2015年02月11日

「最近の模型工作」 ラクーンモデル 1/72「ボーイング X-20」…2015年02月11日

「最近の模型工作」 ラクーンモデル 1/72「ボーイング X-20」…2015年02月11日
ラクーンモデル 72分の1「X-20」付属デカール外箱.JPG上画像…ラクーンモデル 1/72「ボーイング X-20」外箱
◎ラクーンモデル 1/72「ボーイング X-20」
 
今から25年ほど前に「ホビーランド」(旧店舗 最寄り駅 南海 高野線「堺東駅」)に購入したもの。購入直後に組立て、サフェイサーを吹いて放置していた物を完成させた。
 なんせ組立のがかなり前なので、部品状態の写真はないが、キットには付属品として
ラクーンモデル 72分の1「X-20」付属説明図.JPG
ラクーンモデル 72分の1「X-20」付属デカール.JPG
ラクーンモデル 72分の1「X-20」付属 予備突入シールド用原型.JPG
「組立説明書」・「デカール」・「大気圏突入時の風防シールド(ヒートプレスパーツ)用原型」がついている。
ラクーンモデル「X-20」正面から .JPGラクーンモデル「X-20」上面から .JPGラクーンモデル「X-20」右側面から .JPGラクーンモデル「X-20」左側面から .JPGラクーンモデル「X-20」後方から .JPGラクーンモデル「X-20」裏 .JPG

大気圏突入時の風防シールド付(両面シールで着脱可)
ラクーンモデル「X-20」シールド付正面から .JPG
ラクーンモデル「X-20」シールド付を上から .JPG
ラクーンモデル「X-20」シールド付 ななめ前から .JPG
塗装はクレオスのラッカー系で、機体本体は艶消し黒。機首先端は艶消し黒と銀の混色を塗っている。風防はガンダムマカー「メタリックセット」ブルー。
デカールを貼った後、トップコートの艶消しを吹いただけ。
大気圏突入時の風防シールドは、両面テープで脱着可能にしている。

「キットについてあれこれ…」
◎本キットはよく「モックアップ」の模型化…と解説されているが、実際は活躍想像図(出展 不明)をもとに機体後部(打ち上げロケットとの接合部)は作られている。
活躍想像図は ミリタリーエアクラフト別冊 スーパーソニックシリーズ1「音速突破 半世紀」(㈱デルタ出版 1998年)に掲載されている。
◎モックアップの機体の後部(打ち上げロケットとの接合部)は、何もない平面。こちらもミリタリーエアクラフト別冊 スーパーソニックシリーズ1「音速突破 半世紀」(㈱デルタ出版 1998年)に、モックアップの後ろを移した写真が掲載されている。
◎ラクーンモデルの「X-20」の作例記事は「レプリカ」1985年8月15日号(㈲TACエディション 発行)に掲載されている。また小さい写真ですが、未組立の部品状態の写真が掲載されている。
◎先の「レプリカ」誌の作例記事でも指摘されているデカールの「62715」。これはラクーンモデルが原型製作にあたり、KKワールドフォトプレスの書籍を参考にしたから。
「メカニックマガジン」か「スペース・イラストレイテッド」誌に掲載された「大気圏突入時のX-20」カラーイラストを参照にしているからだと思われる。今回は本棚から両誌を引っ張りだしてまで探しださなかったが、確かに見た記憶だけはある。
(このイラストの存在は、M274で引っ張り出した月刊コンバットマガジン 1982年8月号臨時増刊「ミリタリーマガジン」裏表紙の「メカニックマガジン」と「スペース・イラストレイテッド」広告にも使われている。…1981年から82年までの号だから探し出しやすいだろうが…わざわざ探し出すようなそんなもの好きいないか…(笑 )
ミリタリ‐エアクラフト別冊「音速突破半世紀」.JPG
「レプリカ」1985年8月15日.JPG参考までに手持ちから
 ミリタリーエアクラフト別冊 スーパーソニックシリーズ1「音速突破 半世紀」(㈱デルタ出版 1998年発行)と「レプリカ」1985年8月15日号(㈲TACエディション 発行)



実機の資料については、他のマニア様にお任せということで…。
とりあえず、長年放置のKITが完成してよかったよかった。
オマケ…
ラクーン 72分の1 と 自作 200分の1 X-20.JPGサークル「ラマンチャ」製200分の1「X-20」完成品.JPG
 昔、イベントで販売していた1/200「X-20」と…
 それにしても-製作途中の機体はボーイング社の責任で「土に」埋め立てられた…」って記述はなんで読んだんだっけ…。ボケが回ったか…(笑

 
タグ… 模型 コレクション プラモデル ラクーンモデル 1/72 1/200 X-20  サークル「ラマンチャ」 ボーイング スーパーソニックシリーズ1「音速突破 半世紀」  ㈱デルタ出版 レプリカ ㈲TACエディション KKワールドフォトプレス メカニックマガジン スペース・イラストレイテッド
posted by DOBUROKU-TAO at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする