2018年07月28日

今井科学 販売・金型製作(現 アオシマ 継続販売品)「ルガーP-08」改造「ベビールガー」用ケース…2018年07月28日

今井科学 販売・金型製作(現 アオシマ 継続販売品)「ルガーP-08」改造「ベビールガー」用ケース…2018年07月28日

2018.07.28製作ベビールガー用ケースその1.JPG

2018.07.28製作ベビールガー用ケースその2.JPG


画像…2018年7月28日製作 今井科学 販売・金型製作(現 アオシマ 継続販売品)「ルガーP-08」改造「ベビールガー」用ケース


 近所の100円均一SHOP「セリア」で売っているケースを使って、「ベビールガー」用ケースを作ってみた。


2018.07.28製作ベビールガー用ケースの素材.JPG


画像…100円均一SHOP「セリア」で売っているケース


2018.07.28製作ベビールガー用ケースとその素材.JPG

画像…製作した「ガンケース」と素材の比較。


 ケース全体にクレオスのクリアレッドとクリアブラウンを筆塗りし、乾燥後「フェルト」Gボンドで床面に接着。小物入れと銃抑えを兼ねた仕切り部を6㎜厚の板切れを切り出して接着しただけ。塗料以外は100円均一でそろえたものばかり。塗装も含め2時間ほどで完成。

 相変わらずいい加減でお手軽工作だが、「ベビールガー」も少しは見栄えするかと…


タグ…日記 コレクション 模型 プラモデル アオシマ 今井科学 カスタム TOYGUN ベビールガー 100円SHOP セリア


posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | カスタム・フルスクラッチ 系工作 | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

2018年07月21日完成 今井科学 販売・金型製作(現 アオシマ 継続販売品)「ルガーP-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?)」…2018年07月22日

2018年07月21日完成 今井科学 販売・金型製作(現 アオシマ 継続販売品)「ルガーP-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?)」…2018年07月22日


MGC「P08」と今井科学製品ベース「ベビールガー」その1.JPG


MGC「P08」と今井科学製品ベース「ベビールガー」その2.JPG


画像…MGC 金属モデルガン「ルガーP-08」(画像上)と、今井科学 金型

(現 アオシマ)「ルガーP-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?)」(画像下)


 最初に, 以下の文章は、私が忘れる前に書き散らしておこうという、まぁ個人的な思い出ですので、「TOYGUN」マニア様の皆様には無理して読んでもらわなくて結構です。皆様の貴重な時間を別のことにお使いください。


◎「ベビールガー」についてあれこれ

 52年(1977年)規制前後にモデルガンにはまった自分にとっては、Gun誌で永田一郎がまだまともな記事を書いていた時代に紹介した「ジョン・マーツ カスタム ベビールガー」は衝撃的な銃でした。この記事を読み、いつかこの銃のTOYGUNを手元に…と思った人は多分私だけではないと思います。

Gun誌のこの記事から約40年の間に、「ベビールガー」のSHOPカスタムは文鎮も含め何種類が生産され販売されました(記憶ではMGC ABSモデルモデルガンベースの東京ガンルームなど)。が、メーカーからは製品として通常販売されることはなかったと記憶しています、

ジョン・マーツ版カスタムについては、LS製品をベースに明石ただし氏が80年代前半 創刊間もない「コンバットマガジン」誌上で製作しておりました。その丁寧な工作もさることながら、仕上げに発色の良さからタミヤのエナメルを吹き付けることで、ブルーイングしてない金属地のモデルを製作していました。今更ながら気が付いたことに、ベースのLS製品を切り刻んで(動作調整をしたうえで)短縮フレームをつくる&加工したフレームをエナメルで仕上げるというのは一件地味ですが素材のみならず塗料の特質を知らなければ出来ない難しいカスタムだったと思います。

私自身は、今から30年ほど前(「80年代中頃」に東京マルイの「エアーガン」で一度「ベビールガー」を作ったことがあります(「Armsマガジン」創刊前の「Hobby JAPAN」の作例記事を参考にした記憶が…)。グリップのチェッカーリングを上手く再現できなかったのでポリパテで埋めてスムーズグリップとして製作しました。

その後、90年代になり、入手したMGCのABSモデルで製作を検討したことがありますが、バレルの加工よりもマガジンの加工の難しさ(マガジンの鉄の厚みと、ウェイトを兼ねたマガジンボトムの加工)で諦めました。


◎「32口径版ベビールガー」について

 「32口径版ベビールガー」は、「Armsマガジン」の高橋昇さん連載の記事で知りました。今でこそネット検索で(玉石混合で混沌としているとはいえ)いろんな情報が手に入りやすい環境ですが、当時のArmsマガジンの記事は、GUN誌などとは違う切口で紹介されており、とても新鮮でした(私は今でも雑誌の記事と書籍が大切な情報源です)。この高橋昇さんの記事の数行の記述と3枚の写真の写真から「32口径版ベビールガー」は…

1…WW2以前に何丁がつくられたが現物が行方不明

2…9㎜口径より一回り小さいフレーム

であることを知り、これに

1…「ジョン・マーツ カスタム」とは違うメーカー純正カスタム

2…TOYGUNカスタムで製作例を見たことがない

となれば、私のようなひねくれ者のオタク&コレクター心(他人が持ってない物を持ちたい)を引き付ける対象であることがわかるかと…


◎「32口径版ベビールガー」製作のベースついて

今井科学製ベースとなった「ルガーP08」と「ベビールガー」その1.JPG

今井科学製ベースとなった「ルガーP08」と「ベビールガー」その2.JPG


画像…ベースになった旧 今井科学 金型(現 アオシマ)「ルガーP-08」(画像上)と、今井科学 金型(現 アオシマ)「ベビールガー(32口径)」(画像下)


 今世紀になり「ベビールガー」を、自分で製作するうえで悩んだのは、何をベースに加工するかでした(30年前に比べるとベースに使える製品が少ない)。

サイズが近いマルシンのJrシリーズも候補に入れましたが、フレームのグリップ部の加工が難しく断念。

思い付きで今井科学製品の口径を測り内径8㎜と気が付いた事と、90年代に、同じ今井科学シリーズの「ベレッターM84」ベースで「ベルサ」(「Gun」誌の読者だった方にはミーハーぶりがわかるかと)を作ろうとして失敗した事でシリーズの構造を自分なりに理解していたこと、そして素材として買い込んでいた物があった事もベースに選んだ理由です。

マニア様方から見たら、現在も「アオシマ」で販売が継続されている「今井科学」製の本製品は、子供向けのちゃちな製品かもしれません(シリーズの商品の造形の差が激しい)。が、今井科学の本シリーズはエアーガンブーム黎明期(80年代)に、低年齢層で買える低価格・低威力機種(エアーポンプではなくスプリングで突っついてBB弾を飛ばす)など種類が出ていたことから、それなりに需要があった製品だったと思います。(余談…本シリーズも時期によって微妙な仕様変更があり、90年代に商標権を尊重する動きから、各銃器メーカーのメーカーロゴやマークが削り取られて 今井オリジナルに変更されています。)


◎販売・金型製作(現 アオシマ 継続販売品)「ルガーP-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?)」


2018年07月21日完成今井科学製品ベース「ベビールガー」その1.JPG


2018年07月21日完成今井科学製品ベース「ベビールガー」その2.JPG


<img width=


2018年07月21日完成今井科学製品ベース「ベビールガー」その6.JPG


2018年07月21日完成今井科学製品ベース「ベビールガー」その7.JPG


画像…今井科学 金型(現 アオシマ)ベース「ベビールガー(32口径)」


工作は高橋昇氏の記事の写真をコピー機で拡大して、現物合わせて(出たとこ任せ)でポリパテを盛りつけ加工しました。レバーの長さや面構成等々はベースなった今井製品のモールドを生かすようにしています。このあたりの迷走ぶりは過去のブログ記事を見てもらえればと思います。

またシアーなど内部パーツの配置の関係で、トリガーの位置修正はできませんでした(まぁ 加工する技術がないだけです)。またグリップ部は、延長した部分(ポリパテ)ともとのフレーム(ABS)の違う素材で構成されることからチェッカーリングをキレイに彫り上げる自信がなかったのでポリパテを盛りスムーズタイプに。分解レバー&マガジンキヤッチ部のチェッカーリング部は MGCのモデルガンのマガジンキャッチのチェッカーリングをポリパテで複製したものを貼り付けています。


「セフティーON」時.JPG

画像…セフティーON時


「セフティーOFF」時.JPG

画像…セフティーOFF時


 セフティーは、9㎜口径よりも小さい32口径のフレームにあわした部品構成になっています。で、外見加工とともに目立つので、内臓のシアーを直接ロックすることで ちゃんと機能するようにしています(位置関係が内部機構の関係で少しずれています)。


<img width=

2018年07月21日完成今井科学製品ベース「ベビールガー」その4.JPG



画像…トグルを上げた状態(折った爪楊枝を見えないところに挟んでいる)と切り詰めたマガジン



2018年07月21日完成今井科学製品ベース「ベビールガー」その8.JPG


画像…今井製品にはこの部分に今井科学のマークが刻まれています。


マガジンは切り詰めて使用。マガジンボトムは大きくしたフレームに合わせで大型化。もちろんBB弾発射ギミックは残しています。


◎「塗装について」

 塗料はすべてクレオスのラッカー系

下地に「艶消し黒を」吹き付けた後、下地としいて「銀」「金」「ブラス」の混色(銀より)をふきつけ塗装。乾燥後…

〇「グリップ」部

 「艶消し白」を吹き付けた後 買い置きの「151から154のパールカラー(現在はXC系統が出たため152から154は絶版)を真溶解液で戻して適当に重ね塗り。重ね塗りで割れたと塗料面(古い材料を無理やり使った弊害)は手持「メッシュパウダー」(ラベルを見たら「SFギャラリーモノリス」商品 死蔵していたんだなぁ…)をふりかけ穴埋めした後「ホワイトパール」を流し込み。乾燥後磨いて平面に。再度 パールカラー系を重ねてから乾燥後。スーパークリアでコート。手間はかかっているが雑なのは毎度のこと…。

ところでパール系に仕上げた理由はグリップのチェッカーリングが彫れなかったから。小型化されたフレームとトグルが持ち上がるルガーのアクションを思うと、グリップは滑りにくい素材が好ましい.はず(3連バースト搭載93Rの実銃記事に 射撃後の射手の疲労感が少ないことから木製グリップが採用された)。木目のスムーズグリップはふさわしくないので、逆に成金が見た目重視でグリップを選んだら…で塗装(レジン製品ならば象牙色にしていただろう)。

〇「本体部」

●トリガー・分解レバー・エキストラクター・マガジンキヤッチ

 下地の「銀」「金」「ブラス」の混色の上からGX系統「クリアブラウン」を吹き付け。

●フレーム・トグル・バレル

 下地の「銀」「金」「ブラス」の混色の上から薄めた「クリアブルー」「青」の混色を吹き付け。乾燥後「クリアレッド」GX系「クリアブラウン」を全体に重ね塗りをするわけではなく、アクセントをつけるために使用した。

 TOYGUN関連は基本「艶消し黒」で仕上げるが、今回はグリップに合わせて変則的に。90年代にLS「ピースメーカ」ベース「シェリフ」を作った際、下地「銀」の上に「青」を重ねて塗装した結果、その重量感のない色合いに辟易した反省から。今回は「クリアレッド」GX系「クリアブラウン」を使う事で多少は重量感が出ればと思っている。

なお、モデルガン関連のスプレーを使わない理由は、成分を信用していないから。今回のようにポリパテ・プラ板・ABS・ラッカー系被膜・タミヤパテのような複合素材で作っていた場合、下地に対する浸食が予想できないという工作面の問題あるから。

そして、生産国の気温・湿度・水の質と銃の鉄の質で発色が変わるはずの色(実銃デコは所有してないが 複数の実銃デコを見た限りにおいて多様な発色をしていた)を、特定のスプレー使えば「無条件にリアル」という風潮に、う20年以上の表現に自分はうんざりしているから


●「セフティー」

 「黒」「銀」(銀より)混色筆塗り。

〇「マガジン」

 下地に「艶消し黒」のあと、マガジンボトムは「ウッドブラウン」を吹き付け乾燥後にマジックと「レッドブラウン」で木目風に。乾燥後 溶剤で薄めた「クリアオレンジ」を「ウッドブラウン」「レッドブラウン」マジックの境界をぼかすように木目を意識して筆で塗装。


 本人が入れ込んで四苦八苦しながら完成させても、まぁマニア様から見たら雑でゴミでしょう。それでも自分にとっては、30年の想い(呪い)はこれで解けたからいいか…。

これで終えたと言いつつ、100円SHOPで買った素材で専用収納ケースをどうしようかと悩んでいるあたり、我ながら…(笑。


タグ…日記 コレクション 模型 プラモデル アオシマ 今井科学 カスタム TOYGUN ベビールガー

ールガー

posted by DOBUROKU-TAO at 14:00| カスタム・フルスクラッチ 系工作 | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

旧今井(現 アオシマ)「P-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?」の続き…2018年07月16日

旧今井(現 アオシマ)「P-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?」の続き…2018年07月16日


2018.07.16 時点のベビールガー.JPG


画像…2018年07月16日 今井科学 金型製作(現 アオシマ 販売)「ルガーP-08」ベース「ベビールガー」塗装終了


 今井科学 金型製作(現 アオシマ 販売)「ルガーP-08」ベース「ベビールガー」基本塗装が終了。

完成できないのではと危うんだが、なんとか「32口径版ベビールガー」として、まとめあげることができた。


タグ…日記 コレクション 模型 プラモデル アオシマ 今井科学 カスタム TOYGUN ベビールガー



posted by DOBUROKU-TAO at 22:00| Comment(0) | カスタム・フルスクラッチ 系工作 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

旧今井(現 アオシマ)「P-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?」の続き…2018年07月14日

旧今井(現 アオシマ)「P-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?」の続き…2018年07月14日


2018.07.14時点のベビールガーその2.JPG

2018.07.14時点のベビールガーその1.JPG



画像…2018年07月14日時点の  現アオシマ(旧今井)「ルガーP-08」ベース「ベビールガー」


 グリップを塗り終えマスキングし、下地「クリアブラウン」を塗る。

細部をマスキング氏、明日本体を塗る予定。

連休で仕上げれば御の字かな…


タグ…日記 コレクション 模型 プラモデル アオシマ 今井科学 カスタム TOYGUN

posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | カスタム・フルスクラッチ 系工作 | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

旧今井(現 アオシマ)「P-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?」の続き…2018年07月09日

旧今井(現 アオシマ)「P-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?」の続き…2018年07月09日


2018.07.09時点のベビールガー.JPG


画像…2018年07月09日時点の アオシマ(旧今井)「ルガーP-08」ベース「ベビールガー」

 マスキングし、グリップ部の下地「白」を塗る。


タグ…日記 コレクション 模型 プラモデル アオシマ 今井科学 カスタム TOYGUN
posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | カスタム・フルスクラッチ 系工作 | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

「最近の読書」…早川文庫 C・L・ムアー著 仁賀克雄 訳「ノースウェストスミス」シリーズ3冊…(2018年07月02日)

「最近の読書」…早川文庫 C・L・ムアー著 仁賀克雄 訳「ノースウェストスミス」シリーズ3冊…(2018年07月02日)


最近の読書 2018 年07月02日.JPG"

 長年、本棚に積んでいた物を、「コスモドラグーン」のモデルガン化や「ヤマト2202」で気になり引っ張り出して読んでみただけ(デザインやビジュアルの元ネタを確かめたくて)。

松本零士氏の描く「コスモドラグーン」のデザインが成立する過程が気になる人は、入手して損はないと思う。


タグ …早川文庫 C・L・ムアー 仁賀克雄 「ノースウェストスミス」シリーズ 最近の読書 コスモドラグーン

posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | 本の話 | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

「最近の散財」バンダイ「SDガンダム クロスシルエットフレーム」…2018年07月01日

「最近の散財」バンダイ「SDガンダム クロスシルエットフレーム」…2018年07月01日






2018.07.01 バンダイクロスシルエットフレーム その2.JPG

画像…バンダイ「SDガンダム クロスシルエットフレーム」…2018年07月01日

 意外と動く。ただ軸径が「ボールデンアームズ」・「パワードアームズパワーダー」と違うため、組み合わせるには工夫が必要。


2018.07.01 バンダイクロスシルエットフレーム その3.JPG

画像…バンダイ「SDガンダム クロスシルエットフレーム」と「ボールデンアームズ」・「パワードアームズパワーダー」を組み合わせてみると…


 バンダイ「SDガンダム クロスシルエットフレーム」と「ボールデンアームズ」・「パワードアームズパワーダー」を組み合わせてみた。こうなるとなんかソフビKITの可動モデル化も、工夫でできそうに思えてくるから面白い。


タグ…日記 コレクション 模型 プラモデル バンダイ クロスシルエットフレーム
posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

旧今井(現 アオシマ)「P-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?」…2018年07月01日

旧今井(現 アオシマ)「P-08」改造「ベビールガー(32口径 ゲオルグオリジナル?」…2018年07月01日


2018.07.01時点のベビールガーその1.JPG


2018.07.01時点のベビールガーその2.JPG


2018.07.01時点のベビールガーその3.JPG



画像…2018年07月01日時点の アオシマ(旧今井)「ルガーP-08」ベース「ベビールガー」

 下地の銀色をふく。こうしてみると仕上げが荒い…(笑


タグ…日記 コレクション 模型 プラモデル アオシマ 今井科学 カスタム TOYGUN

posted by DOBUROKU-TAO at 22:51| Comment(0) | カスタム・フルスクラッチ 系工作 | 更新情報をチェックする