2008年10月26日

モデルガン小ネタ集…言い放しの宿題の穴埋め 兼ねた 所詮は持ち物自慢…(笑 金属モデルガン モーゼル系と オートマグ 金属系の事…(モデルガン・散財・昔話 08.19.26)

久々に モデルガン置き場を触ったので …

小ネタその1…「モーゼル ミリタリー」系モデルガン

画像…金属 モーゼル3種 下より 旧ハドソン、ハドソン M1930(スタンダード 1978年購入)、MGC(最終期 消費税実施 直前購入)画像…金属 モーゼル3種 カート比較 下より 旧ハドソン、ハドソン M1930(スタンダード用)、MGC

手持ち 金属「モーゼル ミリタリー」 4丁から 3機種を…。
上画像 左…金属 モーゼル3種 下より 旧ハドソン、ハドソン M1930(スタンダード 1978年購入)、MGC(最終期 消費税実施 直前購入)

巷ではいろいろ言われているが 上のカート比較画像を見てもらえば判るが 少なくとも1978年販売されたハドソンのスタンダードモデルに付属するカートリッジに関しては ちゃんとクビレ(ボトルネック)があった。
上画像右…手持ち金属 モーゼル3種 カート比較 下より 旧ハドソン、ハドソン M1930(スタンダ用)、MGC 最終期 消費税実施 直前購入)

他所に書いたが おこずかいを貯めて買った ハドソンにはどうも評価が甘くなってしまう。
さて 次に手持ちABS判(マルシン・マルイ)も含めて ネタで取り上げる機会があるとしたら 手持ちLS ストック付を 仕上げたときだろう…(何時になるやら)。

オマケ…幻のモーゼル
Doburoku-TAOにとって幻の「モーゼル ミリタリー」は ジャック天野氏が Gun誌 連載「モデルガン ダイジェスト」でハドソン 1930をレビューした際 記述された 香港製輸入品(ホンリュウ 関連?)のプラ製 ゼンマイ駆動のモーゼル ミリタリー。
ゼンマイの力で トリガーを引くと薬夾を排出していたらしいが、出荷の際つけた油のせいで 破損していたとか…。現存するならば 一度見てみたい。
国際に関しては 目黒直営店 名物おばさんに90年に店頭で伺った話(国際ABS 「ブラックホーク」出荷のテンプラモデルの一件)があるので 今ほどABSと油の相性について 蓄積が無かった時代を思えば 充分ありえる話。

小ネタその2…金属「オートマグ」系モデルガン

画像 左…マルシン オートマグ (1980の刻印のあるVer、グリップはガスガン用 木製と交換済)画像 右…国際 オートマグ(複数のパーツが転用パーツ使用のレストア品)

Doburoku-TAO手持ちの金属製 オートマグは「マルシン」(画像…左側) と「国際」(画像…右側)の2丁のみ。もっとも 国際に関しては90年代に 前撃針なしの箱入り 未発火ジャンクを入手、欠品の(ネジ、スチール ボール、マガジン)等を 市販品を転用しレストアした物。コレクション状態の 程度で言えば 低いランクとなる…(動作確認できる物さえあれば 満足する口なので自身でレストア物でDoburoku-TAOには充分満足なのだ…(笑 )。

画像…マルシン用マガジン(左側)と マルシン用 加工 国際対応用(右側)国際のマガジンは マルシンの再販品を加工して使っている。マルシン製を少し短くし、マガジンキャッチのかかる溝を加工、リップを広げてやれば マルシン用が転用できる。
左側の画像…マルシン用(画像左側)と マルシン90年代再販品加工 国際用(画像 右側)


画像…国際 オートマグと 設計者 津野瀬光男 氏の著作画像…国際とMGC の比較 リアサイトを基準に並べてみた MGCは一回り小さい。

国際製品の設計は 64式小銃の設計に関わった 津野瀬光男 氏。
氏のモデルガン開発に関わったいきさつ 及びオートマグの図面 などについて興味をもたれた方は 氏の著作「小火器 読本 …黎明期の火砲から89式小銃まで」 かや書房 1994年発行 を参照に。
因みに MGC(ABS スタンダード仕様)は国際と比べると 上の画像のように 一回り小さい。

オマケ…未入手 幻?の「オートマグ」プラモデル。
Doburoku-TAOが欲しくて探しているが オークションでは高値過ぎて手が出ないのが アリイ(有井製作所…現 マイクロエース)が1983年ごろ販売した 「オートマグ 」(カートレス BB弾 エアーガンプッシュコッキング式 仕様)プラモデル 2種のうちの「ショート バレル」。
現存数が少ないのは 販売数云々より 購入者がせっせと作って遊んで消費されたという プラモデルとしては幸福な商品だったと思っている。
オートマグ マニアは憤慨するかもしれないが 「ショート バレル」というのが変わった物が好きな心を刺激する…。
手に入れたら手に入れたで 悩むのだろうが…

といった訳で所詮は 持ち物自慢と 物欲話 を終了…(笑

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック