2016年08月23日

「シン・ゴジラ」鑑賞…(2016.08.23 火曜日)

「シン・ゴジラ」鑑賞…(2016.08.23 火曜日)

<img 病院の予約診察待ち時間が6時間あったので、「シン・ゴジラ」を鑑賞する。

 物語を見始めて感じたことは、「冗談(それが黒いジョークであれ)を描くためにこそリアリティーで武装しなければならない」のだった。
だから、怪獣を自然災害として描くことで、政府側の対応が「想定外」に振り回される
と思っていた。手が込んだ悪意のこもった冗談だと。
 だからその映し出される映像には、過去に観た作品(NHKスペシャル「メガクエイク」の想定外の津波が大阪を襲う画像や押井版「機動警察パトレイパ―」の劇場版2作に「廃棄物13号」。「踊る大走査線」やダイコンフィルム「帰ってきたウルトラマン」そして漫画なら士郎正宗「ブラックマジック」…etc)がダブっていた。
 ただ、自衛隊の迎撃作戦の失敗時に静かに退席する米軍関係者や残留放射能情報を知り、米空母が退避行動をとったあたりから何かが引っかかった・
そして映画の途中のセリフで自分でも予想外に涙があふれ出る。物語は現実にあり得ないものを描き出す物として機能すると思っている。だから劇中の会話のセリフ「彼は人間を信じている」が涙を誘う。鑑賞しながら自宅のDVDで鑑賞した最初の「ゴジラ」で涙があふれたシーンを思い出す。
 そして、ゴジラを倒す手段をみながら、東日本大震災で「メルトダウン」した事実を伏せられた中で行われた注水作業を思い出す(あの原発事故について新情報が開示された跡でも、あの作業に意味があった=有効だったか?の検証が不十分な気がするのだが)。
思い出してほしい、各地から自衛官のみならず消防士が駆り出された注水作業で作業に関わった人達が被ばくしたことを。あの原発事故の最中、「注水作業」に重視する日本人をみたから「米軍」側がさらなる援助を申しでたことを(彼らは無意味な作業だと判っていたのではないか?)。
 多くの避難民についての言及、自衛官の「仕事ですから…」etc
この作品は「東日本大震災」だけではなく、とりあえず見えにくくしようとしている「原発事故」について、物語で挑んだ作品だと思う

追記…皇族について触れてないのも、この映画のテーマを探る重要な点だと思う映画「日本沈没」でも避難についてはセリフであったんだけどなぁ…。

追記2…初代ゴジラを鑑賞し涙組んだシーンは、「オキシジェンデストロイヤー」を使う事を拒否する芹沢博士を打ちのめす ラジオから流れる「平和を祈るための合唱」。それを聞きただ一人で責任を負わされるように追い込まれ苦悩する姿。

追記3…クレジットにある野村萬斎ってやっぱり CGのゴジラの動きの基本データーの提供協力なんだろうか。ゴジラ烏帽子かぶって 初代「ゴジラ」のように神楽を舞ってほしいような…


タグ…シン・ゴジラ 映画鑑賞 ふと思う 庵野秀明
posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・TV | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック