2009年03月08日

お手軽な プラ板工作 マルイミニ電動「イングラムM-11 」その2…(2009.03.08…摸型・エアーガン)

先週引き続き 昨夜の晩はタミヤ t1.0 プラ板 と 2mm角棒で ダミーロングマガジン工作。

画像…マルイミニ電動「イングラム M-11」自作ダミーロングマガジン 装着状態…09.03.08画像…マルイミニ電動「イングラム M-11」自作ダミーロングマガジン、ノーマルとの比較…09.03.08画像…マルイミニ電動とMGC モデルガン…モデルガンのサプレッサーはミニ電動に難なくねじ込める。

手持ちのMGCモデルガン「イングラム M-11」を参考に9cm程 延長した。
ところで、上の画像のように マルイ「ミニ電動」にMGC「モデルガン」のサプレッサーは難なくねじ込めるのだが…
MGCのサプレッサーにはバレル インサートが入っているのでマルイの「ミニ電動」に装着しても カッコだけである。この辺り マルゼンで試した人はいるのだろうか…
因みにマルイとMGCは、各部の寸法に微妙な違いがあり、マルイ用に工作したマウントベースはMGCに装着出来なかった。
また 前銃床を兼ねたMGC製の「スリング ストラップ」をマルイに装着してみようとしたが、金具がきつくて マルイのプラ製の「スリング リング」を傷つけてしまいそうで 諦めた。
この辺りの オプションパーツをメーカーサイドで充実してくれればと…、ふと思う。
 
今回も現物あわせて 2時間程の工作。

マウントベースも含めて 蓄層工作の手間を惜しまなければ 現物あわせで タミヤ t1.0のプラ板 1枚あれば 材料は揃う工作。
ミニ電動の動作時の振動程度ならば、瞬間接着剤とプラ板の箱組み工作の延長で充分遊べる物がつくれる。
ABS板でなければ とか 有名メーカーパーツ云々など考えるより、肩の力を抜いて手持ちの素材でお手軽カスタムもするのも気晴らしになるかと…

ところで 一晩たって 今回の工作部をみると…
あっちこっちに 耐水ペーパーで磨いたつもりのマガジンにも 傷が残っていた。

週末の塗装を目指して 各パーツを磨きなおしだな…
完成は何時になるやら…(笑

posted by DOBUROKU-TAO at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京マルイ 製品関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック