2015年07月05日

2015年7月4日放映 TV東京「美の巨人」 成田亨作 「MANの立像」を見て思ったことを少しまとめる…(2015.07.05 日曜日)

2015年7月4日放映 TV東京「美の巨人」 成田亨作 「MANの立像」を見て思ったことを少しまとめる…(2015.07.05 日曜日)

2015.07.05手持ち成田亨関連.JPG
 手持ち書籍から…「特撮と怪獣 わが造形美術」(㈱ フイルムアート社」は。バンダイの模型店での販促誌「模型情報」&雑誌「B-Club」における氏の連載を中心にまとめ上げられた面が強いが…。(なんで持ってるかって… 昔 イベント通いしていた時の背伸びの残り…(笑 )

昨夜 ツイッターで書いた事…
1、本日(7月4日)放送 「美の巨人」の成田亨 作「MANの像」を観て、「ウルトラマン」を巡る、成田市の境遇を語らないのは仕方ないとしても、性別がないハズの彼に、何故左半身に乳房があり、尻の形と貌の造形が左右で違うが説明なくて残念。
2、顔の造形が左右違うのは、能面の面で表情出す構造を受けたからかもしれないが、1996年に刊行された著作「特撮と怪獣 わが造形美術」(㈱ フイルムアート社」にのった「鎮魂歌」&「ウルトラマンの墓」へと至る背景もない。大江山の「鬼のモニュメント」も無視…
3、祟り神でなくなるのに13年? でも、美術館の画像に海洋堂から寄贈された「成田玉」を見つけ、倉庫済の邪魔者から安住の地を得た今の姿に笑みが浮かぶ。
昨夜思い付きで書いた事につけ加えるならば、
昨夜の放送で気になるのは、成田氏がウルトラセブン以降、何も創作活動をしなかったような印象を与えることだ。
「MANの立像」は1980年代後半の作に対し「ウルトラマンの墓」は90年代の作のはず。

 ウルトラマンの像とともに、セブンの初期画稿やウルトラマンとともにウルトラセブン・ヒューマンの立像を画面に映したところに、番組スタッフの何気ない心意気を見たいが…

余談 他にも太陽の塔の内部の「生命の樹」にも成田氏は仕事でかかわっているはずなのだが…
余談2 「特撮と怪獣 わが造形美術」を読むとわかるが、単なる怒りや恨みだけの著作ではない。いろいろあったが新たな題材「鬼」を得た成田氏の心情も書かれているだけに、昨夜の「ウルトラマン」ですまそうとするまとめ方が気になる。
…まぁ。外野にゃわからん何があるがはしれないが…

タグ…成田亨 MANの立像 ウルトラマンの墓 鎮魂歌 特撮と怪獣 わが造形美術 ㈱ フイルムアート社 TV東京 美の巨人 ふと思う 映画宝島

posted by DOBUROKU-TAO at 08:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・TV | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

HOGHUGです。実は教えて頂きたい事があり、
初めてコメントさせて頂きました。

今、上京中でしてDOBUROKU-TAO様もお持ちの
マルゼンのP38デタッチャブルのフルセットを
買ったのですが、ロング・バレルを付けてしまうと
スライドが引けなくなるのは仕様でしょうか?
宿舎に戻ってバラしてみると、インナーがバレルの
中にある凸部分に当たるせいか、ショートリコイル
しないみたいでして、ロングバレルを緩めると
スライドが引けるんですよねぇ…仕様ですかね?

あの突然、コメントして本当に申し訳ありません。
他に聞く方もいないのでコメントしちゃいました。

また毎日、こちらを読まさせて頂いています!!
ではでは~
Posted by hoghug at 2015年07月05日 22:14
「マルゼンのP38デタッチャブルのフルセットを
買ったのですが、ロング・バレルを付けてしまうとスライドが引けなくなる」
→そういう仕様です。

http://bonkura-otaku-life.seesaa.net/article/390864124.html#comment

2013年3月にネタにしています。対応は簡単でインナーバレルの切断です。
この加工をした場合、ロッキングラグを生かしたままロングバレルが装着できますが、集弾性能や弾道は悪くなるでしょう。またロングバレル装着で重量の増加しているので、ロッキングブロック関連に負担がかかると思います。
銃への負担を思えばお勧めできる加工ではありません。
Posted by Doburoku-TAO at 2015年07月05日 23:04
こんばんは。

お忙しい中、早速有り難う御座います。

そうですか・・・仕様なんですねぇ。
見付けた時に舞い上がり、説明書も
なかったのにも関わらず、買ってしまいまして。

諸々の件、了解致しました。
本当に有り難う御座いました。
Posted by hoghug at 2015年07月06日 00:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421815910
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック