2010年09月21日

ハード フォード社(HWS)製品 「レミントンNewアーミー メタルケース Ver」…(モデルガン、古式銃、散財 2010.09.20)…(モデルガン、古式銃、散財 2010.09.20)

 「レミントンNewアーミー」系はそのスタイルで結構好きな機種(近年では村枝賢一氏の漫画「RED」の"おじさま”こと巡回牧師のグレイの2丁拳銃で
記憶している)。
手持ちを見渡すとLS(2種)・田中CMC再販・HWS 2種と意外に持っている事に気がつく。



画像 左…HWS レミントンNewアーミー メタルケース Ver 左側面、画像 右…HWS レミントンNewアーミー メタルケース Ver 右側面


画像 左…HWS レミントンNewアーミー メタルケース Ver エジェクター関連(シリンダーインサートの為 機能しないダミー)
画像 右…HWS レミントンNewアーミー メタルケース Ver シリンダーゲート周辺を斜め後ろから見る

画像 左…HWS レミントンNewアーミー メタルケース Ver 外箱 

そんな手持ちの「レミントンNewアーミー」から、数年前 年末大売出しで買ったを「メタルケース Ver」を再撮影してみた…。
この製品 少数生産品だが、真鍮製パーツなど仕上げは少し粗いような印象を受ける。
 再現性で残念なのは エジェクター関連。 シリンダーの改造防止インサートの為 形だけで機能しない物となっている。
まぁ、モデルガンという商品の制約の中での、リボルバー発達史の中での過渡期の製品の模型と思えば納得できる程度のことだが… 

 ところでハード フォード社(HWS)製品はCMCの金型を元に、金属モデルからABS化されたと言われている製品。
この製品が出たとき、「Arm's」誌の実物との比較記事写真が載ったが、ライターのハード フォード社(HWS)製品に対する嫌味を感じ 苦笑いさせられた記憶がある。
再限度云々は除いても ハード フォード社(HWS)製品にはこの製品の良さ(まぁ、私自身の思い出という曖昧な物で模型の完成度ではない)があると思う。
さすがに「CAW」製品はその価格でまだ購入の目処がたっていないが、いつか並べて比べて見たい物だ…。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック