2020年01月12日

「最近の模型 2020年01月12日時点の模型」 チョイプラ なっちん…2020年01月12日

「最近の模型 2020年01月12日時点の模型」 チョイプラ なっちん…2020年01月12日

◎チョイプラ なっちん用105㎜砲の進展

2020年01月12日時点の MIモデル ちょいプラ「なっちん」と105㎜砲その1.JPG

駐屯地展版の105㎜砲の追加工作をすすめる。

 エルガイムMK-2 以降、長物をロボットに持たせるのが流行ったが、模型を組んでいて不思議におもっていたのは 

1、 機関部を無造作に地面に接地させていいのか?

2、 とバレル(砲身)を気安く鷲づかみしていていいのか?

 とりあえず頭をひねってまず 1について自分なりに答えを出してみた。

今回追加した物は、移動と展示用のユニット製作。

材料は各種プラ材と寿屋 「Hジョイント」・ハセガワ MTシリーズ「Jeep 」付属37㎜砲ジャンクパーツを使用。「Hジョイント」を使用しているので…

◎「移動時」

2020年01月12日時点の MIモデル ちょいプラ「なっちん」と105㎜砲その2.JPG


 砲身もって移動している様はライナスの毛布状態…

◎「展示&待機 状態」

2020年01月12日時点の MIモデル ちょいプラ「なっちん」と105㎜砲その3.JPG


 というわけで、次は 砲身を鷲づかみしなくて済むように 両モードで使えるハンドルの追加(旧軍の機関銃形式当たりかなぁ…)


タグ…日記 コレクション 模型 チョイプラ なっちん 寿屋 ハセガワ
posted by DOBUROKU-TAO at 23:15| Comment(0) | 模型 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください