2009年09月23日

「MGC VP-70 とそのストック」レストア終了に伴う 私的まとめ その2…「実銃編」(笑…(モデルガン 2009.10.23)

さて 『モデルガン』関連に続いて読み直した資料 『実銃』関連編 突入

資料 実-1
床井雅実 著
世界兵器図鑑シリーズ「ドイツの小火器のすべて」
 1976年12月…国際出販 発行
…後の「VP70Z」となる 一般市場向けを「P'71」として 紹介している。
「資料 モー1」でMGCの小林太三 氏は触れていないが 出版時期と状況(インターネットが無い時代を思えば…)からみて 読んでいるとは思われる。
この書籍の出版年から 「VP-70」について日本語で紹介された記事としては もっとも古い書籍ではないだろうか…

資料 実-2
月刊「コンバット☆マガジン」 1980年11月号…ワールドフォトプレス発行
コンバット・フォーラム・スペシャル
「嗚呼 義望的亜米利加娘」
…『H&K VP-70Z』を構える C☆M誌 専属モデル キム嬢の写真2種(表紙含む)
「資料 モー1」で紹介されているが 資料的価値は…
今の目から見るとオトナシイグラビアです…(笑

資料 実-3
月刊「コンバット☆マガジン」 1980年12月号…ワールドフォトプレス発行
レポート ロバート・ホーキンス(翻訳 片瀬礼二)
『H&K VP-70Z』
…『H&K VP-70Z』の写真資料としては「資料 実-2」よりも価値あり。

資料 実-4
月刊「GUN」 1981年7月号…国際出販 発行
レポート ターク高野
『HK VP70 3発バースト(連射)のオート・ピストル』
…ストックの内部構造の写真はないが ストック装着時した際の 撃発機構の動きを 判りやすく解説してくれている。
また 当時「H&K」の「ポリゴナル ライフルリング」の持つ機能についても触れられている。
なお Gun誌のこの号の白黒ページにおいて MGCのモデルガン化が取り上げられている。
「ナガン」 自衛隊採用候補「SIG P220」特集など他の特集記事も充実した号。余談ついでに書くと この号の「モデルガン ダイジェスト」において ジャック天野氏のWA「ピースメーカ」のインサートへの感想コメントに 当時 他誌ライターだった くろがねゆう氏が その手持ち連載で噛み付いたのは当時のマニアには有名な話。

資料 実-5
月刊「GUN」 2004年5 月号…国際出販 発行
レポート 床井雅美 
『H&K Model VP70』
…小林太三 氏の「タニオ・コバ」の新製品発売に合わせた特集記事。
実銃「VP-70」の開発経緯など詳しく書かれている。
特に 「VP-70」の前身となったマウザー(モーゼル)社「フォルクス ピストル」の写真は資料価値が高い。
余談だが この号で取り上げられている 現存する「フォルクス ピストル」のバレル長違いの写真が、広田厚司 氏の著作 
光人社NF文庫「ドイツの小銃 拳銃 機関銃 歩兵兵器の徹底研究」(2002発行)
に一枚ある。
開発に辺り、段階的にバレルを短くしていって 最適な銃身長を求めたのだろうか…?
実銃について紹介した記事は 床井雅実氏の一連の著作や洋書(Doburoku-TAOには絵本だ…(笑 )もあるが ただでさえ ごちゃごちゃしたこの文章をさらに ぐちゃぐちゃにするので 今回は取り上げていない。

ところで この前 ロ人さんへの 返答コメントに書いた「核シェルター 装備品
」云々を どこで読んだかを探しだせない辺り 年をとってボケてきたのだろうなぁ~

この記事へのコメント
たしか、80年代Gun誌で一郎氏が、FBIスワットにHK社が自社製品をデモするのをレポートした中でVP-70が載っていたと思います。
何年の何月号までは覚えていませんが。
Posted by ひがしマルうどんスープ鉄砲天国 at 2009年09月24日 12:07
ひがしマルうどんスープ鉄砲天国 さんどうも

指摘の号は「Gun」1980年7月号で
 Bart Kusada氏の記事
「潜入レポート H&K社の売り込み大作戦」
ですね。
24日 寝る前に調べて見ました。
この記事で面白いのはP92の写真で。MGCが「VP-70」の製作発表した際 イラスト化され使用されていましたね。

余談ですが この号は 「リバレーター実射記事」や「S&W M-76」の記事がのっており 資料面でも面白い号でしたよ。

書き込み有り難うございます。
Posted by Doburoku-TAO at 2009年09月26日 00:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック