2008年12月29日

「最近の散財」 TAITO おとなプライス「宇宙戦艦ヤマト」 1/1 『波動砲発射 引き金』 1/655 『光る 波動砲ヤマト スーパーメカニクス』…玩具関連 (2008.12.29)

2008年10月予約した
TAITO おとなプライス「宇宙戦艦ヤマト」
1/1 『波動砲発射 引き金』
1/655 『光る 波動砲ヤマト スーパーメカニクス』
が、27日「トイ&ホビー ガラシャ」さんから到着。
購入価格は 単価1152円×2に 送料+代引き手数料合計 995円の総合計 3299円也
画像…タイトー 大人プライス 08.12発売 ヤマト関連2商品。

画像…タイトー 大人プライス 08.12発売 ヤマト関連2商品。27日出歩いた 日本橋で見かけた 他店のばら売りなしの店頭セット価格が3800円だったので 今回はお買い得だった。

さて 商品の内容は 購入価格を思えばDoburoku-TAOには満足できるものだった。


1/1 『波動砲発射 引き金』

画像臓タイトー臓大人プライス臓08.12発売臓波動砲引造金臓本体造付属・座。本体は 割と大きい。外見的には大柄な印象を受けるが これはABSの無塗装 黒光り状態だからと思われる。この辺り グレー系で塗装しなおすと 引き締まって見えるだろう。上面の曲面も固い印象を受けるが これは各自のイメージの問題で 気になる人は パテを盛るなりして磨けばいいと思う。
また銃口部(?)の先端部を別パーツ化することで 部品分割線を前面に出さなかった配慮が嬉しい。
ギミックは波動砲の発射時の音声を再現している。

画像…タイトー 大人プライス 08.12発売 波動砲引き金 ボルトを引いた状態。 1、背面のスイッチをON し ボルトを引く。発射砲のエネルギー充填音声が再現。
 2、引き金を引くと バネでボルトが前進。同時に波動砲の発射音声が再現。
遊ぶ際の注意としては スイッチが2段階になっているようで エネルギー充填音は 毎回遊ぶたびに 背面のスイッチをOFFし再度ON する必要がある。
これはコンデンサーに充填する関連からの安全装置ではないだろうか…。
上記のギミックに連動する機能としては「製品に付属しているコード」を 別売りの1/655 『光る 波動砲ヤマト スーパーメカニクス』につなげてやれば「引き金を引くと同時に 波動砲砲口部が光る」ギミックが作動する。
なお 動作には 単4電池×2(別売り)が必要。これに不満を持つ人もいるかもしれないが 玩具単価が上がっている現状を思えば 未塗装も含めて仕方ないかと…。

ところで 銃器玩具好きとして ちまちま気になったのは…、
 「正体不明の引がね近くのダイヤル状パーツ」と「上面とボルトの溝」
「正体不明の引がね近くのダイヤル状パーツ」は モールドが甘いため このモールドの存在感(ここにある必要性)が薄い。アニメでは表現されていなかったと思われるが、位置的にH&K VP-70のような クロス式セフティを思わせる造型は出来たのでは… と思ってしまう「上面とボルトの溝」の不満は まず 本体とボルトの高さが揃っていないこと。
この溝は 位置的に単なる溝ではなく波動砲発射の際 前面のターゲットスコープで照準を定める為の物ではないだろうか…ぐらいの想像を刺激するつくりであっても良かったと思う。

1/655 『光る 波動砲ヤマト スーパーメカニクス』
大きさ と 価格を思えば 「ヤマト」完成品としてはお気に入り。サイズ的には 2年程前に発売された食玩具の内部構造再現モデルに近い。モールドや各部バランス・位置で 残念な部分もあるが 塗装済の完成品価格を思えば 悪くないと思う。
ギミックとしては…。
○ 主砲の旋回・砲身仰角の変更(手動)
○ 大気圏内用 翼の展開(手動)
○ 第三艦橋 搭乗ハッチの開閉(手動)
○ 「波動砲 砲口部 発光」(作動の為には 1/1 『波動砲発射 引き金』と単4電池×2の別売りが必要)
あえて 不満を書けば
○ 副砲が接着で動かない。
○ 「波動砲 砲口部 発光」ギミックを動作させる為の電池BOXとコード接続 の位置。
だろうか…。

今回の1/1 『波動砲発射 引き金』は 玩具としては価格を思えば面白いと思う。特に バンダイの大きいヤマトのリモコンに不満を持った方は 手元に置くモデルとして購入をお勧めしたい。
それにしても ボルトと引き金の連動ギミックをガチャガチャ遊んでいると 同社の『コスモドラグーン』と『重力サーベル』はもう少し 何とかならなかったのかと 少し残念に思えてくる。

ところで 次は『コスモガン』出ないかなぁ…。
80年代 「コスモドラグーン」と同時期 一度マルシンが 見本市で試作品を発表するが発売せずの一品。
もし 発売されるならば 音声ギミックが搭載されなくとも 引き金と連動してボルト動作するだけで嬉しいのだが…。願うならば 「古代守」「古代進」の名前入りで展開するとか…

いやはや 相変わらず物欲だなぁ…(笑
posted by DOBUROKU-TAO at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具・オマケ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック