2008年10月19日

片付けついでに…(手持ち金属モデルガン 「ワルサーP-38」3種) …(モデルガン・エアーガン 08.10.19)

「幸せ趣味」さん のブログの 金属製モデルガン「ワルサー P-38」の記事をよみ 手持ちの金属モデル三丁を久々に 引っ張りだしてみた

国際「ゲシュタポ」MGC「アンクル (SMG版)」マルシン「コマーシャル」

左から 国際「ゲシュタポ」、MGC「アンクル (SMG版)」、マルシン「コマーシャル」
(MGCを除き もらい物だが…)

国際 製品の詳細と評価に関しては 「幸せ趣味」さん のブログを参照にしてもらったほうが正確で確実だと思う。

マルシン のコマーシャルだが 仕様は…
1、セフティは 発火用ブロックを直接ロックするのみ、デコッキング機能なし。

2、エキストラクターはプレス製で可動式だが 発火用ブロックと供に 前後する。
画像…マルシン 金属P-38 コマーシャル スライド下面より
 画像はスライド 下面より(カートリッジ をエキストラクターにかました状態で 撮影した

3、マガジン サイズはABS版と共通(MGCにも転用可能かも…)



4、ロッキングブロック は可動する。
画像…マルシン 金属P-38 コマーシャル ロッキングブロック部(右側より) ロッキングブロック部の スプリングに注目。同社のABS「92F」のご先祖様…(笑

5、カートリッジ インジケーターは再現されている。

6、シアー 及び トリガーバー は鉄製。

残念ながら ハンマー とシアー の接点が磨耗してきたため ハンマースプリングを弱めにしているが ハンマーのコッキングが旨くいかなくなってきた。
ABS 版の手持ちパーツを組みこんでレストアを検討する時期にきているのかも…

ところで Doburoku-TAO はマルシンの最初のABS版(擬似ショートリコイル ギミックがないVer.)は持ってないので比較できないが、金属モデル、最初のABS製品、ABS擬似ショートリコイル搭載モデル の3種を比較すれば 面白いかもしれない。

ま、かれこれ 30年前の製品といえば製品だったりする…

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック