2007年04月21日

「やらせ」じゃないが…

晩御飯 食べて TVをつけると
「まず画面の中央クロの4点を見つめて下さい」
↓(途中で 画面に染み状の点が追加)
「20秒後に画面が白くなります そのときある画像が見えた人は 幸せになります」
↓(画面消える)
「キリストが 見えた人は幸せになります。」

TBSドッカ~ン!地球のナゾをぶっとばせSP


で放映していた。

でもこれって単なる
「残像現象」

「個人の脳の情報と図表のパーターンの認識の問題」

「個人が幸せに なるとは 関係ないのでは?」
幸せになれるという根拠のない情報で 人心を煽っているのではないだろうか?
(これって霊感商法の手口だよ)
キリストに見える云々も、お月さんをみて 「ウサギの餅つき」と観る人もいれば「カニ」や「髪すく乙女」と見る人がいる事例を思えば、「キリストにみえる」と決めつける事が いかにあやふやな事かと…


番組内で そのように見えた理由を種あかしをしてくれたならば まだネタとして安心できたのだが、「都市伝説」とぼかすだけ となると故意にやってるとしか思えない(私が説明を見逃しただけなら いいのだが…)。

それに「イエス・キリスト」が特定 宗教の象徴 であることを考えると このネタを製作したスタッフは
特定宗教の象徴を故意に取り上げた
  のか
  「単なる無神経なのか
が問題になるのでは?

どちらにしろ 
 この件はヤラセではないが ヤラセより目立たないだけに性質が悪いのではとDoburoku-TAOは思う。


ま、ドサクサ紛れでサブリミナル効果を狙った 画像処理がされていない事をあとは祈るか(笑 



posted by DOBUROKU-TAO at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック