2008年07月13日

「最近の おスズメさんと と やもり さん」(08.07.05)

流石に 夏ということで やってくる おスズメさんも 口が開きっぱなし。
今年は 子スズメ を連れだってくるグループは集中せず。5月から週に1~2組。
我が家には 先週までは 子スズメを見かけていたが 今日は見ていない。
でも 鳴き声はするので 暫くは 町を歩いていたら 薄いほっぺのグリグリを見つける事だろう。

かわった 訪問者としては 一度 ひよどりが 近くの電柱に子供をつれてきたこと。羽を震わして おねだりする様は おスズメさんと 同じ。

一時期 姿を消していた やもりさん も最近訪ねてくるようになった。
6月上旬に 一度来ていたのだが 2匹が同じ網戸で 出会い喧嘩しだした。
1分程で終わった喧嘩は 小さい方が腹をかまれて 逃げる様子を目撃。
それから 暫く見かけなかった(気がつかなかっただけ?)
最近は20時間帯 と22時間帯 と お互い会わない努力をしている模様(笑
網戸を 体をくねらせた姿勢で待機状態の やもりさん を見ていると エッシャーの版画のポーズを思い出す。

ところで 最近 近所のBooK-OFFで やっと見つけて買って読んだのが…
クレア・キップス 著 大久保 康雄 訳
「小雀物語」(小学館ライブラリー712 1994年)
第2次世界大戦中にクレア・キップス婦人が 拾った 子スズメがクラレンスと名づけられ 成長し 成人し老衰で亡くなるまでの 日々をつづった著。
クラレンスのスズメの種類はイエスズメ と言われる種(日本のスズメ はヨーロッパでは ツリースズメ と呼ばれている)。
その生涯 12年と7ヶ月と4日。スズメ種の記録が残されている中では一番の長寿種記録ではないだろうか… 

ところで クレア・キップス婦人の  大戦中の生活をつづった部分には クラレンスのことを除いても 今読んでいる文庫に関わる興味深い点が… ま このネタはそのうち…

posted by DOBUROKU-TAO at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | すずめ スズメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日会社へ行く途上でカラスの親子を見掛けました。
おそらくオスと思われるヒナ鳥が母親に羽を膨らませて
ちょっと変わった声でおねだりしていました。

ガラだけは十分母親以上のナリでしたので、
最初は求愛行動かと思ってしまいました。

この季節はスズメもツバメも巣立ちの時期みたいで微笑ましい光景を目にしますね。
Posted by papa at 2008年07月15日 01:18
papaさんどうも

巣立ち前の スズメの親子連れをみていると 親と同じぐらい模様もはっきりしているくせに 嘴がまだ黄色で おねだりモード全開のがいますね。

巣立ってからも 群れに混じって行動する 若鶏の中には 雛の時の癖が抜けず 餌が足元に転がっていても 周りの大人に 羽を細かく震わせて おねだりモードをしてしまう子もいます。

そういえば 周囲の大人も 嘴の黄色さで 無意識で咥えていた餌を与えてしまい。後で 唖然としたのか 固まってしまった大人のスズメを見たこともありますよ。

はじめは群れの 端っこにいた子も だんだん前にくるようになる頃には 体の模様も 頬のぐリグリもはっきりしてきて 自然と大人の仲間入りをしているようですね。

そういえば 私も近所で カラスの親子連れを見たことがありますが、雛は なんか動きが ポワン としており 緊張感というか警戒心が薄いですね。 やっぱり 子供なんだなぁ と思ったことがありますよ。

書き込み ありがとうございます。
Posted by Doburoku-TAO at 2008年07月16日 00:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック