2007年09月17日

ジョン ウェインの遺作「ラスト シューティスト」冒頭のシーンが印象的!! ↑ (と書いてるが ネタはLS製「レミントン ダブル デリンジャー」)

松尾社・LS社の「P-38」の「プラモデルガン」話(自慢話…(笑 )の流れを書いたついでに 同じLSの「プラモデルガン」の話を…

LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」Doburoku-TAO
画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」 箱と塗装済完成品


LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」未組立状態(メーカーエラー品で薬夾パーツ欠)Doburoku-TAOLSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」 完成品を付属スタンドにセットDoburoku-TAO

上左画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」未組立状態(メーカー出荷時エラー品 ブリスター内薬夾パーツ欠品)
上右画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」 完成品を付属スタンドにセットした状態。

 と、いった訳で 今回取り上げるネタはLSの「レミントン ダブルデリンジャー」
物は既に連休前に組み上げており、某掲示版様に文章をまとめかけていた物を 書き直してみた。
ま、手抜きだ…(笑

LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」右側面」Doburoku-TAOLSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」左側面Doburoku-TAO

上左画像…LSプラモデル 塗装済完成品「レミントン ダブル デリンジャー」右側面
上右画像…LSプラモデル 塗装済完成品「レミントン ダブル デリンジャー」左側面

LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」右側面(バレル開放状態)Doburoku-TAOLSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」左側面(バレル開放状態)Doburoku-TAO

上左画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」右側面(バレル開放状態)
上右画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」左側面(バレル開放状態)

LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」バレル上面刻印(文字は凸刻印)。Doburoku-TAO 左画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」バレル上面刻印(文字は凸刻印)。

今回はDoburoku-TAOには珍しく、ちゃんと組んでいたりする(笑。
 入手したのは今年の春先で、ネットオークションにて。
購入した物は外箱がなく、部品もインスト(英字版)も袋に入った状態で出品されていた。
 LSの「プラモデルガン」といったら 箱の中に部品がブリスターパックされたイメージが強いので 出品された商品の画像を見た時は?と正直思った。
 現物が届いて、開封しインストが輸出版とわかった時には、この商品の状態がなんとなく納得できた。LSが倒産して暫くたってから、日本国内に「プラモデルガン」の輸出版が出荷されて市場に出回った事がある。その時、DOburoku-TAOが入手した「南部14年式」は、従来の日本版製品とは違い「箱のサイズが変更(小さくされたうえ箱絵はトリミングされている」され「部品が全て袋に詰められた状態」で出荷されたものだった。
 オークションで出品された(入手した)このデリンジャー、最後に出荷された商品ではないかと思っている。
 箱が無いのは模型マニアの常で、複数買いをした結果、置き場の確保で 同じキットを一つの箱に詰めて保存していたからではないかと…。ま、組む前提で入手した物。安かったし箱が無くても 今回は気にならなかったりする。
(2011.09.02 追記…画像の未組み立て品は後日入手した物、メーカー出荷時にカートリッジケースが欠品しているエラー品)

LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」部品展開状態(製品仕様のままでは分解はできない)。Doburoku-T左画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」分解し部品を展開した状態

 画像は、分解し部品を展開した状態(左画像参照、製品仕様のまま組んだ場合は画像のようには分解は出来ない)。
 ところでこのデリンジャー、ネットでレストアしている方の文章など読むと「その評判」はあまりよくない。
 デリンジャーの部品構成そのものは、そんなに複雑な物ではない筈。ましてやMGCのモデルガンのコピー製品。
ケチなDoburoku-TAOが組んだのも、動作しない理由がどこにあるかを知りたかったから…(相変わらず 動機がひねくれているのだ…笑)。

今回の組み立てで 手を加えたのは次の3点
1、 フレーム挟み込みのトリガーを、トリガーの軸を切り 穴を開けなおし フレーム側の穴を貫通させて タミヤ3mmプラ丸棒でトリガー軸を製作。分解出来るようにした。
2、 フレーム挟み込みのバレルを、バレル側の軸を切り穴あけ フレーム左右から3mm マイナスネジで固定した。尚 ハドソン ABS「デリンジャー」の様にピン止めで良かったが、 左右から挟みこむようネジ留めしたのは LSのフレーム左右にマイナスネジのモールドがあるから。
3、 SAAと共通のカートを使用する カートはナゼかリムレス、エジェクターの形状を変えて エジェクターが使えるようにした。

LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」エジェクターが機能するよう手を加えた物。Doburoku-TAOLSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」エジェクターの部品状態 この形では機能しないDoburoku-TAO

 左画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」エジェクターが機能するよう手を加えた物
 右画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」の「エジェクター」
 (ランナー付属状態) この形のままではカートリッジケースにひっかからなくて機能しない。

 因みに、LSのプラモデルガンの「ワルサーP-38」(初代・2代目供に)「ルガーP-08」[「デリンジャー」「モーゼル」「SAA」「ガバメント」「コンバットマグナム」は共通のカートリッジパーツを使いまわしている(弾道部だけ 1977年には銀メッキをやめ 延びた棒の途中の膨らみがなくなっていた)。
カートリッジ関連の話が出たついでに

LSプラモデル「レミントンダブルデリンジャー」組み立て説明図より、カートリッジ画(部品No19)に「松尾」社の名残が 左画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」組み立て説明図より、部品No19に「松尾」社時代の弾頭発射の名残あり

「デリンジャー」インストの部品展開図より、弾頭部(部品No.19)から延びた棒に注目。
このデリンジャーは,プラモデルガンが松尾社からLS社に移った後で出た商品だが、元の設計は松尾社時代に既にされていたのかもしれない(組み立て説明書の作画担当者は、単に手元の部品を見ながら描いた為 こうなったのかもしれないが…)。

LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」バレル内には段差がありカートが前方に抜けないようなっているDoburo左画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」バレル内には段差がありカートが前方に抜けないようなっている

 因みに ファイヤーリングブロックはカートリッジの縁だけしか叩かないし、バレルパーツは 弾頭先端部から径が細くなり カートリッジの弾頭部は前から抜けないようになっている。

 この模型の完成品で、時たま弾頭部やカートリッジがバレルに固着している物がある。これはバレル内にはみ出した接着剤が乾ききる前に、カートリッジを装填して放置してしまったからではないだろうか?

さて 実際組んで判った事
動作不良の原因
1、 セレクターの不調 その一
 …主な理由は ラチエットスプリングの形状と材質。銅製のため 力がかかるとラチェットを回転させるよりも フレーム横に逃げてしまう。
  材質を強めの素材に変える手もあるが、プラ製の部品に与えるストレスを考えて


LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」ラチエットを確実に機能させるため追加したブリッジ(ドライバーが示した先 左画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」ラチエットを確実に機能させるため 市販プラ材で追加したブリッジ(ドライバーが示した先)

 フレームに タミヤプラ棒 3mm角材を貼り、ラチエットスプリングがハンマーを起こした際、横方向に逃げないようにした。これは現物併せでの動作調整した。

2、 セレクターの不調 その2
 …トリガーを組み込んだ途端、ラチエットが利かなくなった。
理由はハンマーをコッキングする際、ハンマーとかみ合うトリガーから延びた部分がラチエットに干渉していた為。
 対処法としては、現物あわせで削って調整。今回組み立てに辺り、トリガーを分解出来るようにしていたのでストレスなく対処できた。

(参考画像)
LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」撃針が上の薬室をたたく状態(ドライバーが示した先)Doburoku- width=LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」撃針が下の薬室をたたく状態(ドライバーが示した先)。Doburoku-T

上左画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」撃針が上向(上の薬室をたたく)状態(ドライバーが示した先)…フレーム側面から撃針が少し覗ける。
上右画像…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」撃針が下向(下の薬室をたたく)状態(ドライバーが示した先)

 動作に関しての不調は、LSが商品化の際に「部品数を省略した為」に「調整が難しくなった事」が原因だと思われる。
ま、この製品が出た当時は今日の模型店で容易に入手できる「精密ヤスリセット」など無く、接着剤もプラモデル用しか入手しにくかった時代を思えば仕方ないと思う。
このキットは
「説明図どうり組んだのに動かない」→『駄目な子』
のレッテル貼りをされてしまったのではないだろうか。
 もっとも「キットはキットのパーツのみで造るのが正しい造り方」と考えてる人から見れば、動かして遊ぶ為にこのように手を加えるのは邪道だろうが…

 ところでこのキットに関してDoburoku-TAOは、「昔買い逃した製品」や「旨く組めなかった模型に挑戦したい」または「キットコレクター」のような方以外には正直「血眼になってまで探す事」はお勧めしない。
 デリンジャーで遊ぶならば、今でも入手が比較的 容易なハードフォード(CMC)やハドソンのモデルガンで充分だと思うが…。
ま、人それぞれの価値観なのだが…

2011.09.02…画像再撮影に伴い画像差し替え
2012.01.22…画像再アップ
2011.09.02「追加」
参考までに手持ちLS「デリンジャー」の「国内仕様」と「輸出仕様」の「組み立て」説明図を…

LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」組み立て説明図(日本国内版)その1 Doburoku-TAOLSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」組み立て説明図(日本国内版)その2 Doburoku-TAO

上左画像
…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」組み立て説明図(日本国内版)その1
上右画像
…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」組み立て説明図(日本国内版)その2

LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」組み立て説明図(輸出版)その1 Doburoku-TAOLSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」組み立て説明図(輸出版)その2 Doburoku-TAO

上左画像
…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」組み立て説明図(輸出版)その1
上右画像
…LSプラモデル「レミントン ダブル デリンジャー」組み立て説明図(輸出版)その2

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック