2013年08月26日

「模型ネタ 童友社 1/72 「96式艦上戦闘機」から「9試単座戦闘機」への改造(2013年8月25日時点) 」…(2013.08.25)

2013.08.25 時点での72分の1「9試単座戦闘機」その1 Douro-TAO.JPG2013.08.25 時点での72分の1「9試単座戦闘機」その2 Douro-TAO.JPG2013.08.25 時点での72分の1「9試単座戦闘機」その3 Douro-TAO.JPG とりあえず 機内パーツを塗装し組み込んで胴体を接着。
機首上面の機銃カバー部をプラ材を削ってパテを盛った。
後は耐水ペーパーで 飛行機らしいシルエットになるようひたすら磨くだけ…。
我ながら手が遅い…(笑

追記…「風たちぬ」劇中タバコ表現の論争に思うこと。

興行成績は第一位だろうが、ハリウッドで認められようが、製作者が大人の鑑賞に耐える作品と鼻息を荒くしようが、「アニメ=子供対象」としか世間様は見ていなかっただけの話。
まぁ、いろんな意味で、アニメ映画なんてものの扱いがわかっただけのお粗末な話。


おまけ
2013.08.25 時点でのニチモ72分の1「96艦戦」 Douro-TAO.JPGこれまた比較用に製作。
設計が古いKITだか、結構組みやすいうえにラインが綺麗なキットだとおもう。
エンジンも別パーツのうえ、増槽に関しては童友社製品よりも、ニチモの製品の方が、出来がいいと思う。
(ただ プロペラパーツは童友社製品を転用したほうがいいかもしれない)
posted by DOBUROKU-TAO at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック