2010年10月01日

最近購入した本より…国本康文 著・編集 「26年式拳銃(増補改定版)」(自主出版)&中田商店 発売 ホルスター型崩れ防止用「26年式拳銃 文鎮」…(2010.10.01 書籍・モデルガン・散財)

最近オークションで見つけて落札した書籍から…

国本康文 著・編集 「26年式拳銃(増補改定版)」(自主出版)
同人誌 国本康文 編集・著 「26年式拳銃 」同人誌 Doburoku-TAO 海外のコレクターの持ち物を撮っただけではなく、多数のオリジナル資料(図面・改定仕様書)を収録し「26年式拳銃」について考証された書籍。
特に 銃口部にアダプターを取り付け「催涙弾」を発射する事が可能だった事(ライフル改造ロープ投擲銃や 対戦車「ジテ」弾のアダプタ開発の技術的な系譜があるかもしれない)など 従来の書籍では触れられていない発見も多い。
 私はコミケには足を運ばないのでこの書籍とはオークションで出会ったが、「26年式 拳銃」に興味を持っている方は価格も手ごろであり資料として手に入れておいて損はないと思う。
巻末に通販の在庫状況は
http://comickuni.kitaguni.tv/
に公開されているとの事。まずは 自分の目で販売状況を確認してみてはいかがだろうが…

『おまけ』…中田商店 発売 ホルスター型崩れ防止用「26年式拳銃 文鎮」
流石に六研なんてマニア様のブランドは恐れ多くて貧乏人には手が出ないので所有してないが、2種類の手持ち「26年式拳銃」玩具・模型銃から15年ほど前、「ワンダーフェスティバル」で上京した際 アメ横の中田商店で買ったホルスター型崩れ防止用「26年式拳銃 文鎮」を…
 店頭では無造作に箱に入れられ売られており、94式ともども購入時は新聞紙に包んで手渡してくれた。
なんかご禁制品を闇市で買うとこんな気分か、変な想像を楽しんだ「思いで」がある製品。
まぁ 出来は画像のごとく 表面仕上げの粗さからわかるように大雑把なもの。
銃口なんて画像のごとし。
原型は六人部氏なので、磨いてエッジをたててやればかなりいい感じになると思うのだが…。
ところえで「94式」出す予定のハードフォードさんのこと、次はこれかな(ナガンだったりして…(笑 )?
となると価格でためらっている「キヨノ」のハンドメイド品をどうするか 悩んでしまうなぁ…(笑
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック