2007年05月18日

雀の子

我が家のベランダに やっと今年の雀の親子が来るようになりました。

今年は親子連れが来るのが遅い気がしていましたがこれで一安心 。

先週の中ごろに 最初に訪れた 親子は子供のくちばし端に黄色が残るも頬のグリグリがうっすら現れ出した 大きい子。羽を震わす 頂戴頂戴ポーズにも貫禄が…(笑
ここ数日に 着出した2組は連れている子雀は 頬のグリグリもまだなく 全身の毛並みがまだ ぼやけた感じの子達。親の横にすりより 甲高いこえで啼きながら 羽を震わせながら餌をねだっています。

子雀と言えば 数年前 帰宅途中にマンションの一階で元気なくうずくまっている子を保護した事があります。
自宅 に連れ帰って テイッシュを千切って敷き詰めた箱に入れていましたが ぐったりしたまま。
どうしたものかと 途方にくれていると丁度 同居人が帰宅。
箱の中身を見て、以前 小鳥を飼っていた当時を思い出したのか ストロで水をくちばしにあてがい始めました。
すると わずかながらも 水を飲む様子。
少し水を飲ましたあとで 同居人 ガーゼを湿らし 子雀のオシリ付近をマッサージしだしました。
暫くマッサージをすると 糞が少しだけ 出ました。
このあと小雀も少し元気になったようで 同居人はもう少し水を飲ませた後 元いた箱に戻していました。

彼女が言うには 以前買っていた 小鳥も たいがい 糞つまり が原因で元気が無かったと…。

箱で一晩 過ごした 子雀は 翌朝 箱ごとベランダにだしてやりました。餌を集団でたべにくる 大人の雀の群れに混じって飛んでいってしまいました。
子雀のいた 箱中には昨夜から夜明けにかけて 出した糞が数個が転がっていました。

ところでこの子雀 明け方 箱の中で サッシ越しに聞こえるベランダに来ていた大人の雀の声を聞いて ものすごい声で鳴いていたとか…
彼女は その鳴き声で目を覚ましたぐらい大きい声だったそうですが 私は気づかず寝とりました…鈍感(笑


雀の親子を みると 私は役に立たなかったわけですが ふと糞詰まりの子雀を思い出します。

posted by DOBUROKU-TAO at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | すずめ スズメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック