2010年08月08日

「オークション」落札 原型・販売 不明 レジン製キット「映画『ザ・シークレット・サービス』(原題"IN THE LION OF FIRE” 1993年米国 作品)の樹脂製手製拳銃」 その1…(模型、モデルガン、散財 2010.08.08)

映画「シークレット・サービス」でDVDと劇中で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 (塗装済) Doburoku-TAO
画像…映画「シークレット・サービスのDVDと劇中で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 (塗装済)


主演 クリント・イーストウッド・監督 ウルフゼン・ペーターゼンの映画『ザ・シークレット・サービス』(原題"IN THE LION OF FIRE” 1993年米国 作品)で元CIAの暗殺者ミッチ(ジョン・マルコヴイッチ)が劇中で製作し用いた「樹脂性組み立て式拳銃」のレジン製模型を、オークションにて悩んで2009年にやっと決断して入手した。

で、入手したのはいいがこのキット レジンの塊(カートリッジとスプリングと合わせて15パーツ)な上 組み立て説明図などないもの。キットパーツと一緒についてきたのは2枚のカードのみ。
どうやって作るか1年悩んだが、まぁ 毎度の思いつきで工作を開始。なんとか劇中のように分解・組み立てのみならず 機関部が動作するように仕上げてみた(金属パーツは劇中のようにメインスプリング2本しかつかっていない)。

映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 付属のカード 組たて説明図はなかった映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 上より(キット付属メインスプリング入

左画像…映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 付属のカード 組たて説明図は最初から付属していない。
右画像…映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 上より(キット付属メインスプリング入り 未塗装) 

上の画像のメインスプリングはキット付属の物で、組み込んだ際の雰囲気はいいのだが、「強すぎて」動作再現には不適。
このキット 複製のシリコン割が大雑把なうえ、穴あけが多いわガイドの穴がずれているわで 頭が痛い物。
まぁ ボール盤がないのに、電動ハンドドリルで無謀に挑戦する当方も無謀といえば無謀なのだが…(笑
結局フレームを破損してしまい エバグリーン社のプラパイプとポリパテのお世話になった。
まぁ 「貴重なキットを!」とお怒りのマニアさまもいるかも知れないが、つんどくだけよりはちゃんと完成したからいいと思っている。
映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 左側面 Doburoku-TAO映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 右側面 Doburoku-TAO
左画像…映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 左側面(未塗装) 
右画像…映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 右側面(未塗装) 

映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 銃口側 Doburoku-TAO映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 後ろ側 Doburoku-TAO
左画像…映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 銃口側(未塗装)
右画像…映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット 後側(未塗装)

銃身はこの銃の機構の事もあり貫通さしていない。もっともチャンバーの位置に歪みあった場合 チャンバー側から穴をあけていると銃口側で悲惨な事になるからだったりする。
銃口は全てのパーツを組立て終了後、全体のプロポーションの歪みを削って修正してから バランスをとりながら9mm口径を開口している(で 心持…(笑 )。

勿論 このキットは劇中のように分解できるうえ ダミーカートが装填できる。ダミーカートは9mm口径だが 38SPよりも小さいカートとなっている。
映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 劇中のように分解できる Doburoku-TAO映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット ダミーカートが装填できるDoburo

左画像…映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 劇中のように分解できる。(未塗装 スプリングはキットに付属していた物) 
右画像…映画「シークレット・サービス」で使われる 暗殺用自作拳銃 レジン製 組み立てキット ダミーカートが装填できる。(未塗装) 

こうしてテンヤワンヤとしながらも まぁ完成したので、いいかと…(笑。
撃発機構の再現の為の工作の内容については次回にでも。

と、いったわけで 毎度の持ち物自慢終了。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック