2012年08月27日

LS(エルエス) 1/1「ロング ルガー8in 砲兵モデル」について その1 未組み立て「ルガーP-08」との比較…(モデルガン・LS・プラモデル 2012.08.25)

LS ロングルガー 完成品 付属スタンドに Doburoku-TAO

画像…LS「 ロングルガー」完成品を付属スタンドで…。 

長らく作りかけて放置だったLS1/1「ロング ルガー8in 砲兵モデル」を今年になってようやく完成させたことは以前このブログでも紹介した。
今回は加工部分も含めて紹介していきたいと思う(ようは毎度の持ち物自慢だが…(笑)。


LS ロングルガー 外箱 Doburoku-TAOLS ルガーP-08  外箱 Doburoku-TAO

上画像…手持ちLS 「ルガー」製品 2種。販売価格ともに1970年代後半販売の製品。

LSは「ルガー」は、「ロングルガー」と「4inバレル」を販売していた。
本製品は1/1 精密ピストル シリーズ黎明期より販売していた製品で、LSオリジナルの設計ではなく松尾社の金型を引き継いだ物と思われる。

手持ちの「日本プラモデル50年史1958-2008」(文藝春秋 発行)tokubetu 付属CD「日本模型新聞にみる昭和プラモデル全リスト」で検索をかけてみた。
まず「ルガー P-08」は1971年1月 600円での発売が予告され、「ロング ルガー」は1972年3月 600円で発売が予告された。
そして両キットともに 1973年7月の発売予告で、「スタンド」が付属するかわりに800円に値段が改定されている。
今回完成させた「ロングルガー」は1970年代後半に販売されたもので、当時の定価は1200円の物(手持ち4inの価格も同じ)。
ちなみに手持ちの「4in」はまだ組立ていなかったりする。

LS ルガーP-08  未組立 部品1 Doburoku-TAOLS ルガーP-08 未組立部品2 Doburoku-TAO

上画像…手持ちLS 「ルガーP08」 未組立品の部品状態。この時期までの製品は バレル・フレーム・グリップなど外見を構成す部品が台紙にパックされている。


 上の画像は手持ちの未組み立ての「ルガーP-08」の部品状態。LSのルガーは「バレル」のパーツが違う(「ロングルガー」のみリアサイトパーツが付属)だけで 銃本体のパーツは共通だったりする。
LS ロングルガー 組立説明図 その1(修正後) Doburoku-TAOLS ルガーP-08 組立説明図1(修正済) Doburoku-TAO
上画像…比較ように「ルガーP-08」と「ロング ルガー」の組立説明図から 部品図を…

 「ルガーP-08」と「ロング ルガー」の組立説明図の部品図を見比べたほうが、画像よりも ランナーが共通なことがわかりやすいかと…。
ところで 両製品の部品図と商品仕様を比較して面白いと思うのは、販売価格が同じなのに、銃身長が長くパーツ数が多い「ロングルガー」(可動リアサイト部品が付属)のほうにスタンドパーツが付属することだったりする。
修正済  比較用 ロングルガー部品展開図 Doburoku-TAO修正済  比較用 ルガーP-08 部品展開図(飾り台のベースが封入されていない)Doburoku-TAO
上画像…「ルガーP-08」と「ロング ルガー」の組立説明図から 部品図をよく見ると「ルガーP-08」の組立説明図の「組み立ての際の注意点」がデザイン的にバランスの悪い。


画像のように「ルガーP-08」組立説明図の「組み立ての際の注意点」の配置・デザインが バランスの悪い事もあるが…


LS ルガーP-08  ベースについて Doburoku-TAO 画像…「ルガーp-08」組み立て説明図より スタンドの説明。 とってつけたような「別売り」の説明がある。

 「ルガーP-08」組立説明図にわざわざスタンドの組み立て方法を説明しながら 「別売り」と書いている点など、どうも商品仕様のみならず組立説明図のデザインとしてもアンバランスな点が目立つ。

 これは推測だが、70年代の後半時点で「ロングルガー」に関しては、「スタンド部品がセットされた袋詰めパーツ」の在庫の販売で対応し、「ルガーP-08」に関しては新しく 組立説明図を修正することで対応していたのではなかろうか…?
さて 真実は…(笑

 さて、手持ち「ルガーP-08」の未組み立てモデルとの比較と想像はこれにて終了、次回は完成させた「ロングルガー」の苦労自慢を…(笑
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック