2015年07月28日

「昔の模型で出ています」…90年代再版 Monogram「Fire Bolt」…2015年07 月28日

「昔の模型で出ています」…90年代再版 Monogram「Fire Bolt」…2015年07 月28日

90年代後半再版 モノグラム「ファイヤーボルト」外箱.JPG
画像…90年代 再版モノグラム「ファイヤーボルト」
 よそさまで発言した事の補足を…
まぁ、毎度のいい加減さでモノグラムは「ファイヤーボルト」で、田宮は「サンダーボルト」ということが頭から抜けていた。
出、引っ張りだしたのが…
90年代後半製作 モノグラムのファイヤーボルト その1.JPG
90年代後半製作 モノグラムのファイヤーボルト その2.JPG"
90年代後半製作 モノグラムのファイヤーボルト その3.JPG


 画像は1990年代に再版されたモノグラム「ファイヤーボルト」を組んだ物。模型用ロケットエンジンかCo2ガスボンベで疾走するという豪快の物。
 この模型の再販が宣伝された時、現物を知らない悲しさで、「ジェットエンジンカー」という説明に勝手にワクワクし「どんなエンジンパーツがはいっているのかな?」開封し唖然としたもの。
 まぁ デザインはモノグラム オリジナルということなので、実車はないと思っている(調べたこともない)。で、購入して半年もしないうちに組んだのが画像の物。
 当時を思いだすと、ドライバーを塗っていて、いい雰囲気しているなぁ…と、うれしかった。

 で、田宮の「サンダーボルト」は持ってないので、「KIT部品構成までコピー」かどうかまで正直はわからない。ただ、田宮製品はモーターライズらしいので、設計や部品構成は田宮オリジナルだろう。
ただし、この車のデザインがモノグラム オリジナルである以上、まぁ「田宮がモノグラムのデザインを盗用した」といわれても仕方はないと思う。
 自分が田宮の「サンダーボルト」の存在を知ったのは…
モデルアート社97年10月 別冊 「モデルㇲス プラスティック’60」.JPG画像…「モデルアート」1997年10月号別冊「モデルス プラスティック’60」

 「モデルアート」1997年10月号別冊「モデルス プラスティック’60」(㈲モデルアート社 1997年発行)。この手の話題は、田宮は「他社の他真似なぞしない! 平然と言い切る連中(田宮信者)がいて昔からうんざりさせられるのだが…。この本の65ページに掲載されている「サンダーボルト」の箱絵の写真を見てからほざいて欲しい。
 繰り返し書いておくが…
1、田宮の「サンダーボルト」が「KIT部品構成までモノグラムのコピー」かどうかまでは田宮製品を持ってないので「正直はわからない。
2、田宮製品はモーターライズらしいので、設計や部品構成は田宮オリジナルだろう。
3、この車のデザインがモノグラム オリジナルである以上、まぁ「田宮がモノグラムのデザインを盗用した」といわれても仕方はないと思う。
以上がDoburoku-TAOの見解。
まぁ、一オタクがどう思おうが。世間様ではどうでもいい話といえばどうでもいい話なのだが…(笑
といったわけで、補足終了。

タグ…模型 コレクション Monogram モノグラム ファイヤーボルト Fire Bolt タミヤ 田宮 サンダーボルト デザイン盗用 プラモデル モデルアート モデルス プラスティック’60
posted by DOBUROKU-TAO at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

「最近の模型工作」…2015年07月26日

「最近の模型工作」…2015年06月26日

◎とりあえず最近の模型工作
2015.07.26 時点 での模型工作 Doburoku-TAO.JPG
上画像…7月26日の主な工作状況…(笑
 
アリイの1/100「VF-1D」の塗装の合間に、バンダイ HGUC「ジム・コマンド」の基本工作&塗装が終了。
 いい機会なので、以前、組み上げていたHGUC「ジム・コマンド(宇宙仕様)」の墨入れをするが…
エナメルで複数箇所ヒビが入る。「寒冷地仕様」&「宇宙仕様」を仕上げる際はもっと注意しよう…。

 並行して「コマさん」を組んでみる(発売して一年 少しブームも落ち着いたかな)。ニッパレスはランナーの樹脂逃がしで巧妙に処理している事がわかる。下手したらルーチンワークになりがちなガンダム関連よりも冒険しているかも…。

タグ…模型 コレクション プラモデル 超時空要塞マクロス VF-1 有井 アリイ マイクロエース バンダイ HGUC 妖怪ウォッチ コマさん
posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

「最近の模型工作」…有井(現マイクロエース) 1/100「VF-1J ファイター形態」…2015年07月20日

「最近の模型工作」…有井(現マイクロエース) 1/100「VF-1J ファイター形態」…2015年07月20日

2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」その1 Doburoku-TAO.JPG

この3連休で、手持ちアリイ(現マイクロエース)の1/100「VF1 ファイター」から、まずJ型が完成した。

トイナミの可変版(奥)と Doburoku-TAO.JPG
画像…手持ちトイナミ 可変「VF-1J」(画像奥)と…
 アリイ)の1/100「VF1 ファイター」可変しない分、機体が薄くなっていることがわかる。

有井100分の1 VF-1(放映15周年記念再版版)外箱.JPG


画像…有井(現 マイクロエース) 1/100「VF-1j」の外箱(放送15周年 記念バージョン90年代販売 300円箱)と部品構成。
 今回組み立てたのは、手持ち在庫の「放送15周年記念再販版」。
我が家の有井「VF-1」ファイター4種は、確か八島模型で今世紀になってから購入したもの…。
この模型は販売当初から、アリイ製品としては評価の高い物。先に製作を開始した「VF-1D」の小改修にあわして、改修ポイント探る意味合いもあり組み立て始めた(アリイのS型頭部の改修が面倒だった事もある)。

2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」その2 Doburoku-TAO.JPG
2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」その3 Doburoku-TAO.JPG

2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」その7Doburoku-TAO.JPG
2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」その6 Doburoku-TAO.JPG
2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」その5 Doburoku-TAO.JPG
2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」その4 Doburoku-TAO.JPG
2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」その8 Doburoku-TAO.JPG
2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」その9 Doburoku-TAO.JPG

キットが画像のように可変翼が再現されており、左右の翼の可動は連動するようになっている。キットは飛行状態・地上
 本体で手を加えた所は 脚部と胸などのデカール貼を指示された省略された「〇と-」の組み合わせモールド。加工は
1、3㎜ドリルで適当にくぼみをつけ
2、窪みにエバグリーンの05㎜角材を接着
 3、乾燥後 耐水ペーパでならして終了
 という、お手軽な物。
コクピットにはバンダイ(旧有井) 1/100「可変バルキリー」からパイロットを持ってきて載せている。
キットにはミサイルが付属しているが、可変翼で遊びたいので搭載しなかった。
 塗装はラッカー系のガルグレイを吹きつけ。乾燥後「グランプリホワイト」を吹き付け。
ノズルやレーザー機銃は黒と銀の混色。赤のラインはマスキングしたあと「キャラクターレッド」を吹き付けている(胸がずれたが もういいや)。
 デカールを貼った後、エナメルのグレーで墨入れ。
乾燥後はスーパークリアの艶ありを吹き付けている。

2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」付属スタンド その1 Doburoku-TAO.JPG
2015.07.20 完成 有井 100分の1 「VF-1J ファイター」付属スタンド その2 Doburoku-TAO.JPG

 キットの台座は、ガンポットを外してから模型を載せるよう指示されている。
今回 エバグリーンのプラパイプ(No231 外径8.7㎜)を接着後、スリットを切ってガンポットを装着した状態でも展示できるようにした。(この発想は トイナミの展示台のファイター形態用ジョイントを参考にした)

2015.07.20 時点の有井100分の1 「VF-1」関連模型工作 Doburoku-TAO.JPG
画像…2015.07.20 時点の有井(マイクロエース)1/100「VF-1」関連の工作。

 D型は機首を接着後、機体下部のラインを整えればいいところまできた。
並行してA型もマックス機で作業を進める。

 ところでアリイの1/100「VF-1 ファイター形態」キットは、現在は流通在庫のみとなり、流石に模型屋でも見かけなくなった(というか当時営業していた模型屋が消えた…)。今はファイター形態重視KITをハセガワさんが販売しているし、1/100ならばWAVEさんが新規設計で販売しているので、まぁ「役割を終えた」といわれても仕方ないのかもしれないが…
 部品数も少ないうえ出来も悪くないので、機会があれば手に入れて損が無いと思う(オークションなどでもそんな高騰してないし)。。
まぁ、肩肘はらずに組むキットとして遊びがいがある模型だと思うのは、おっさんのノスタルジーからのひいき目かもしれないが…(笑

余談…このキットのオマケはミンメイの水着Ver.再版当時買い集めたわけではないが、うちの在庫はミンメイ水着が一番多い。

タグ…模型 コレクション マイクロエース 有井 アリイ プラモデル 超時空要塞マクロス マクロス VF-1 トイナミ
posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

「最近の読書」&「最近の模型」…(2015年07月14日)

「最近の読書」&「最近の模型」…(2015年06月14日)

◎「最近の読書」
最近の読書 2015.07.14 Doburoku-TAO.JPG
 手持ち「クラッシャージョウ」 5巻から7巻まで(ソノラマ版の初期版のみ)読み終える。
 5巻・6巻は冒頭が読み進まなかったが、ラスト100ページを切ると読むスピードがはやくなる。
 印象として5巻はイマイチだったが、クラッシャー評議会が出てきたことで、シリーズとして作品の世界感が広かったと思えた。6巻からは他のクラッシャーの存在が出てくるように…。兵器メーカー「ミネッティー」に、積んでる「銀河辺境」シリーズを思いだす。
 それにしても、通達もなく先制攻撃って…。「軍隊並の武装が認められているクラッシャー」とはいえ…。
一応6巻までが執筆時期からいえば第一期か…

 7巻はイトウが従事したタークやトビーに少し苦笑い。7巻で思ったことは「ジョウ自体がESPなのかという疑問?」
 まぁ昔からのネタで「ジョウの母親は…」というネタがあるが…。
まぁ、最新作で双子も出ましたし、アルフィンのおばさんが赤毛のケイだったとしたら、「コンビで一組のESP」なんて可能性もあるわけで…。まぁこれは作者のみ知る世界。

◎「最近の模型」
2015.07.14  時点の模型.JPG

バンダイ(旧 イマイ)の可変バルキリー「VF-1S」はひとまず置いといて…
アリイ(マイクロエース)製品は、「ビーチ ボナンザ」の墨入れまで終了、これで完成。「VF-1J(ファイター形態)」は基本塗装・墨入れまで終了。1/100可変モデルから持ってきたパイロットの接着剤が乾くのを待ってキャノピーは接着予定。 ミサイルは可変翼で遊びたいのでとりつけない。
 VF-1Jをくみ上げたことで、つくりかけの「D型」の改修もやりやすくなるかと…
 あとはデカール貼りとスタンドの仕上げ。今週末には仕上げたい。
バンダイ(旧 今井)「スーパーバルキリー」は少しだけ進む。

タグ …日記 最近の読書 高千穂遥 クラッシャージョウ 模型 バンダイ イマイ 今井科学 アリイ 有井 マイクロエース VF-1 永大 グリップ
posted by DOBUROKU-TAO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

「最近の模型工作」…マイクロエース(アリイ 旧 永大グリップ) 1/72「ビーチボナンザ」…2015年07月14日

「最近の模型工作」…マイクロエース(アリイ 旧 永大グリップ) 1/72「ビーチボナンザ」…2015年07月14日


2015。07.12完成 現 マイクロエース 72分の1「ビーチボナンザ」その1.JPG 
この前の日曜に動翼部に墨入れしマイクロエース(アリイ 旧 永大グリップ) 1/72「ビーチボナンザ」は完成。


2015。07.12完成 現 マイクロエース 72分の1「ビーチボナンザ」外箱.JPG

2015。07.12完成 現 マイクロエース 72分の1「ビーチボナンザ」部品状態.JPG

画像…マイクロエース(アリイ 旧 永大グリップ) 1/72「ビーチボナンザ」の外箱(90年代販売 300円箱)と部品構成。
 この模型は1970年代に永大グリップが軽飛行機シリーズトして販売していた物。1974年にこのシリーズの「セスナ0―2A 迷彩仕様」を近所の模型屋で販売していたのを覚えている(スタンドなし仕様)。
 完成したKITは、90年代にある機体をフルスクラッチしたく組みかけて放置した物。
スタンド台はアリイのマクロスシリーズ ゼントランディー艦船と同じものが同梱されている(ただし単艦で飾るためのアームはついていない)。
何故部品の画像があるかというと、一機はノーマルで作ろうと確保していた物。
今回、デカール貼りに失敗したので急きょ開封したから…
ちなみにこのキット、数年前までは値上げしていたが黒箱で販売されていた。案外探せばまだ入手可能かと(メーカーがまだ持っているかもね…)

2015。07.12完成 現 マイクロエース 72分の1「ビーチボナンザ」その2.JPG
2015。07.12完成 現 マイクロエース 72分の1「ビーチボナンザ」その4.JPG

2015。07.12完成 現 マイクロエース 72分の1「ビーチボナンザ」その3.JPG
2015。07.12完成 現 マイクロエース 72分の1「ビーチボナンザ」その5.JPG
2015。07.12完成 現 マイクロエース 72分の1「ビーチボナンザ」その6.JPG
画像…2015年7月12日 完成 マイクロエース(アリイ 旧 永大グリップ) 1/72「ビーチボナンザ」
 塗装はクレオスのラッカー系で、ガルグレイを塗った後グランプリホワイトを吹き付け。
(塗装はVF-1Sと並行作業していたから…(笑)。カラーガイドが無いので、箱絵を参考にデカールにない翼の赤と胴体のピンクは吹き付け。デザインセンスのなさまるわかり…(笑
 塗装を終えて脚パーツを接着後、デカールを貼る直前に、尻もちをつくことに気が付く。
風防をまだ接着前だったので、マッハ模型の「マイクロウェイトを流し込み、タミヤの流し込み接着剤をスポイドで流し込んで固定した。
 デカールが経年変化で崩れやすかったので、まずデカールを貼り、風防接着。乾燥後 まずスーパークリアを吹き付けた。その後 動翼部にエナメルを流し込んで墨入れした。
これである機体を完成させたら並べたらうれしいかと…。

「余談」
何をフルスクラッチしようとして放置したか…
ベル X14関連その1.JPG

90年代後半にこのKITを入手したから…
 まぁ、このキットはこのキットで頭がいたいKITで…
今回、バンダイの「スーパーバルキリー」を組立はじめなければ、ずっと奥に突っ込んだままだったろう。
 ところでグリップのボナンザだけでは組みたてが…とご心配される方もいるかもしれないが…
ベル X14関連その2.JPG

 パーツを流用するために、当時ちゃんと確保しています…(笑
それにしても最近発売されたハセガワ いずも用QGパーツを見ると、T-34のオマケ(MU-2もついてたっけ…)って単品販売してもいいような…。94式のカタパルトがたまに再版されるのだから、これはこれで需要があると思うのは オマケ好きのたわごとかな…

タグ…模型 コレクション マイクロエース 有井 アリイ プラモデル ビーチエアークラフト ボナンザ ベル X-14 シャークモデル
posted by DOBUROKU-TAO at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

「最近の模型工作」…2015年07月08日

「最近の模型工作」…2015年06月08日

◎とりあえず最近の模型工作
2015.07.08  時点の模型その1.JPG
上画像…7月08日までの主な工作状況…(笑
 
マイクロ―エース(アリイ 旧 永大グリップ金型)を中心に工作。
塗装を終え、スーパークリアを吹いた状態(デカールが崩れやすいので、墨入れ前にスーパークリアを吹いた)。しばらく有井関連中心で作業。
 苦手なのだが、完成したVF-1と並べたく、アリイのオマケ フィギュアにかかる。
バンダイ(旧 イマイ製品)1/72「可変バルキリー」のファイター時のガンポット装着加工&1/72「スーパーバルキリー」は停滞中。

2015.07.08  時点の模型その2.JPG
上画像…同じスケールの機体だから並べると…

 VF-1は小柄な機体といわれているが…
やっぱり並べると、軍用機って大きいのね…

タグ…模型 コレクション プラモデル 超時空要塞マクロス VF-1 有井 アリイ マイクロエース 永大 ボナンザ ビーチエアークラフト 

posted by DOBUROKU-TAO at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

2015年7月4日放映 TV東京「美の巨人」 成田亨作 「MANの立像」を見て思ったことを少しまとめる…(2015.07.05 日曜日)

2015年7月4日放映 TV東京「美の巨人」 成田亨作 「MANの立像」を見て思ったことを少しまとめる…(2015.07.05 日曜日)

2015.07.05手持ち成田亨関連.JPG
 手持ち書籍から…「特撮と怪獣 わが造形美術」(㈱ フイルムアート社」は。バンダイの模型店での販促誌「模型情報」&雑誌「B-Club」における氏の連載を中心にまとめ上げられた面が強いが…。(なんで持ってるかって… 昔 イベント通いしていた時の背伸びの残り…(笑 )

昨夜 ツイッターで書いた事…
1、本日(7月4日)放送 「美の巨人」の成田亨 作「MANの像」を観て、「ウルトラマン」を巡る、成田市の境遇を語らないのは仕方ないとしても、性別がないハズの彼に、何故左半身に乳房があり、尻の形と貌の造形が左右で違うが説明なくて残念。
2、顔の造形が左右違うのは、能面の面で表情出す構造を受けたからかもしれないが、1996年に刊行された著作「特撮と怪獣 わが造形美術」(㈱ フイルムアート社」にのった「鎮魂歌」&「ウルトラマンの墓」へと至る背景もない。大江山の「鬼のモニュメント」も無視…
3、祟り神でなくなるのに13年? でも、美術館の画像に海洋堂から寄贈された「成田玉」を見つけ、倉庫済の邪魔者から安住の地を得た今の姿に笑みが浮かぶ。
昨夜思い付きで書いた事につけ加えるならば、
昨夜の放送で気になるのは、成田氏がウルトラセブン以降、何も創作活動をしなかったような印象を与えることだ。
「MANの立像」は1980年代後半の作に対し「ウルトラマンの墓」は90年代の作のはず。

 ウルトラマンの像とともに、セブンの初期画稿やウルトラマンとともにウルトラセブン・ヒューマンの立像を画面に映したところに、番組スタッフの何気ない心意気を見たいが…

余談 他にも太陽の塔の内部の「生命の樹」にも成田氏は仕事でかかわっているはずなのだが…
余談2 「特撮と怪獣 わが造形美術」を読むとわかるが、単なる怒りや恨みだけの著作ではない。いろいろあったが新たな題材「鬼」を得た成田氏の心情も書かれているだけに、昨夜の「ウルトラマン」ですまそうとするまとめ方が気になる。
…まぁ。外野にゃわからん何があるがはしれないが…

タグ…成田亨 MANの立像 ウルトラマンの墓 鎮魂歌 特撮と怪獣 わが造形美術 ㈱ フイルムアート社 TV東京 美の巨人 ふと思う 映画宝島

posted by DOBUROKU-TAO at 08:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・TV | 更新情報をチェックする