2008年10月03日

大阪 難波の「個室ビデオ店」の火災で思う事…(わしも考えた 08.10.02)

最近TVで話題になっている火災のあった「個室ビデオ店」
場所は 「ナニワ ガン ショップ」の目の鼻の先で 向かいは古書店で 以前はジャンケンで勝ったら割り引きで有名だった居酒屋と記憶している。

この事件でDoburoku-TAOが真っ先に思い出したのは  神戸 三宮であった「テレホン クラブ放火事件」(同業者が 嫌がらせで 放火したという陰惨な事件だった)だったりする。

あの事件直後から 条例など厳しくなり 大阪に関しては「テレホン クラブ」などの風俗系の店は 「なんば」周辺に集中するようになった。
そんな 難波でも 病院や教育機関との 位置関係から 「テレホン クラブ」など系の店が 「個室ビデオ店」に店換えしていったと記憶している。

そんな 出会い系云々の昔話は横において この火事でDoburoku-TAOが気になるのは「個室ビデオ店」や「ネットカフェ」などの今後。
この種の店舗が オールナイトのポルノ映画館やサウナ とともに その泊まり料金の安さから 自分の住所を持たない労働者(フリーター)の簡易宿泊所(一時避難所)として機能していた事は 想像できる。

安全を前面に押し出して これら店舗の営業に規制をかけ 取り締りが厳しくなる事も予想できるだけに、そういった店舗を利用する事で生活している人々がいる事を視野にいれて 行政は対処して欲しいと 切に願う。
posted by DOBUROKU-TAO at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック