2011年11月15日

小茂田(コモダ)製らしきモデルガン(玩具銃)「デリンジャー」…(2011.11.15 モデルガン・玩具銃)


小茂田商店(コモダ)製「デリンジャー」.JPG上画像…小茂田(コモダ)製モデルガン(玩具銃)「デリンジャー」

 これまた 数年前に物珍しさと価格の安さに惹かれオークションで落札したもの。
こちらも 現物が届いて驚かされた製品だった。
 入手した物は箱つき未発火だったが、残念なことにカートリッジはついていなかった。


=小茂田商店(コモダ)製「デリンジャー」 右側面.JPG

画像左…小茂田(コモダ)製?モデルガン(玩具銃)「デリンジャー」左側面
画像右…小茂田(コモダ)製?モデルガン(玩具銃)「デリンジャー」右側面

 製品はモナカ構造のシングルアクション。分解・メンテナンスができない構造となっている。
唯一外せるのはプラスチック製のグリップ。グリップの「KKS」のマークは一見メダリオン風の物。
 これは別部品ではなく、フレームが「凸状」に刻印が彫られグリップの窓にはまる形式。
このような再現方法は玩具では古くから取り入れらている。


小茂田商店(コモダ)製「デリンジャー」 箱のふた.JPG小茂田商店(コモダ)製「デリンジャー」 説明書をかねた箱の裏側.JPG
画像左…小茂田(コモダ)製?モデルガン(玩具銃)「デリンジャー」箱のふた
画像右…小茂田(コモダ)製?モデルガン(玩具銃)「デリンジャー」箱の底に説明書が書かれている。
 製品としては「玩具」として販売されたもの。
箱の蓋には「(社)日本玩具協会」による玩具安全マーク「STマーク」が印刷されている。
 「合格番号 T1136」を基に「STマーク」の承認時期を「(社)日本玩具協会」の資料で調べることが出来れば、この製品の販売初年が割り出せるだろう。
調べる方法は思いつくが、「(社)日本玩具協会」の資料を閲覧する方法が思いつかないあたり、毎度のごとくマヌケである。

 この製品の箱の裏面には取り扱い説明書が印刷されており、本製品がカート式であることがわかった。
玩具安全マーク「STマーク」がついているわりには製造メーカーの連絡先が記載されていないあたりが?。
案外製造メーカーの連絡先が記載された別紙が製品に同封されていたのかもしれない。

小茂田商店(コモダ)製「デリンジャー」 ハンマーを起こした状態.JPG小茂田商店(コモダ)製「デリンジャー」 ハンマーを起こしてチャンバーを覗く.JPG

上画像左…小茂田商店製?「デリンジャー」のハンマーを起こした状態
上画像右…小茂田商店製?「デリンジャー」のハンマーを起こした状態でチャンバーを覗く。

= 画像左…小茂田商店「デリンジャー」のカートリッジのロックを解除するボタン

  ハンマーを起こした状態でチャンバーを覗く。バレルは貫通してない上に前撃針がない。
チャンバー右側面にはカートリッジを押さえるための部品がある。
箱の裏面の説明書にも記載されているが、左側面のボタン(画像のボールペンで指し示したボタン)を押すと チャンバーのカートリッジのロックが解除される。
またこの説明書から、火薬はカートリッジの底面に直接貼る形式だったことがわかる。



小茂田商店(コモダ)製「コーチスペシャル」と「デリンジャー」のカートリツジと.JPGalt=

画像左…小茂田製「COACH スペシャル」のカートリッジと…

画像右…小茂田製「COACH スペシャル」のカートリッジを「デリンジャー」のチャンバーに装填する。

 カートリッジの火薬の装着位置も含め、もしやと思い手持ちの小茂田製「COACH スペシャル」のカートリッジを「デリンジャー」のチャンバーに装填した。
すると難なく装填出来た。もちろん チャンバーのカートリッジのロック機能も動く。
 実はこのカートリッジ 小茂田製「チーフス スペシャル(金属)」鈴木製作所製「ポジィティプ」にも難なく使用出来る。
小茂田(または製作した 鈴木製作所)の設計者が、製造コストを下げる意味合いで共通化を図ったのかもしれない。、
 

小茂田商店(コモダ)製らしき「コーチスペシャル」と「デリンジャー」.JPG画像…レストアした小茂田(コモダ)製「COACH スペシャル」と「デリンジャー」を…

 両製品の販売時期については、まだまだ調べがついていないが、両製品は意外と古い(昭和30年代)かもしれない。
「モデルガンと玩具銃の境界」をどこで引くかなんて 考えだすときりがないが、玩具も含め商品を調べ検討しなおす事で黎明期のモデルガン・玩具銃史についての発見が、まだまだあるかもしれない。

と大層な事をいいつつ、毎度の自慢大会終了。


タグ…モデルガン 玩具銃 コモダ KKS 小茂田商店 鈴木製作所 丸郷 マルゴー 鈴木製作所  SKS
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック