2007年09月01日

おっさん オタクのお出かけ(2007.09.01) 『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』観に行く 又は 宇多田ヒカルの曲は映画のエンドロール 向き

以前 零号機の新シールドの使われ方云々~と書いた後、気になっていた『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』を観てきた。

初日が1日(映画の日 一律1000円)という事もあり、朝早めに出かけたが…

観に行ったのは 梅田「シネ・リーブル」。初回上映が8:00 上映という事もあり、6:00前に自宅を出た。で、現地に着いたのが6:30.この時点で映画館の入っているビルを半周する有様。立ち見で観た。
これから観に行く人は 座りたければ 時間的余裕を持って一つ後の回を見るくらいの気持ちで行くか、社会人ならば レイトショー(21:00以降 梅田「シネ・リーブル」の場合)を利用するのがいいと思う。
 上映開始時刻も5分ほど遅れての開始だった。

ヤシマ作戦までを描いた今回の新劇場版は 事象の流れはTV版と差異がない。ただ 細部の設定に細かい修正と変更が加えられており、新作の劇場公開が進むにつれ 物語はTV版とは別物となるらしい(予定通り造り続ければだが…)。
ボケ~っと ロボット ロボット ドンパチ 嬉しいのDoburoku-TAOdemoが気がついた点でも
1、使徒の番号に変更がある。
2、ネルフのスタッフはセントラルドグマ奥に隠されているのが リリスと知っている。
3、碇シンジと綾波レイ との交流は ゲンドウ側からのお膳立て
4、TV版では地球周回軌道よりも高く上がれなかった人類が月面に到達している(ゼーレ だけかもしれないが…)
5、ロンギヌスの槍の2本はあり、1本はネルフにある
6、渚カヲルの台詞は、シンジという存在を以前から知っている様子が伺える。
で、この映画の最大の見せ場は エンドロールの後の次回予告だろう。もうサービス サービス…(笑

画面的には 偏執的に 同じ物が 一つの画面の中で規則正しく同じ動きをする という描写(動きの約束)が繰り返され、CGの質感も重なり 観ていて心地よさはなかった(好みの問題だか…(笑 )。
またヤシマ作戦 の臨場感と物量感を出す演出で 変電機が大量にディーゼル機関車で運び組む画は効果はあると思うが 車両が無くなった後のレールを想像すると 12時間で設置が出来るかとついつい考えてしまい ハッタリだけかと白けてしまう。(物語と画的に面白ければそれで良し とも言えるがCG多用の弊害とも思える)
また 製作における台所事情かもしれないが やたら画面に 協賛メーカーの商品やお店が大写しになるのは…ま、いいけど(笑

この辺りはボケ~っと ロボット ロボット ドンパチ 嬉しい じゃない製作云々が気になる濃い人達は
『キネマ旬報 9月上旬号(No1490)』(820円)
特集記事でも読んで 思いをめぐらせてクレイ(笑
パンフレット(800円)同様劇場でも買えるから たまにはいいんじゃない(笑

ところで 零号機の盾については 構え方はほぼ垂直で TV版同様。
熱線(?)命中後 盾表面が揮発 構造材が見え始めた直後に 覗き穴のある小さい盾を残して爆散して溜め込んだ熱エネルギーを散らしたように見えたが、このあたりは設定画が発表されるのを 楽しみにしょうかなっと…笑う

さて 最大の山場の次回予告では 弐号・参号・四号に月よりの使者6号がちらりと登場。


この6号 そのポーズから山下いくと氏が 以前発表した「フォウチュン」と似ていると思うのは勘違いと思い込みかも…(笑
フォウチュン」→
山下いくと 氏・きお誠司 氏 共著
それをなすもの「新世紀エヴァンゲリオン」コンセプトデザイン ワークス
角川書店 発行 1988
を 参照。 
しかし、以前出した商品をベースに 商品展開を考えていた各メーカー担当者は 頭が痛いだろうな~。

ト、いったわけで この映画観た最大の収穫はネタを拾った事だったりして…(笑


posted by DOBUROKU-TAO at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・TV | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック