2008年04月20日

最近気になる TOYGUN 関連…物欲 その2って…(笑 (08.04.20)

頑住吉 氏の新作「26年式拳銃」の進展も気になるが…

昨年から HPを定期的に覗いていたのが、「0011 ナポレン ソロ」に登場する 「UNCLEカービン」関連の モデルガン・ガスガン用プロップ再現用パーツを出していた「ロジック」さん。
ここより 
「モーゼルM1914 初期型 UNCLE」カービン用 
      レジン製「モーゼル M1914」
が 発売に向けて動いている。

原型は既に完成しており、HPを覗いたところ 先月から 複製作業に入っている模様。
HPを見る限り スライド可動・マガジン脱着・トリガー可動 のギミックがある。
折角だから 手持ちの頑住吉 氏作 擬似ブローバック・中田製品 文鎮と 是非並べてみたくなった事と、メーカーからモデルガン化される可能性が薄い事で、
アクションの頑住吉氏 製品・重さの中田 製品・手動 装填モデル化ベース と 着せ替え のロジック 製品 
と使いわけて遊べないかと ふと考えた。

といった訳で「ロジック」さんに メールで問い合わせたところ…
発売時期は 確定していないものの 予定価格と 仕様のみ教えてもらった。
少なくとも 現時点では キットではなく 塗装済み完成品として まず「モーゼルM1914」単体を販売する模様。
価格は 銃単体は 頑住吉氏より 安くなる様だが…
(個人的には 未塗装キット版 でもいいんだけど…(笑 )
この辺り 正式な仕様・価格や発売時期は まだ「ロジック」さんからの 販売開始 連絡待ち

頑住吉氏 製品も中田 製品も 絶版状態の現時点においては 唯一手に入る「モーゼル M1914」となるわけで…
素材に馴れると レジン製モデルガンは 強度やギミックで制限があるとはいえ 製品化されている機種は面白い物が多いので楽しいのだが…

ま このあたりは好みの問題なんだけどね…(笑 
posted by DOBUROKU-TAO at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | レジン系 TOYGUN関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック