとする。
「殺された人間」は「殺され損」ではないのか…

橋下 弁護士
…日本TV の番組を使い この事件の「弁護士」に対して罷免請求を呼びかけた。
判決がこうして出た今、その番組の中で
「積極的に関わっていきたい 云々…」
と発言した以上。 何かを語るべきである。
選挙工作のための 売名行為(宣伝)でないならば…
あと 質問されても泣かないように
posted by DOBUROKU-TAO at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

「忘却とは忘れさることなり…スポットライトを求めて亡霊が徘徊しだす」 …(2008.04.20)

最近 TVや新聞は 政府の無策・無能を叩く。
特に「高齢者医療費」関連での糾弾は…

この問題を扱った 番組を見るたびに Doburoku-TAO 冷ややかな気持ちになる。
この制度改変は 誰の政権の時に決まったのかを…

歯切れの良い言葉 と パフォーマンス を支持し投票した結果がこれである

第2次世界大戦 についての 報道番組(特に「東京大空襲」や「沖縄」関連)の番組を見た際感じる
「無実の国民が ある日 突然 不幸の襲われる」
といったつくりに対して 苛立ち を感じるように…
歴史的な事件は ある日 突然ふりかかる 自然災害ではない。一つ一つの出来事が積み重なり 結果として事件となる物なのに…

この現状は 誰が選んだ?

今は 国民側のように 振舞うニュースキャスターの中には 
総選挙を 「郵政改革法案 の○×を問う」形へ すり替えた 事に触れず。
派手な 対立候補立て を イベントのように 得意がって放送した プロレス解説者の成り上がりもいる。

誰を信じて同意するかでなく 誰を自分で選ぶか?
がモウジキ 問われるだろうね。

最近 亡霊が 再び スポットライトを求めて徘徊しだした。
亡霊は自分のまいた種の結果を省みることなく 国民の不満の目を 外へそらす(対 中国 や 対 北朝鮮)言葉を 吐きながら 再び スポットライトを求めて徘徊するのだろうなぁ…

あと 癇癪持ちの子供が玩具を投げ捨てるように 政権(責任)を放棄した人は 間違っても出てこないでね…
チルドレンたち→用済みで既に切り捨てられた のかな?

posted by DOBUROKU-TAO at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

「オリンピックの聖火リレー」妨害騒ぎで思うこと…(08.04.13)

中国の長年のチベット政策と情報操作に関する世界の反動が 最近の暴動騒ぎ をきっかけで 北京オリンピックの聖火リレー妨害(パフォーマンス ?)として話題になっている。

本日 放映された「たかじんの そこまで言って委員会」でも 日本での「聖火リレー」日本人の政治意識が 云々と 抗議行動を煽り立ていたが…
政治意識の表現法として 「リレー妨害」も一つの手だとは思いつつも…

冷静に考えると 「リレー妨害」が起こると 喜ぶのは その画像を捉えたマスコミと 抗議理由として政治的に利用しようとする中国だったりする訳で…(ついでに話題で TV局は視聴率UP)。

近年のオリンピックで問題なのは 採算重視の商業主義。
それはそれで 資本主義経済の一環としては正しいわけだが…
さて 先の番組も含めて「日本における 聖火リレー」で何が起こるか イベント(話題つくり)として 期待されているように 感じるのは Doburoku-TAOだけかいな…(笑

結局 一番簡単な抗議 方法は
「聖火リレー」の番組を見ない
→視聴率で 「オリンピックへの無関心」を表明
→番組スポンサー は 費用対効果が期待できない

という 状況を作る事ではないだろうか
ついでに 番組スポンサーの製品を 缶ジュース 1本でも買い控えるだけで充分だとおもう。

政治スローガン 云々で騒いで オイシイ画像を提供し 視聴率稼ぎに貢献するよりは 「オリンピック」の経済効果を期待して 支持する者たちには スポンサーになった事で 物が売れない(投資が回収できない)方が 痛手だと思うが…(笑。

ま、いいか〜


posted by DOBUROKU-TAO at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

腹に一物ある奴は 笑顔と馴れ馴れしさで 近づいてくる

最近H なブログも横目に見ながら パソコンの更新プログラムですたったもんだ しているDoburoku-TAOです。
いや〜 ウイルスソフトの警告 初めてみたは…(笑

さて 昨日の話。一応 週休2日なので 寝ぼけ眼でTVをつけると
宮崎県の知事が 記者クラブの定例取材会見を無意味だと 批判したとか…
記者クラブの特権化意識の問題
とか
報告する事がないのに 何故時間を割くのか?
とか
こちらの割いた時間の割りに 公開される情報が少ない

言ってる事を ボケーっと聞いていると
確かに
組織(集団)は硬直するする宿命




を思えば 古い体質の所に乗り込み 市政を変えようとしている知事のイメージにはぴったりかも
その辺りは


 さすが芸人。見せ方を心得てるなぁ〜

そこで 素直な疑問?


従来の組織の 硬直を批判して



 開かれた市政を唱えた 人物が



    何故 情報を規制するの?


彼の言い分って よく聞けば


「俺が知らせたい情報だけ



 俺のコントロールで知らせたい」


じゃない。
これって 言い換えれば質問封じじゃない
 




情報をコントロールして綺麗な姿だけみせたいって




独裁者のやり方で 民主主義じゃないよな


ま、オッサンの杞憂だったら いいけど!!


posted by DOBUROKU-TAO at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ある芸人の死

横山ノック氏が 昨日亡くなった。

TVでは 芸人としての彼の足跡と、 知事をやめるきっかけとなった 事件の事のみ流れているように思える。

芸人としての 過去の彼は偉大だったかもしれない。
また
死者を 悪く言わない は日本人の美徳かもしれない。

しかし、彼が 知事時代に手を打たなかった。
関空、りんくうタウン、大阪南港
が大阪府の 財政を今にのようにした事は忘れてはいけない。

彼は芸人だったかもしれないが 政治家でもあった
彼の関わった 失政負の遺産として 生きている大阪府民に影を残している事を忘れてはいけないと思う。


posted by DOBUROKU-TAO at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

「やらせ」じゃないが…

晩御飯 食べて TVをつけると
「まず画面の中央クロの4点を見つめて下さい」
↓(途中で 画面に染み状の点が追加)
「20秒後に画面が白くなります そのときある画像が見えた人は 幸せになります」
↓(画面消える)
「キリストが 見えた人は幸せになります。」

TBSドッカ〜ン!地球のナゾをぶっとばせSP


で放映していた。

でもこれって単なる
「残像現象」

「個人の脳の情報と図表のパーターンの認識の問題」

「個人が幸せに なるとは 関係ないのでは?」
幸せになれるという根拠のない情報で 人心を煽っているのではないだろうか?
(これって霊感商法の手口だよ)
キリストに見える云々も、お月さんをみて 「ウサギの餅つき」と観る人もいれば「カニ」や「髪すく乙女」と見る人がいる事例を思えば、「キリストにみえる」と決めつける事が いかにあやふやな事かと…


番組内で そのように見えた理由を種あかしをしてくれたならば まだネタとして安心できたのだが、「都市伝説」とぼかすだけ となると故意にやってるとしか思えない(私が説明を見逃しただけなら いいのだが…)。

それに「イエス・キリスト」が特定 宗教の象徴 であることを考えると このネタを製作したスタッフは
特定宗教の象徴を故意に取り上げた
  のか
  「単なる無神経なのか
が問題になるのでは?

どちらにしろ 
 この件はヤラセではないが ヤラセより目立たないだけに性質が悪いのではとDoburoku-TAOは思う。


ま、ドサクサ紛れでサブリミナル効果を狙った 画像処理がされていない事をあとは祈るか(笑 



posted by DOBUROKU-TAO at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

いい湯だな! 気がつきゃ 蛙はまる茹でに!!

コーヒーメーカーでコーヒー立てながら、カップにインスタントコーヒーをいれてしまう 寝ぼけモードのDoburoku-TAOです。

 さて、久々にのんびり起きてTVをつけると、「憲法改正の話が…
 与党案の中に




成人の年齢を18歳に…




を見つけて 準備周到だなと。
18歳に拘る理由は徴兵制度の復活
じゃないかな?
現在の日本の出生率の減少を 考えると、自衛隊に入隊する人って減ると思うしね。
国民の義務が
納税・教育・勤労・兵役
になるわけだ…

さて 一方的に徴兵制度を復活しても 支持は受けないわけで、段階的に世論を煽ることが予想される。
そこで 取り上げられるのが 
ニート問題
で論点ぼかし。
多分 働かない若者を生み出さない為の 
社会研修期間としての軍隊
を強調して世のお父様・お母さま方の支持を得ようとするだろうね。でもさ これって
現状の対処策に過ぎない訳で
        原因の解消にはなってない

のだな。
ついでに
礼儀正しい若者の育成も兼ねて
って 
そりゃ本来 親の躾なんだけどね。

さて、ここで冷静に考えることは 




軍隊とは 経済的には何も生み出さない集団ということ。
    経済活動としては消費だけ
経済面でいえば 産業界は歓迎だろうね 軍需の拡大は、兵器いがいにも大口の顧客が増えるのだから…
 だって兵隊さんもご飯を食べるし、服も着る。

次の段階として 借金が増えている政府としては 




兵役を終えた人との不平等感をなくすという論調で 兵役年齢を越えた年齢の国民から金を集め始める




だろうね。
Doburoku-TAOみたいな独身・子なしには 古のローマー帝国のように独身税が課税されたりすれば、子育てで苦労している人の支持もバッチリですよ。

教育面では 義務教育を終えても 



高校にも 行けない・行かない 者



の受け皿を 軍隊の予備校みたいなのを造る事で対応するだろうね。
ボランティア・社会貢献
を前面に出して

う〜ん、朝の夢想はバラ色の 希望にあふれた物を観たいものだ(笑
久々に 気晴らしに ロバート・A・ハインライン 氏宇宙の戦士眉村卓氏の産業士官候補生関連の短編 でも読み返すかな…(笑

さて 岡田斗司夫消費者としてのオタクとしての分をわきまえて




着替えて海洋堂リボルテックガイキング」と「メガトロンでも買いに出かけるかな…と(笑


posted by DOBUROKU-TAO at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

選挙がすんで ふと通勤途中で想った事

選挙が終わって もう1週間。
どこぞの都知事の態度の豹変など いろいろありました。
さて 昨日 通勤途中で想ったこと。

駅前で 今回当選した議員さんが
「皆様に選ばれて、全面的な支持を受けた以上云々〜」
との演説を聴き、嫌な気分になった。
実はDoburoku -TAOは演説していた彼に一票を入れていたにもかかわらずにだ。
彼に一票を入れた理由



 彼を支持するからではなく、他の候補者の所属(支持する)する政党に票を入れたくなかったからだ。

残念ながら、


現状の選挙制度では白紙は有効票にならない


したがって


私のように政策を支持したくない政党に対して 自分の意見を主張したければ 持っている票を対立する政党の候補者に 入れるしかないのだ

今日の聞いた演説で嫌な気分になったのは、演説していた議員の主張に
「自分の票数=全面支持者数」
と思い込んでる様子が見えたから。
この思い込みって、「選ばれた自分は何をしても許される」ていう横暴な考えに Doburoku -TAOは結びつき易いのでは…と想う。
彼が横暴に見えないのは 所属政党の議会での議席数が少ないから 彼の発言に自体に重みがないのに過ぎないからなのでは…


とも想ったりする。

白紙を有効票にすることで、白紙の総数が候補者のを上回った場合、その選挙は無効で 選挙のやり直し するぐらいしてもいいと想うのだけど…

さてさて






posted by DOBUROKU-TAO at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする