2008年06月08日

「08.06.08 秋葉原 無差別通り魔 殺人事件で思うこと」(08.06.08)

私は 私自身が何故 まだ生きているかと 考えると
死という機能停止の日までの時間を埋める為だけに
「日々 ルーチンを 何れくる日の為に 消化する為にこなしているだけ…」
と思うときは多々ある。
そして 自分の中身や存在の無意味さに 虚ろになる。

しかし 言ってしまえば このような問題は Doburoku-TAO自身の問題に過ぎない。
「『私は寂しい』でもそれは『私 自身の問題』 」
ともいえる。

このような
「生きているからくる 寂しさ」
は 各自で対処方法を見つけて 他人を巻き込まず解決(自分以外の人と 人間「社会」の中で 共存する為に)するしかない とさえ思っている。

今回の犯人に憤慨するのは
『自分の問題を解決する 手段として 他人の これからの可能性を奪った事』
につきる。

この世が嫌で
『自分で自分の命を終える』
のは 各自の勝手だが もっともらしい理屈や理由を積み上げても 
『自分以外の人々の生き続ける事で生まれる 可能性を奪う』
理由にはならない。

亡くなられた方々の ご冥福をお祈りします。

追伸…その1
この事件の発生した場所 から 「オタク」云々だから…と適当に片付けて 理由付け や 説明され 皆がわかったようにならない事を願う。
第二の「宮崎勤 事件」(オタクをとりあえず叩けばOK)とさせない為に…。

追伸…その2
岡田斗司夫の「オタクはすでに死んでいる」(新潮新書 2008年)の持つ 以前読んだような どこかから 剽窃したような稚拙な雰囲気を 検証したく、村上龍 「寂しい国の殺人」(シングルカット社 1998年)「イン ザ ミソスープ」(読売新聞社 1997年)を読みなおしていた最中にこの事件が起きた事が 気持ちを暗くさせる。 

posted by DOBUROKU-TAO at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて訪問します。はじめまして。今回の事件を聞き、村上さんが何かコメントを出してはいないかと関連の記事を探していましたら(この事件を聞き、村上龍さんが小説で言っている事を幾つか思い出したからです)目にとまったので立ち寄らせてもらいまいた。
わたくしも管理人の方が書いた文章に共感です。容疑者には家族や周囲の人、社会に責任転嫁する考え方の生き方ではなく、等身大の自身を見つめ精神的自立の道を選んで欲しかったと思います。逮捕時の映像を見ると容疑者はまるで子供の様に見えます。家族との問題等いろいろあったとは思いますが、どうにか自身で成長できなかったのかと思います。容疑者には加藤諦三さんの本を読んでもらいたかったと思っています。管理人さんが書いている「『私は寂しい』でもそれは『私 自身の問題』 」、人は家族や周囲との関係によって成長しますが、最終的にはそういう事なんだと思います。人は過去を引きずったり、境遇を嘆いたりしますが、それでも多くの人が生まれた環境の中、自分がどう生きていくか模索しながら共存の道を生きているんだと思います。自身のできる範囲で、自身の希望する生き方を見つめながら生活していきたいそう思いました。
長くなってしまいましたが、管理人の方に共感し書かせていただきました。最後まで読んでいただき有り難うごさいました。
Posted by ITOU at 2008年06月11日 02:32
ITOU さん 初めまして

今回の秋葉原の一件に関しては 偶然とはいえ 村上龍氏の「寂しい国の殺人」を その時 読み直していた最中だった事で 犯人に対して 自分なりに見えたこと と 自分との対比が出来たのだと思います。

多分 この本を読んでいなければ 画面を賑わす報道される情報におぼれて「犯人はどのような個性」ばかりを追いかけて 知らず野うちに流されて「虚像を育てて」しまっていたと思います。

ところで 犯人とこの事件関して もう一つ思う事は 
犯行に及ぶまでに使った金額(ナイフ購入金額 や レンタカーの借り代)を検証する必要です。

軽く 見積もっても5~10万円は 使っている事です。

彼の凶行 を『社会の犠牲者 云々』の擁護もありますが…社会制度に問題無しとはいいませんが…)、この事件に使った金額を考えれば考えるほど こんな犯行に使わずとも やり直す為の自分への投資は出来たのではないかと…

こんな事をしでかす位ならば この金で風俗でも行って抜いてもらっった方が 財布も頭のしこりも落ち 生きていくうえで物事を考える(むなしさも含めて)得る物があったのではないでしょうか…

 今回の事件 お金の使い方も含めて 自分の生活を見つめなおすほうが 犯人のキャラクター考察よりも 私は得るものがあると思います。

書き込み有難う ございました。
Posted by Doburoku-TAO at 2008年06月12日 00:51
お返事ありがとうございます。

≫ 今回の事件 お金の使い方も含めて 自分の生活を見つめなおすほうが 犯人のキャラクター考察よりも 私は得るものがあると思います。

ほうんとうにその通りですね。この数日私は容疑者のことばかり考えていて、自分のいろいろな問題を蔑ろにしていた感がありました。
今一度落ち着いて自分の生活と様々な考えに目を向けようと思います。
Doburoku-TAOさん勉強させて貰いました。有り難うございました。
Posted by ITOU at 2008年06月12日 14:47
≫今回の事件 お金の使い方も含めて 自分の生活を見つめなおすほうが 犯人のキャラクター考察よりも 私は得るものがあると思います。

その通りですね。この数日事件の事ばかりに目を向けていて、自分のいろいろな問題を蔑ろにしていた感がありました。
今一度自分の生活にしかっりと目を向けたいと思います。
気づかせてもらいました。
Doburoku-TAO さんありがとうございました。
ではまた。
Posted by ITOU at 2008年06月13日 12:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック