2008年11月10日

「タナカ」ガスガン カシオペア シリーズ が実銃と判断された事について…(アサヒと 国際の規制製品の構造の違いを追記・訂正…08.11.10) (2008.11.09…モデルガン・エアーガン ワシも考えた)

「㈱タナカ」(東京 北区)の製造・販売した カート蓄圧式 ガスガン 「カシオペア」シリーズが実銃と判断された。
Doburoku-TAOが この件を知ったのは 今朝おきてTVのNEWS。(08.11.09 TBS 11:00ごろのNEWS)

「タナカ」の今後と、一般市民に既に販売されたカシオペア方式の「S&W M500」系 及び「SAA」系がどのような扱いになるかは 発表待ちとなる。

過去にも 蓄圧式カートリッジ使用エアーガン 実銃判定された機種としては 国際「M-29」と アサヒ「M-40」(この機種に関しては 専用ポンプよる 蓄圧式 カートでガスガンではない)があるわけだが 今回のタナカの「カシオペア」が危険と判断されたきっかけの事件は何だったのだろうか…?

国際の「M-29」 金属製カートアダプターを製作すると実弾が撃てる…( ライバルメーカーが作成し 実弾を撃てると警察に持ち込んだとの 噂あり…(笑 )→国際の問題点 ハンマーの打撃が実銃のように カートリッジ後部を直接叩く。

アサヒの「M-40」 もともとアサヒ関わりのあつた 人物が「M-40」用の実銃用カートアダプターを製作。米国に持ち込み 発射実験。この模様を 読売TV の番組で報道し キャンペーンをはる。
ちなみに この報道には後日談があり、発射実験が行われた 米国では堂々と届出のない銃器(密造銃扱い)が製造・発射された事で 米国側で問題となる。
ま、 同人誌と専門誌が代理戦争していたのは 今となっては過去の話か…

→アサヒの問題点 ファイヤーリングピン等がカートリッジを叩く方式ではないが、「日野・小室 式拳銃」のように 薬室に装填されたカートリッジが勢いよく後退する事で 固定されたフィやーリングピンにあたって発火できるよう改造しやすい との判断。

さて、 タナカのカシオペアの件で ネットで検索をかけて見ると…
意外と 「改造可能なエアーガンが…」云々と騒いでる人が多いが イメージが先行しているようで 現物を持って検証している人は少ないようだ。

そういう Doburoku-TAOもタナカのカシオペア シリーズは持ってないが、製品の構造図を見る限り 規制された理由は? だったりする。
ご禁制品となったゆえ、もう製品を目にする事は無いが、興味をもたれた方は

月刊『Arms マガジン』2008年11月号
p-194 「トイガン 解体新書」 青谷三郎 「タナカ Model 500」

を 是非見て欲しい。
白黒写真を多数使い。製品を分解し 構造を解説している。
この記事の写真を見る限り カシオペアのハンマーの打撃は 直接カートのセンターを叩いていない。
見れば見るほど 考えれば考える程 ?だが クロと判断されたら仕方ないか…

勿論 法治国家ゆえ OUTの物はOUTなのだし、「法の判断には従う」
提出なんか求められたら 購入費用は返還されない訳で… 買ってなくて良かった…最後は物欲と金銭欲かい…。

この記事へのコメント
この手のニュースがでる度に思うけど、そもそも実包の入手すら困難な日本で、ここまで騒ぐのは不思議でならない。
アサヒの時もそうだったけど、そこまで改造したらなんだって密造銃じゃないか。
そこらの中学生がこのモデルガンを手に入れたところで、殺傷力のある銃に仕立てる事は、まず不可能。
第一、実包を入手できるような人間なら、そんなモデルガンを使用するまでもなく、鉄パイプだろうが何でも密造銃に改造する事は容易いわけだし。
そんな事よりヤクザが大量に保持している銃器をとっとと没収しない限り、恒久平和などあり得ないのでは。
ただ、この手のニュースもヤクザの銃器に対する話題に転嫁する事で恒久平和に役立つ可能性は否定できないが。
Posted by けんたろう at 2008年11月10日 08:45
けんたろう さんどうも

今回の一件で 気がついた事のひとつに
まず 「実銃認定 云々」の尻馬に載り、どのような製品かを検証することなく マスコミだけではく 危ない危ないだけを書き散らしている個人が多い事でした。

また 「蓄気型カートリッジ」云々で この製品の問題点を語る人が多いですが、国際にしろアサヒに しろカートリッジが問題になったのではなく 各社の蓄気式カートリッジ専用の玩具銃の構造が 容易に実銃化できる点が問題になったという所をすり替えて(混同して)「蓄気式カートリッジ」云々で語っている人が多いような気がします。

ところで 私は細かいことが気になるのですが まずモデルガン とエアーソフトガンは 供に玩具銃ではありますか製品としては性質は別物です。、マスコミも含めて 混同(故意?)して語句を使う姿勢は好きではありません。
またカシオペアは18歳以上 販売対象の製品であり 中学生及び児童は本来入手不可能な製品です。

あと 日本国内に出回っている実銃の摘発は勿論大事な事ですが…
「Aの問題 を論じるぐらいなら Bの問題を何とかしろ」
という 論じ方は 単なる問題点のすり替え以外に、問題点を羅列することで満足し Aの問題点もBの問題点も 考えることなく終わってしまう事が多く、考え方としてはあまり好ましく思えません。

本来 「タナカのカシオペアの実銃 認定」件の疑問点は カシオペア方式のカートリッジを使う タナカ製品のどの部分を 警察が危険と判断したか(実銃化しやすい)提示されていない事だと思っています。
なお警察が 今回タナカ製品を改造し実銃化した方式については 現用銃的なアプローチではなく 久米通賢による 芥砲 などを参考にしているのではと思っています。 
Posted by Doburoku-TAO at 2008年11月11日 00:14
死ね打たれろ
Posted by 石橋ひろと at 2008年11月12日 16:27
石橋ひろと さん

けんたろう さん
の 関係はわかりませんが…(笑

業者・広告ならば 無条件削除ですが 自称 石橋ひろと さんの貴重な意見ですので 残しておきます。…いくら なんでも 気に入らない相手の名前を騙って投稿するほど 卑怯者ではないでしょう。

また、参考資料として折角ですから
石橋ひろと→IP 219.166.213.24
公開しておきます。
Posted by Doburoku-TAO at 2008年11月16日 11:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック