2013年05月05日

「ベビールガー」工作近況…(笑)…(2013年05月05日 玩具 エアーガン 散財)

2013年05月05日時点でのベビールガー その1 Douro-TAO.JPG2013年05月05日時点でのベビールガー その2  Douro-TAO.JPG

上画像…2013年5月05日時点での「ベビールガー」の工作状況。

今日はグリップ背面のラインの磨きと フレームとグリップの境界部の加工を行う。
とりあえず 金属ヤスリ&耐水ペーパー(240番)で磨いたあと 気になった場所にポリパテを盛りつけた。
大体のラインが整ったとはいえ、根気強く納得いくまで盛って・磨くの繰り返しとなる。

セフティ・トリガー形状・マガジンの工作などはこれからだが、多少は先が見えてきた…。
銃身の確実な接続やリアサイトの製作も考えなくては…(笑

 さて、完成するのは何時になるやら…

小ネタ…マガジンに残された「今井科学」のロゴ

マガジンに残された「今井科学」のモールド Douro-TAO.JPG  BB弾マガジンにモールドされた「今井科学」製品のしるし。

現 アオシマ製品は持ってないのでどうなっているかはわからないが…まぁ 小ネタとして…
ちなみにネットではサイズや構造で評判が悪い本製品だが、発売開始はDoburoku-TAOが高校生だった80年代前半。
なんやかんやで30年販売されている事になる。
なお今よりも権利関係がおおらかというか扱いがいい加減だった時代の製品なので、商標権関係の扱いはいい加減で、今井版初期製品は製品名のみならず製造会社の社章やロゴなどは無断使用されていた。
ちなみに手持ちのP-08は 商標権に配慮した時期の製品だったりする。
さて、せっかくだからマガジン加工の際はこのモールドを残す加工を考えるとしよう…。


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック