2013年06月16日

「近況…笑 」(2016.06.16 画像追加)…(2013年06月16日)


 昨日は久々の週休2日初日を家でごろごろして過ごす。
一日最低 睡眠時間5時間を確保するようにしたので、体調がよくなってきた(微妙に体重も落ちた)。

ハードフォードのボーチャードを始めて分解し、装填・排夾の調整を行う。
ボルト下面に切られた溝を彫刻刀で加工し、ボルトが下がりきる直前にエジェクターが充分出るように調整。
あわせて、マガジンの開きを調整。
8発フルロードで装填・排夾を難なく行えるようになった。
左右の手で持ち替えながら装填・排夾を行うと、左手で操作時にたまにセフティーに触れて、間違ってかかってしまう事がわかる。

今日は 数年前対応メーカー不明でオークションに入手した「社名メダリオンもないJフレーム用らしき木製グリップ」をタナカのモデルガン「センチ二アル」に装着してみようかどうか今から悩んでいる所。
画像追加
2013年06月16日 木製グリップ装着「タナカセンチ二アル」右側面 Douro-TAO.JPG2013年06月16日 木製グリップ装着「タナカセンチ二アル」左側面 Douro-TAO.JPG

タナカ モデルガン「センチ二アル」に「正体不明の木製グリップを装着」。
…入手したときから右側に多少欠けがあるが、まぁそのうち修正しよう。

木製グリップとして、工作がずば抜けているとかではなく、年月のたったくたびれ具合がよくて、入手当初は手持ちCMC・コクサイのチーフスに取り付けを考えたが、微妙にラインがあわず宝箱行…(笑

正体不明のJフレーム用? 木製グリップDouro-TAO.JPG

左追加画像…「正体不明のJフレーム用?木製グリップ」

タナカ モデルガン「センチ二アル」に「正体不明の木製グリップを装着」
この木製グリップが、タナカが「センチネル」用に出している木製グリップに似ていることから、国際又はMGCと考えたのだが、これまた違う模様…?(このグリップ、裏面を見るとグリップセフティーを本体に装着するための穴がない)。
昔の「センチ二アル」モデルガンのグリップセフティーは、グリップで本体に固定していた(両社のモデルガンは持ってないが 20年ほど前グリップセフティーのパーツのみSHOPで見つけて持っている)筈なので謎は深まる.ばかりなり。
まぁこのグリップ、複雑に勘ぐるほどのものではなく、単にマニアの手作りチーフス用といったところか…(笑

2013年06月16日 「タナカセンチ二アル」加工前 Douro-TAO.JPG2013年06月16日 木製グリップ装着のため「タナカセンチ二アル」を加工 Douro-TAO.JPG

2013年06月16日 画像追加…左画像が加工前、右画像が加工後。
 意外と手間がかかった…(画像のグリップのウェイトに、タミヤのマスキングテープが貼ってある理由は、グリップセフティー固定用ピンの紛失防止のため)

 ちなみにタナカのグリップ装着をためらったのは、この木製グリップの螺子穴の位置関係から、タナカのウェイトの加工が必要だから。
もっともタナカさんは微妙な各社(実銃用を含む)木製グリップに対応できるよう螺子穴の下にスリットを切ってくれているのだが、このグリップの場合、スリットと螺子の境界線に当たるのがなんともで、装着のため加工(リュターで削るだけだが)したいような、したくないような…。

さて、朝ごはんを食べたら、これらの加工&久々に模型にかかりますか…。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック