2013年01月03日

「新年の銃器小ネタ 2題」…(2013.01.03 銃器・モデルガン・模型・TV・映画)

新年の銃器小ネタ

その1…「八重の桜」の「スペンサーカービン」プロップ
朝 何気にTVをつけると今年のNHK 大河ドラマ「八重の桜」の宣伝で綾瀬はるかが手にする「スペンサー カービン」のプロップが大写しになっていた。
プロップは「スペンサーカービン」の特徴で銃床に装填するチューブマガジンを再現しており 画面に再装填が大写しにされていた。
またプロップは「スペンサーカービン」にしては多少機関部が太いのは、レバーアクションによる閉鎖機構・レバーアクション・ハンマー部の転用からDENIXの「シャープスカービン」がベースのようだ(レミントンの「ローリングブロックライフル」とも 手ごろな値段の中古最近 見かけないなぁ…)
この判断の理由は レバー操作時に「スペンサーカービン」の特徴で有る回転式装填機構(ハンマーのように回転閉鎖することで銃床から送られたカートを薬室に送り込む)が見えなかったこと。
また、「空薬きょ」がレバーアクションで飛んでいるかどうかは気がつかなかった。
それにしても薬室を開放しカートを直接装填しているシーンが有ったが、これはチューブ式マガジンの不調の表現だったのたろうが…
いかんせんこのあたりは素人の見立て、このあたりはおいおい専門誌で紹介されるだろう。

その2…フレデリック フォーサイス 原作・フレッド ジンネマン監督作品 映画「ジャッカルの日」(1973)の「組み立て式 ライフル銃」プロップ

昨夜 オークションを徘徊して見つけたのがフレデリック フォーサイス 原作・フレッド ジンネマン監督作品 映画「ジャッカルの日」(1973)の「組み立て式 ライフル銃」プロップをエアーガンで製作し、今年(2013)のワンダーフェスティバルで販売を企画しているディーラー「(旧) 和室工房」がコミケで昨年発売した「エアーガン」製作記をまとめた「ジャッカルな日々」という同人誌。
一瞬 入札も考えたが念のため同人誌書名で検索をかけると…

「とらのあな」の通販でまだ買える事が判明。
「ジャッカルな日々」
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/09/28/040030092876.html
どうやら「デクチャレフ対戦車ライフル」のエアーガンも製作販売されていたようで、在庫があった「製作記」
「ブラックマガジン デクチャレフ特集」
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/03/16/040030031641.html

も有るようだ。
難波や梅田の「とらのあな」に足を運ぶ気にはなれなかった(在庫の有無もわからないし)こともありとりあえず通販で取り寄せる事にした。
もう海洋堂が主催する「ワンダーフェスティバル」にDoburoku-TAOが足を運ぶ事はないだろうし (旧)和室工房さんが製作販売されている「ジャッカルの日」のエアーガンを入手することは(販売している場に出くわす事がない)だろう。
それに手持ち「ADVEN」(出来の悪さは大笑いして)我慢できる。
が せめて紙情報だけでも買っておこうかと…(あ、物欲 物欲)。

2冊で送料+代引き手数料で2000円程、まぁオークションで入札しても1冊しか買えないことを思えば 安いとおもうし…。