2010年05月26日

「念願のABSモデルガン化」タナカ製ABSモデルガ『コルト ディティクディブ』…(モデルガン、散財 2010.05.26)













 「タナカ」より、かねてから巷(マニアと好き者の狭い世界かもしれないが…(笑 )で噂と要望が高かった「コルト ディティクディブ」のABSモデルガンが発売されたので購入した。




 このモデルガンはどうやら同社のガスガンのフレーム転用らしく



上の画像の「刻印」やフレームのシリンダーが入る部分の「上面の溝」に その名残が見受けられる。
Doburoku-TAOは長年「旧式ディディクディブ」のちゃんと遊べるモデルガンが欲しかっただけに、「タナカ」の今回の製品化には大変満足している。
 残念ながら「タナカ」の「ペガサス」版ガスガンを持っていないので比較できないが、モデルガンの機関部に関しては、一部のパーツにアレンジ(ボルトとリバウントレバーのボルトとの接点か可動になっている)はあるが、コルトのダブルアクションメカニズムは充分模型として再現されている。
ただ 下画像のように「タナカ」のサイドプレート裏面のラッチ用スプリングの形式に関しては「タナカ」(画像 下右下側)は「Hobby FIX」(画像 下右上側)とは違い、タナカオリジナルとなっている。


まぁ、この機関部のアレンジ選択はモデルガンの材質の制約を思えば合理的な選択だと思う(「コクサイ」の後発メーカーで同機構を採用しながら動かないメーカーもあるのは…?)。
機関部比較用に「Hobby FIX」(画像 下左)「LS(プラモデル)」(画像 下右)画像を…。まぁ比較というか「調整に関しては」は『恨み言』に近いので、まぁいいか…(笑



カートリッジ(画像)に関しては、「38スペシャル」ダミーカートと比較すると…
「タナカ モデルガン用カートリッジ」は少し短い。
また CAP火薬に対応し、インナーを含め3つの部品からなっている(画像 左から 38スペシャルダミーカート、タナカ モデルガン用カート、タナカ モデルガン用を分解してみた)。
モデルガンには シリンダーには実物ダミーカートが難なく入る。
だが、シリンダー内のインサートのため、シリンダーに実物ダミーカートを装填してもシリンダー内に収まらず、シリンダーヲフレームに収める事ができない。
これも 一種の安全対策なので仕方ない。
ところで このタナカ用カート、「Hobby FIX」のシリンダーには難なく収まる。このカート「Hobby FIX」付属カートリッジよりも軽いので、バネを仕込む事で「Hobby FIX」用空撃ちカートとして転用できるかもしれない…。
 

最後に手持「旧型 ディティクディブ」2種(上がタナカ、下は10年ほど前にLS プラモデル改造)を。
まぁ「Hobby FIX」細部の比較と「LS」についてはそのうち気が向いたらで…(笑

この記事へのコメント
毎日ありがとうございます。

DT爆発的に売れるといいですよね。
メーカー的にも業界的にも。
私も購入いたしました!!
カチャカチャ動かす私ですが、寿命ながいといいなぁと
思ってます。
Posted by と at 2010年05月26日 12:02
と さん 書き込みありがとうございます。

機関部は 長持ちしてくれればと私も思っています。
まぁ某社と比べ部品価格表がついているだけでうれしくなってしまうのは苦い笑いですが…。
ところで 、今回手持ち 3機種を比較していまさらながら気がついたのは、ストラップとメインスプリングの角度です。
 LSとタナカは直角に近くハンマー起こす際の力が松葉バネの開いた角度をセバメル方により使われるのにたいし、HobbyFIXはハンマーを起こすための力も多く必要な上、バネの支点方向へかかる力も多そうです。
 バネの支点にかかる力が小さい=バネの強度を下げれる=バネを強くしなくてすむ
ですので、タナカ製品は 案外寿命が長いような気がしますが…。

なにはともあれ、MGCとマルゴーを買い逃がしていた私には、チーフスと並べたくて 長年発売を待っていた機種でしたので 今回の製品にはとても満足しています。

書き込み ありがとうございます。

Posted by Doburoku-TAO at 2010年05月27日 00:02
Doburoku-TAO様こんばんは。
>ボルトとリバウントレバーのボルトとの接点か可動に
手元にタナカガスガンがあるのですが、トリガーが戻るときにボルトが下がり、
3丁に2丁ほど!は、シリンダーの逆転が起こることがあります。
モデルガン版は可動部があるとの事ですので、ここが改良されている
のかも知れないと思うのですが、いかがでしょうか?
Posted by 赤い猫RRⅢ at 2010年05月29日 23:03
赤い猫RR-Ⅲ様

>タナカガスガンがあるのですが、トリガーが戻るときにボルトが下がり、3丁に2丁ほど!は、シリンダーの逆転が起こることがあります。
 この症状に関しては今のところで私の手持ちモデルガンに関しては、出ていません。
このあたりの微妙なアクション面での改良はモデルガン・ペガスガンをばらして部品を比較しないと判らないかと。
シリンダが逆転する状況は、
「ハンドが下降する時も 爪はエジェクタに接触している」
事から、
「何らかの理由で ボルトが下がってシリンダーがFREE状態になるため ハンドの下降にあわせてシリンダーが逆転する」
のだと思います。
 ガスガンとモデルガンのストラップとメインスプリングの角度に違意があるならば、リバウンドレバーの他の部品に与える力がモデルガンとガスガンとは違う事にも原因があるのかもしれません。

 また、ペガサスとモデルガンでは、ペガサス版の方が構造上シリンダーが重いのではないでしょうか?
 この事から モデルガンとは違う基準で 各部品の動作やバネの強さ・タイミングは調整されているのだと思うのですがいかがでしょう。

 文章にも書いていますが、私はペガサス版を所有していないので 内部機構の微妙な調整に関しては比較できず正確な解答ができずすみません。
Posted by Doburoku-TAO at 2010年05月30日 03:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック