2008年04月23日

「弁護士」って人種は… 山口県 光市 「母子陵辱殺人」判決について …(2008.04.23)

判決については Doburoku-TAOは当たり前と思う。

で、
弁護側
…「殺された人間の人権と尊厳」は無視し、法で犯人の生存権を勝ち取ろうとする。
「殺された人間」は「殺され損」ではないのか…

橋下 弁護士
…日本TV の番組を使い この事件の「弁護士」に対して罷免請求を呼びかけた。
判決がこうして出た今、その番組の中で
「積極的に関わっていきたい 云々…」
と発言した以上。 何かを語るべきである。
選挙工作のための 売名行為(宣伝)でないならば…
あと 質問されても泣かないように
posted by DOBUROKU-TAO at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック