2009年05月05日

今回も手抜き…以前 購入した完成品の再塗装品 大日本技研 製「アーシアの銃 銀銃(ヘイリン)」(レジンキット)…(摸型・散財 2009.05.05)

このGWに、以前ネットオークションで買った完成品中古を仕上げなおした物。

『大日本技研 製「アーシアの銃 銀銃(ヘイリン)」(レジンキット)』

2010.05.08 再撮影 大日本技研 レジンキット 銀銃(ヘイリン)右側面2010.05.08 再撮影 大日本技研 レジンキット 銀銃(ヘイリン)左側面 

ゲームはしないので この製品の詳しい設定はわからないし ゲームそのものに一切興味もなかったりする。
それでも 落札した理由は 低価格もあったが…

1、表面のエンブレム 立体モールドを含めて リペイントの練習台。
2、「大日本技研」の製品は基本的に 文鎮で可動範囲が少ないので 完成品でも再仕上げがしやすい。

部品構成は 元のキットが4パーツ(本体・銃口・グリップ 左右)。
このような構成のキットは組み立てが簡単ゆえ間違える事が少ない反面 仕上げで出来画左右される。

今回 前オーナーが組み立ていたのを グリップだけ取り外し再塗装した。
前 オーナーは2液混合タイプのエポキシ系(ただし乾燥状況から 100円SHOP系取部品とり扱い品で 混合が不充分)で接着してくれていたので グリップをはがす事は簡単だった。

「本体」
1、パーティングラインを仕上げ直し、全体を クレオス銀を吹き付ける。
  インスト 指定の金色塗装は クレオスのメタルカラー「ブラス」。金色よりも色合いが好きで選んでいる。
2、黒を混ぜた銀を モールドに吹きつけ 影をつける。
3、モールドの境界 セル画でいえば線に当たる部分に タミヤ エナメル黒を流し込む
4、エナメル 半渇き状態で エナメルを染み込ませたテッシュで全体を拭き。
5、ドライブラシ(手法)で ブラスと銀で モールドを引き立てる。
「グリップ」
1、前オーナーが塗った ダーグブラウンの表面を軽く 磨き(塗装は完全に剥がさないのはサフェイサー代わり)
2、マジックで赤と黒で適当に木目
3、マジックの境界をぼかすように、クレオス クリアレッド・クリアオレンジ を筆塗りで重ねる
4、クレオスの スーパークリアを吹いて色調を整える。

本体とグリップは 両面テープで貼っている。
これはこれで 自分なりに色塗りの練習になった。

こうして書けば大げさだが、塗装作業自体は1時間ほどで終了する程度の物。摸型をつくっており 塗装をしている者ならば 所詮は当たり前のつまらない話。

今夜もおっさんオタクのつまらない自慢話はコレにて終了。

2010.05.09…画像差し替え
この記事へのコメント
はじめまして。
H/Nゆうたなと申します。
突然のコメントでスイマセン。

2009/05/05の記事で紹介されている、大日本技研製「アーシアの銃 銀銃(ヘイリン)」(レジンキット)ですが、
もし可能でしたらお譲り頂けないでしょうか。
ずっと探しているのですが、なかなか流通せず…
いきなりで失礼とは思いましたがご連絡させていただきました。
もしご検討いただけるのでしたら、メルアド載せますのでご返信頂けると幸いです。

ご検討の程、宜しくお願いいたします。
Posted by ゆうたな at 2014年07月07日 23:24
ゆうたな様

 申し訳ありませんが、当方まだ手持ちの品を手放すほど、物欲は衰えていませんのでお断りします。
Posted by Doburoku-TAO at 2014年07月09日 01:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック