2011年03月31日

今日の甘いもの」その52(2011-No005) Hokka(ホッカ) 北陸製菓株式会社「ハード 35 ビスケット」…(2011.03.31 木曜日の甘いもの、散財)

 Hokka(ホッカ) 北陸製菓株式会社
「ハード 35 ビスケット」
最近 近所のスーパーで安い(税込み 98円)し、緑茶にあうのでお気に入り…
simple is best! 
オマケなど無くても 美味いものは美味い…(笑

posted by DOBUROKU-TAO at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 「今日の甘いもの」 | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

オタクの「おもちゃ箱」No.052 (11-009) 今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』…(2011.03.30  水曜日、玩具、模型、散財 )



 数年前、海洋堂 リボルテック「VF-1J 」をネタにした際に画像を載せた、今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』を…
 このキットわりと売れ残っていたキットなので未組み立てで持っている方も多いかも。
ところでネットでこのキットを検索すると「すばらしい作例」があり、そのイメージで今井製だからと期待すると…。



左画像…今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』 箱絵
右画像…今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』 箱と完成品大きさ比較


左画像…今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』 素組 完成品 前 から
中画像…今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』 素組 完成品 前 から(バイザーをおろした状態)
右画像…今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』 素組 完成品 後ろ から



左画像…今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』 組説 その1
右画像…今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』 組説 その2

 完成させたの10年程前。Doburoku-TAOの塗装が下手なのは置いておいても、まぁお世辞でも そのまま組んで 劇中のように荒々しい「カムジン」があなたのお手元には…とは言えないキット。
ただ、全体のバランスが悪いだけで、細部(背中の機器など)のモールドは そんなに悪くないと思うのだが…。
 実際、ネットで作例を発表された方は「モナカキット」の特性と「モールドの良さ」を生かして、部品の切り貼りとバランス修正で「凛々しいゼントラーディ兵」を仕上げられている(この方「モデルグラフイックス」誌の読者投稿コーナーに写真を送っていた)。
 ただ、出来云々以外にも悩んでしまうのが…

 画像…今井科学(イマイ) 1/100 『ゼントラーディ軍 装甲宇宙服 カムジン専用タイプ』 と CM's のやまと1/60「クァドラン ロー」対応 ミリア(セット売り)&MAX([マクロスコレクション」Part3) 

 あの、CM's のやまと1/60「クァドラン ロー」対応 ミリア&MAX(の方が縮尺違って大きくなるはずなんですが…。
このカムジンのキットが10cm程。なので一見 1/100スケールに見える。ただ 「装甲宇宙服」のデザインは 足首の部分がシークレットブーツ状のようなので、このキット、実はスケール的には1/100より小さいような気がするのだが…。

 ところでこのキット、素材と割り切るならば、可動範囲拡大を目指して「アッセンブルボーグ」を仕込むなど楽しみ方はあると思う。
腕自慢の方は、挑戦しがいがあるキットだろうかと…。
ちなみに、Doburoku-TAはこのキットの完成品を手元において、「お間抜け」な感じを楽しんでいる。
まぁ、組んだ事からの贔屓目かもしれないが…(笑。
ただ、プレミア価格を積んでまで買う値打ちについては…。これは各自お好きなように…。

posted by DOBUROKU-TAO at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オタクの「おもちゃ箱」 | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

まぁ どうでもいい話ですが…月刊「モデルグラフィックス」2011年5月号 「マクロス」プラモデル座談会を読んで…(2011.03.25)

みのり書房「マクロス パーフェクト メモリー」&ニチモの「ピタパン」
少なくとも この3人が放映当時のニチモ(日本模型)「ピタパン」シリーズは買っていない事と、番組成立過程について「みのり書房」の本は読んでないのはよくわかった。
ライターの仕事としては とてもいい加減だなぁ…。

追加ネタ 2011.03.31
posted by DOBUROKU-TAO at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

最近購入した物より…虎ビス商会 扱い マクラウド 企画・販売 「M61 ESCOAT (エスコート)」(S&W M61 ESCOAT 「エスコート」 レジン製実銃コピー 文鎮)」 その3…(2010.03.23 モデルガン・模型・散財)

 3連休を利用し、しばらくほっておいた『虎ビス商会 扱い マクラウド 企画・販売 「M61 ESCOAT (エスコート)」(S&W M61 ESCOAT 「エスコート」 無可動 レジン製実銃コピー 文鎮)』をやっと塗装で仕上げる事ができた。

虎ビス屋 実銃型取り「S&W M61 エスコート」 レジンキャスト製 無可動文鎮 塗装済 左側面 Doburoku-TA虎ビス屋 実銃型取り「S&W M61 エスコート」 レジンキャスト製 無可動文鎮 塗装済 右側面 Doburoku-TA

画像左…無可動 レジン製「M61 ESCOAT (エスコート)」 塗装済み 左側面
画像右…無可動 レジン製「M61 ESCOAT (エスコート)」 塗装済み 右側面

 本体は毎度のごとくクレオスのつや消し黒で塗装。
グリップは「樹脂製マーブルグリップ」らしくしたかった。なので今回は、塗装で「マーブルグリップ」の再現に挑戦してみた(塗装については後ほど詳しく…)。

 追加加工はグリップ左側面のハンマーインジケーターはKitのレジン製突起のままでは遊んでるうちにエッジが削れて丸くなるので、穴を開け径2.0mmの鉄製の芋ねじに交換している。

虎ビス屋 実銃型取り「S&W M61 エスコート」 レジンキャスト製 無可動文鎮 塗装済 銃口部 Doburoku-TA エバーグリーン社のプラパイプを組み合わせた銃口部は、「つや消し黒」とメタルカラー「アイアン」の混色で色合いを変えて「別パーツである」ことを強調した。

<グリップ部 塗装>
 まず全体をクレオスのラッカー系「つや消し黒」を吹き付けた。




1 つや消し黒に縫った グリップに 溶剤で溶いたクリアレッドを斑点状にのせた。 グリップ部にクレオス「クリア レッド」を溶剤でバシャバシャに溶いた物を、斑点状に載せるように塗った。








2  グリップに さらに溶剤で溶いたクリアレッド+黄色を斑点状にのせた。 「クリアレッド」が乾燥するのを待って、「クリア レッド+黄色」を、溶剤でバシャバシャに溶いた物を、斑点状に上から載せるように塗った。









3 家具補修用のマーカーの薄い色から、1と2の斑点の境目をぼかすように重ね塗り。3 100円SHOPで買った家具補修用のマーカー 濃さは3段階ある。

 乾燥するのを待って、100円SHOP「ダイソ」で買った家具補修用マーカーの薄い色をから重ね塗りした。この際 一色で全体を塗るのではなく、塗った色の境界をぼやかすように重ね塗りした(大げさに言えばうろこのように…(笑 )。



4 マーカーが乾くのを待ってマスキング、その後 クレオス「スーパークリア」を吹きつけた。 マーカーが乾くのを待って、艶を整えるため、マスキングテープでグリップ部以外をマスキング。クレオスの「スーパー クリア(光沢)」をスプレー吹きした。





 最後に乾燥後、溶剤でバシャバシヤに溶いた エナメル系黒を墨流しした。
もうしばらくは エナメルの溶剤の匂いが消えないだろう…
 今回 グリップ部をクリアレッド系で仕上げたが、もう少し明るい色系で組み合わせたほうが「マーブル模様表現」には良かったかもしれない…。
 まぁ、なんやかんやで 自分で仕上げたので、個人的には満足している。

おまけ
「エスコート塗装」に便乗して、サフェーサー代わりにとりあえず「つや消し黒」を塗った。
ちなみにオークションで落札。
無可動版なので、多分 LD全巻予約特典かと…(笑

posted by DOBUROKU-TAO at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レジン系 TOYGUN関連 | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

オタクの「おもちゃ箱」No.051 (11-008) バンダイ HIGH COMPLETE MODEL(ハイコプリートモデル・ハイコン) 『勇者 ライディーン RD-GP1』その3「雑記」…(2011.03.21  月曜日、玩具、模型、散財 )

バンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 外箱
 バンダイ HIGH COMPLETE MODEL(ハイコプリートモデル・ハイコン) 『勇者 ライディーン RD-GP1』についてちまちました事を…(笑
『付属品関連』


バンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 「メカファイル」&「説明書」その1バンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 「メカファイル」&「説明書」その2

 今回入手したハイコン「ライディーン」は箱痛みの欠品ありで安かったもの。欠品パーツは「ゴッド・ゴーガンの矢」と「シール」。
本体は先の投稿画像でわかるよう、20数年前の製品としては前のオーナーが大事にしてくれていた様で、保存状態はいいほうだ。
まぁ~、メカファイルと説明書(上の画像)が付属しているだけでもまぁ 満足のレベル。「矢」がないのは残念だが、Doburoku-TAOは 1/400のプラモデルの物を転用すればいいだろう…。

『腕の構造』
バンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 腕部構造バンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 腕部通常&収納状態

左画像…ハイコン「ライディーン」の腕のフレーム構造。右画像…腕の人型時の展開状態と収納・ゴッドバート時の折りたたみ状態。

ハイコン「ライディーン」の腕部の構造は当時としては凝った構造。外見を崩さないよう配慮されているが、正直可動範囲は広くない。
下腕のカバーはスライドし、収納状態時のロック機構の役目を果たしている。
 指はハイコンの共通仕様で可動指となっている。ここは立ち姿を優先したのだろうが、右手の一指し指はまっすぐの方が「ゴッド ボーガン」時はうれしいかも…知れない。
 実はハイコン「ライディーン」は腰に回転軸がない上、脚も腕も可動範囲が狭い。また膝をひねる回転軸が無いうえ、足首(バーニア)がボールジョイント接続でロック機構がないため姿勢が安定しにくい。
またスタンドもないので、この製品はポージングに関してはわりと制約を受けてしまう。

『腕につける武器関連』

「ゴッド ブロック」「ゴッド アロー」収納状態「ゴッド ブロック」「ゴッド アロー」展開状態 表より「ゴッド ブロック」「ゴッド アロー」展開状態 裏より

上左画像…「ゴッド ブロック」「ゴッド アロー」収納状態。
上右画像…「ゴッド ブロック」「ゴッド アロー」展開状態。
下左画像…「ゴッド ブロック」「ゴッド アロー」を裏側から見ると…。

 「ゴッド ブロック」も「ゴット アロー」も「収納時」は取り外しがしやすいよう爪で下腕を挟む形で装着される。
どちらも意外と構成パーツ数は多い。
 「ゴッド ブロック」は「盾」として展開している状態で立体化。 また、「ゴッド ブーメラン」形態にするときは 上右画像のように盾を左右に広げる事で行う。劇中の「ゴッドブロック収納状態」の「三味線のばち」似の形状にはならない。

「ゴッド ブレイカー」は「ゴッド ブロック」より取り外せる 左画像…「ゴッドブレーカ」は鍍金されたパーツ(差込式)。

 画像のように「ゴッドブレーカ」のブレードパーツは鍍金されている。残念ながら「ゴッド ブロック」収納状態の短いVerはついてない。




 と、いった訳で、いろいろと細かいことを書いたが、この商品が20数年前の製品だという事を思い出すと 「あの頃にしては…」と見るべきだとDoburoku-TAOはつぐつぐ思うのだが…(笑 。

posted by DOBUROKU-TAO at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | オタクの「おもちゃ箱」 | 更新情報をチェックする

オタクの「おもちゃ箱」No.050 (11-007) バンダイ HIGH COMPLETE MODEL(ハイコプリートモデル・ハイコン) 『勇者 ライディーン RD-GP1』その2 「人型形態」…(2011.03.21  月曜日、玩具、模型、散財)

バンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 顔UP

バンダイ HIGH COMPLETE MODEL(ハイコプリートモデル・ハイコン) 『勇者 ライディーン RD-GP1』の「人型」形態を…
こうしてみると、額の部分がクリヤブルーの透明パーツなので操縦席のようで得した気分になる。

バンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 正面よりバンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 装備をはずした正面よりバンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 フェイス・ガード閉じた収納状態

左画像…正面(ゴッドバード用 武器 ユニット付き)より。
中画像…正面より 本体のみ。
右画像…フェイスガードを閉じた収納状態。

 武器装備「ゴッド ブロック」「ゴッド ゴーガン」がない状態をみると、ハイコン版の腕は本体に比べて細い事がわかるかと。
フェイス・ガードを閉じた収納状態は羽が外せる仕様ならば、劇中の姿になるのだが…。

バンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 後ろからバンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 「ゴッドバート」用翼をはずした 後ろからバンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 装備をはずした 後より

左画像…ゴッドバード用・武器 ユニット付けた後姿。
中画像…武器 ユニットだけ付けた後姿。
右画像…本体のみの後ろ姿。

バンダイ ベストメカコレクション No.31 400分の1「勇者 ライディーン」外箱 「ゴッドバード用ユニット」を外した状態でのプロポーションはそんなに悪くないのだが…。
 非変形のベストメカコレクション1/400「勇者ライディーン」(プラモデル 左画像はその外箱 再販回数が多いので割と入手は容易)では背中に「ゴッドボーガン」用の「矢つぼパーツ」を貼り付けている。
「ゴッドバード用ユニット」交換用の「矢つぼ」パーツがあったら良かったのにと、ふと思う。
まぁ、このあたりが「ハイコン」が「超合金」のアップデード版にすぎないと、Doburoku-TAOが思える理由。



 
バンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 左側面からバンダイ 「ハイコンプリート モデル」『ライディーン』 「ゴッドバート」用翼をはずした 左側面から左画像…ゴッドバード用 武器 ユニット付けた左側面。
右画像…ゴッドバード用 ユニットだけ外した左側面

 側面からの画像を見れば、「ハイコン」の頭頂部の高さがわかると思う。
この頭の大きさをカバーするため 武器装備「ゴッド ブロック」「ゴッド ゴーガン」を少し大きめにして 人型の時に手足が華奢に見えないようバランスをとっているのではないだろうか…。
側面画像はフェイスガードを開けた状態だが、「ゴッドバード」の眼が目立つ。

 こうして「人型」状態を眺めると、このハイコン「ライディーン」は「ゴッドバード」形態重視の製品だと思う。
ただこの製品の設計者の非凡なところは手や足の先の方をを大きく見せる事で 頭を大きくした事でチンチクリンになりやすい「人型」をかっこよくしてくれた事にあると思う。
 20年以上前の製品としては プロポーションひとつとってもなかなか「侮りがたい非凡な製品」だと思うのだが…。
ただ、現在の技術を凝らした「超合金魂」があるわけで、まぁDoburoku-TAOのように,「あの時(20年前)買い逃した これが欲しかったんじゃ!!」という、「執念深い 物欲 どアホ」以外は血眼になってまで探す製品かといえば正直…だな。
 まぁ、人それぞれですが…(笑

長くなったので、ひとまず投稿。書き残しは次にでも…。
posted by DOBUROKU-TAO at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オタクの「おもちゃ箱」 | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

オタクの「おもちゃ箱」No.049 (11-006) バンダイ 「カプセル超合金」『勇者 ライディーン』…(2011.03.20  日曜日、玩具、模型、散財 )

バンダイ 「カプセル超合金」『勇者 ライディーン』

 バンダイ HIGH COMPLETE MODEL(ハイコプリートモデル・ハイコン) 『勇者 ライディーン RD-GP1』を紹介したので、棚から2002年ごろ発売されたバンダイ 「カプセル超合金」から『勇者 ライディーン 』の通常版とブラックタイプを…。

「カプセル超合金」『ライディーン』 ノーマル&ブラック 前より「カプセル超合金」『ライディーン』ノーマル&ブラック 後より

左画像… バンダイ 「カプセル超合金」『勇者 ライディーン』通常版&ブラックタイプ 前面。

右画像… バンダイ 「カプセル超合金」『勇者 ライディーン』通常版&ブラックタイプ 後面。

 商品としては、昔の超合金を縮小したモデル。ライディーンは変形することもあり、他の「カプセル超合金」のように金属パーツは使われていない。経年変化と保存状態もあり多少部品に曲がり癖がついている。
 ギミックとしては腕の武器を取り外してフェイス・ガード部を差し替えすることで、超合金「ライディーン」のように、「ゴットバード」形態に変形できる。
「カプセル超合金」『ゴットバード』ノーマル&ブラック 形態「カプセル超合金」『ゴットバード』形態 ノーマル&ブラック 機首部斜め前より

左画像…バンダイ 「カプセル超合金」『勇者 ライディーン』 通常版&ブラックタイプ 「ゴットバード」形態。

右画像…バンダイ 「カプセル超合金」『勇者 ライディーン』 通常版&ブラックタイプ 「ゴットバード」 を斜め前から…

「ゴッドバード」形態時の鳥の目が 小松政夫の「しらけ鳥音頭」の『しらけ鳥人形の目』に見えるのはご愛嬌…(笑

posted by DOBUROKU-TAO at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | オタクの「おもちゃ箱」 | 更新情報をチェックする

ふと、思った事…提案「東日本大震災」を忘れない意味も含め 「義援金つき硬貨」の発行を…(2011年03月20日)

 同居人が『「政府は 災害復興の資金稼ぎに、お金を多数すらないといけないだろうなぁ…」との会話を通勤途中の電車で聞いた』事で朝会話をした。
 この時、Doburoku-TAOは学生時代 バイト先で教えてもらった「記念通貨発行の効能」を思いだした。

 経済の専門家でもないDoburoku-TAOでも、中学生時代習った紙幣の乱発行は、貨幣の価値(お金の値打ち)を下げるぐらいの知識のかけらぐらいは 脳みその隅っこに残っている。
 ここで「市場にお金をあふれさせず、お金を新規に発行」し、かつ「お金を集める方法」があればいいのだろうな なんて考えていたら、ふと思い出したのが「記念通貨発行の効能だった」

学生時代(26年ほど前)に政府から「記念通貨」が発行された時のこと。
 発行されたのは額面通り使える記念通貨だった事もあり、等価の「金」と交換出来ない日本の通貨制度を思えばDoburoku-TAOは「記念だけ」の「経済的」に意味の無い事だと思っていた。
 「金貨」や「銀貨」を使うのが当たり前な貨幣体系なら、「金」や「銀」の含有率を下げた通貨を「記念通貨」として発行すれば「自然と金や銀の政府回収ができるのになぁ…」と思いながら、交換に並ぶ人々を冷ややかに眺めていた。

 この時「記念通貨発行の効能」を、わかりやすく教えてくれたのが当時のバイト先の先輩だった。
先輩いわく、「記念通貨は『記念品』としてタンス預金になりやすい」=「動かないお金」だよと。
 先輩はさらに、『発行した「記念通貨」の「タンス預金」率が高くなれば高くなるほど、通常紙幣を同額発行するよりは「動かないお金」のおかげで貨幣の価値(お金の値打ち)を下げない』と教えてくれた。
 これと同じような方法でお金を集めているのが、小国で外貨稼ぎに「記念切手」を発行している国々。
あくまでも切手は自国の郵便業務のための証紙だが 刷った全部が国内で使われないこともあり。外貨稼ぎの手段としては有効になる。
この手法が有効なのは世界の記念切手市場が物語っている。

 ここでDoburoku-TAOが思いついたのは、『「震災を忘れない為の災害復興義援金つき硬貨」を、政府が発行すればいいのではないか?』である。
仮に合計1億円の額円の『震災を忘れない為の災害復興義援金つき100円硬貨」を鋳造したとしよう。
この際「100円硬貨を110円」で交換し、10円は「災害復興義援金」に回し、残りの100円は国庫に戻すとすれば(全額交換出来たとして)…。
災害復興義捐金→1000万円
国庫に      →1億円
となる。これに仮にタンス預金率が40%とすれば

市場に流れているお金は
単純計算で6000万円
となる。

 これに災害復興義捐金の1000万円が政府の懐に戻った事で実質
市場に流れているお金は単純計算で5000万円となるのではないだろうか?

 これは 同じ1億円のお金を増刷するよりも(上の素人計算が経済的に正しいならば)、半分の5000万円を増刷した事になり、貨幣の価値(お金の値打ち)を下げない事になると思うがいかがだろう?。

 ついでに「お金の直径も大きくし、わざと自動販売機で使えない」ようにすれば、嫌でも流通しにくくなる。
まぁタンス預金率が数%ならば経済的な意味もないだろうし、国民のヒンシュクを買うだけかもしれないが、義捐金集めの方法としては有効だと思うのだが…
まぁ、所詮は経済の素人の思いつきで…(笑
posted by DOBUROKU-TAO at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | 更新情報をチェックする

オタクの「おもちゃ箱」No.048 (11-005) バンダイ ハイコプリートモデル『勇者 ライディーン RD-GP1』その1「ゴッドバート形態」&おまけカプセルポピニカ「重戦 ブルーガー」…(2011.03.20  日曜日、玩具、模型、散財 )

ゴットバード形態 機首部斜め前より

 長谷川祐一 著「ゴッドバード」 の画像にちょこっと写っていたものは、最近 大阪難波の「サイケデリア」で、箱痛み・部品欠品で販売されていたバンダイ HIGH COMPLETE MODEL(ハイコプリートモデル・ハイコン) 『勇者 ライディーン RD-GP1』の「ゴッドバート」形態。
 発売当初から買い逃し、20年以上探していたあたり、毎度ごとく我ながら執念深いというかアホというか…。ところでこの製品入手して気がついた事は、「ゴッドバード」形態の顔(特にくちばし)が鳥らしい雰囲気を出している事。また 顔を覆うカバーには3次曲面で構成され、黄色い角が大きめに造形されている。

ゴットバード形態 上面よりゴットバード形態 下面より

左画像…ゴットバード形態 上面より。右画像…ゴットバード形態 下面より。

ゴットバード形態 前面よりゴットバード形態 後方より

左画像…ゴットバード形態 前方より。右画像…ゴットバード形態 後方より。

ゴットバード形態 左側面よりゴットバード形態用 腕カバー兼 翼パーツ。2パーツ構成 台座。

左画像…ゴットバード形態 側面より。右画像…ゴットバード形態用 腕カバー兼 翼パーツ。2パーツ構成 台座。

 1985年発売の製品なので 間接部は軸だけではなくボールジョイントが一部採用され、自由に動くようなっている(人型の自由度に貢献しているかは…疑問)。
反面、ロック機構まではまだお考慮されていないので 遊んでいると間接部が画像のように弱ってくるのは仕方ないだろう。
 この製品は「ハイコプリートモデル VF-1」と同時期に販売された製品なのだか、なんやかんやで再販売される事の多い「ハイコプリート」製品の中では、「VF-1」とともに再販されない不遇な製品だったりする(「生まれ(設計)の問題」だの「金型消失」だの噂はいろいろだが…)。
手に持って「ゴッドバート」形態を眺めると、製品としての妥協点を探す作業で、「飛行機」が好きな人が「人型になれる玩具」として「飛行機より」に本商品を設計したのではと思う。
 
バンダイ ベストメカコレクション No.31 1400「勇者 ライディーン」 未組み立て 頭部パーツ 左画像…バンダイ ベストメカコレクション No.31 1/400「勇者 ライディーン」 未組み立て 頭部パーツ

 そのように思う理由として、本製品の頭頂部のサイズと形状がある。参考に左の画像の80年代に製品化された未組み立てのプラモデル(結構再販されているので入手は楽な製品)の、頭部パーツを見てほしい。このプラモデルは非変形モデルである事から頭頂部が小さくなっている。 「超合金魂」が出たあと、「ハイコプリートモデル」の「人型形態」を見て、ルックス的に苦しいといわれる理由は 烏帽子の如く伸びた頭頂部が顔を小さくみせていることだと思う。
ところで「頭でっかち寸つまり」に見せるこのデザインアレンジ(頭頂部が大きい)だが、「勇者ライディーン」放映当時の「超合金」の形そのものがそうなっている事を思えば、「航空機うんたら…」はDoburoku-TAOの思い込みで、ただ単に「超合金」の「80年代アップデード版」見るべきなのかもしれない。
 それにしても本商品、翼をシャープにし大型化(出来れば別パーツか取り外せれば収納状態もよくなるのに…)した上で、爪の造形がより細かくなれば、「ゴッドバード」形態がよりよくなったのでは…と未練がましく思ってしまう。

 ところで「ハイコプリートモデル」は26年も過去製品なのでいまさら文句をつけるのは野暮といえば野暮。
その後90年代のカプセルからバンダイのプラモデルも含め「超合金魂」や「スーパーロボット 超合金」と、いろいろ変形出来る製品が出ていることを思えば、選べるだけ「ライディーン」は恵まれている(「愛されている」)キャラクターだと思う。まぁ さかのぼって探すのは大変だが…(笑
 確かに素晴らしい出来の「超合金魂 勇者ライディーン」も出てはいるが、どうも「ある程度の再現にお金がかかるのは仕方ない」とはいえ「玩具の範疇を越えている」ような感じでDoburoku-TAOにはなじめない。
 なので モデルガンなど買いながらも、「超合金魂」そのものを購入する気分にはもうなれなかった。
 もちろんDoburoku-TAOは阿呆なので「超合金魂」がスタートした際は、せっせとマジンガー系は何種類か購入してはいる…(笑
「UFO ロボ グレンダイザー」なども入手しているが、出たことが自体奇跡の海洋堂 山口氏原型「リボルテック グレンダイザー」と組み合わせての可能性を試すことは、「超合金魂」を箱から出すことが(収納しなおす事)が苦になる有様で未だに試していない。
「グレンダイザー」に関しては結局は机の片隅において手慰みに遊ぶのは「カプセル超合金」の「グレンダイザー」と「スペイザー」の組み合わせになってしまっている。多分 手軽に遊べる事から、この「ハイコプリートモデル」を机の片隅に飾る事になるだろう。
 玩具で疲れるのは エネルギーがない自身の問題だと言われればそれまでだが…(笑

『オマケ』 カプセル超合金「重戦 ブルーガー」

「カプセル ポピニカ」より「重戦ブルーガー」。「カプセル ポピニカ」より「重戦ブルーガー」 機首部開閉ギミック

左画像…「カプセル ポピニカ」より「重戦ブルーガー」。右画像…「カプセル ポピニカ」より「重戦ブルーガー」 開閉ギミック。
 10年ほど前 カプセルベンダーで販売されていた製品。さすがに「ポピニカ」側面のツメ展開ギミックは再現されていない。
当時のアニメ・特撮作品は、スポンサー提示の玩具用デザインを劇中に出していたわけで、当時の玩具のルックスがよければ自然と「カプセル ポピニカ」のルックスが劇中似となる。
それにしても「カプセル 超合金」「カプセル ポピニカ」の原型を担当された方、こだわっているというか「頭の下がる」製品が多いです。
細部に色を加えてやれば結構いい感じなると思うし、模型と並べて飾るには結構いいサイズなのもうれしい。ちなみに搭載された小型機(接着されているが細部の造形はしっかりしている)が銀色一色なのは「ポピニカ」が銀メッキされた部品だったからで、商品の企画意図と仕様としては正しい処理…でも、ちぇ(笑
ちなみに当時せっせと集めておりました。はい、毎度の如く 阿呆ですので…(笑。
posted by DOBUROKU-TAO at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | オタクの「おもちゃ箱」 | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

2011年 最近の読書 No.06  長谷川祐一 著「超電磁大戦 ビクトリーⅤ」(1巻 2巻) JIVE…(2011.03.19 読書・漫画・散財)

長谷川祐一 著「超電磁大戦 ビクトリーⅤ」(1巻 2巻) JIVE
最近の読書 2011.03.19 長谷川祐一 著「著電磁大戦 ビクトリーファイブ」1・2 Doburoku-TAO「スーパーロボットマガジン」(双葉社)に掲載され終末を読み逃した漫画がやっと単行本かされた。
Doburoku-TAOの世代は故長浜監督の「超電磁ロボ コンバトラーⅤ」「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「闘将ダイモス」の各作品が、つながってひとつの世界の作品になっていることだけでも降参なのに、ましてや力技の長谷川祐一氏の作品、読んでいてニヤリが多いわけでもうレジ直行。
 これら作品はポピーの偉い人デザインもあり、ポピーの玩具は当時としては良くできていたが 価格も良かったこともありまぁ憧れの製品だったりする。
 自分は作品に登場するロボットの良くできた玩具「超合金魂」が欲しかったのではなく、本当にポピーの合体玩具の形が憧れだったのだと思う。まぁ、このあたりの物欲は「カプセル超合金」で納まってしまったわけで…(笑(そういえば 「ダイモス」は当時 プラモデル無かったなぁ…)。あと、「TVランド」世代としては聖悠紀氏のキャラクター原案というだけで尻尾を振ってしまうのは、(Doburoku-TAOが「リフティングボディー機 X-24b系」が好きなのも)聖悠紀氏の影響だと思う。2巻に登場する「未来ロボ ダルタニアス」は放映された数話を見たが、放送時間の関係で最終回まで見ていない作品だったりするので 結構この漫画でモヤモヤ感が補えたりしている。 余談ついでだが、「ガンダムプラモ ブーム」直前の作品「ダルタニアス」のプラモデルは合体ギミックとしてはなかなか良くできた製品だった記憶がある。
 まぁ、この作品 当時からファンで濃い方(女性陣)にはイマイチ受けないかも知れないが、当時の男の子は大らかな気持ちでチラリとも覘いて見てはどうだろうが…。

で毎度にごとく馬鹿なので…買いました「ゴッドバード」…(笑
最近の読書 2011.03.19 長谷川祐一 著「ゴッドバード」1Doburoku-TAO 猪突猛進型のヒロインがなんとも…。あと黒はやっぱり「超合金」の金ライン入りの配色かなぁ…
でも 長谷川祐一氏はPCで描いているのだろうか…、なんか線が細く華奢になったような…。
posted by DOBUROKU-TAO at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 「2011年 最近の読書] | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

「今日の甘いもの」その51(2011-No004) 大阪市 旭区 京阪「森小路」駅前『Mou(ムー)』「和栗のモンブラン」…(2011.03.18 金曜日の甘いもの、散財)

同居人のお土産…

大阪市 旭区 京阪電鉄「森小路」駅前『Mou(ムー)』の「和栗のモンブラン」
 小さなお店らしく。数をつくらず「売り切れたら閉店」のお店。
地味だが 丁寧なつくりのケーキ。
店内でも食べれるらしいので、興味のある方は覗かれて見ては…。

posted by DOBUROKU-TAO at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 「今日の甘いもの」 | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

ふと、思った事…「インターネット通販」の事…(2011年03月12日)

 TVで流される「東日本大震災」の画像をみて思い出したのは 以前勤めていた玩具メーカーで従事していた通販業務の事だった。
当時ネット通販の担当だったDoburoku-TAOは予約商品の管理と発送に従事していた。
この仕事で頭が痛かったのが「辞退」とぬかす「代引き発送の予約商品の受け取り拒否」だった。

 この受け取り拒否の問題は意外と 経済的な負担を発送するメーカーに与える。
商品発送が「発送基の元払い」の場合、商品の受け取り拒否があった場合 商品は送り主の基に返ってきた上、送料は「仕事が遂行できなかった」事から運送会社からは請求されない。
 これが「代引き発送の予約商品の受け取り拒否」の場合、荷物を取り戻すのに「注文主あての送料」+「代引き手数料」+「発送基への返送送料」が商品の送り主に請求される。
当時はこのような事例の発生のたびに こめかみに血管を浮かべながら「商品受け取りの催促」した物だった。

さて、今回このような昔話をだらだら書いたのは,今回の「東日本大震災」でインターネット通販の場合は打撃を受けると思ったからだ…
最低でも日本全国顧客の1/5が今回の被災を受けたとみるべきだろう。
今回の場合、悪意の「辞退」ではなく、受け取り人(場所)が無くなった人や経済的にも支払いが苦しい人も出ていると思う。
それに被災地の「宅配便システム」の崩壊もあるだろう。
 このような状況で 「代引き」で商品を発送した場合 その後の返品処理と回収費用の負担は店舗にとって負担になると思われる。
ここは ひとまず「商品を発送してもいいですが…? 何日までに返信がない人は今回商品を発送しません」ぐらいの機転を利かす必要がある思う。
まぁ、昔の仕事でふと思った お節介だが…(笑

ちなみに、「インターネット オークション」も同様なトラブルが発生する可能性が高い。
しばらくは 入札者(同じく落札者)の所在地の確認は必要だと思う。

posted by DOBUROKU-TAO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | 更新情報をチェックする

ふと、思い出した事…「阪神淡路大震災」のときの事 その2…「NHKの番組でのスタジオジブリの張り紙とボランティア」…(2011年03月12日)

 TVで流される「東日本大震災」の画像をみて意地悪く思い出したのは 今回は宮崎御大が何をいうかだった。

「阪神淡路大震災」の後、「スタジオ ジブリ」作品を取り上げたNHKのドキュメントだった。
ジブリの中の張り紙には「ボランティアに向かう人は申し出るように」だったと思う。

この張り紙を見た際、「ボランティア」だったのか「災害という風景」を作画資料と使う為なのかはわからないが複雑な心境になった。
情報収集と善意、好奇心と献身 果たして何を思いあのような張り紙を貼ったのを放映したかは わからない。

 最後にボランティアについて思う事を書いておくと、善意の気持ちがあっても「医療関係」など専門職や技能を持つ者以外はむやみに現地入りしないほうがいいと思う。
今回のような 広域の被害が出た所の場合、日帰りボランティアなんて無理。したがって長期の滞在になる覚悟が必要となる。
たとえ それが善意の行動でも、「食事」・「糞尿処理」・「ごみの処理」はボランティアの数だけ必要になり、それら物資の負担は馬鹿にならない。
 だから 限られた物資を有効に被災者に使ってもらうためにも 専門職の方以外の現地入りは避けるべきだと思う。
もし それでも何かしたい人は 住んでいる地域から被災地へ送る「荷物の仕分け」など「被災地の支援物資を消費することがない」作業に従事するべきだと思う。
 

posted by DOBUROKU-TAO at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | 更新情報をチェックする

ふと、思い出した事…「阪神淡路大震災」のときの事 その1…「2号線で見た景色」…(2011年03月12日)

 TVで流される「東日本大震災」の画像をみてふと思い出したのは「阪神淡路大震災」後の風景だった。
あの震災の日の朝、大阪の野田阪神より神戸方面へ向かう「国道 2号線」は「災害時の緊急道路」として指定され一般車両の通行が禁止された。

震災から3日後から、かろうじて電車が通っている阪急「西宮北口」で営業していた「ミドリ電化」へ、東芝の依頼を受けた派遣会社の指示でDoburoku-TAOは店内片付けの仕事に通った。
「ミドリ電化」の「西宮店」は2号線に面しており、まだ阪急も阪神も「三宮」方面までの電車が復旧していない状態。
この時2号線には終始、リュックサックを背負った人々が歩いて神戸へと向かって歩いていた。
駅前のマクドナルドは炊き出しをしていたのも覚えている。
「ミドリ電化」の向かいには「サティー」があり、朝 「くろズミかけたバナナ」が箱いっぱいに「ご自由におとりください」と描かれておかれていた。
そしてそのバナナは昼休みに出たときには箱が空になっていた。
なぜか 物悲しくなったのを覚えている。

そして忘れたくても忘れられないのは その2号線から人影が消えた事である。
それは当時の「村山首相」の被災地視察の日。
あの日 多くの人たちは迂回路を歩かされたのではないだろうが…。
そして その日「ミドリ電化」の屋上で見た 2号線周辺を上下に機動しながら清音モードで飛び回っていた陸上自衛隊の「TOWコブラ」を忘れる事はできない。

posted by DOBUROKU-TAO at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

大阪の橋下知事の「伊丹空港」廃止案に対する反対意見…『近畿在住者は今後のために津波の怖さをよく見ておくべきだと思う。』2011年03月11日 「東北沖太平洋」地震による津波が与える「関西新空港」および「神戸空港」への被害の確認…(2011年03月11日)

 私は選挙出馬の際 マスコミを使い「殺人事件」をネタに人気取りをするような大阪 橋下知事をもともと人間として信用していない。
彼が事あることにわめいていた「伊丹空港廃止」および「伊丹空港廃止後の外国語特区」など 防災の観念のない単に地上げ目当てと思っている。
今回 「仙台空港」は津波により壊滅的な被害を受けている。
 大阪湾にはこれより淡路島南部に1mの津波が来ると予想されている。
今回の地震が 海岸部の空港にどのような被害を与えるか 近畿圏在住の方はよく見ていてほしい。
海岸部だけに空港を持つことがいかに危険か?
関西を世界に対抗できる「経済ブロック」にする云々と叫ぶ 橋下知事の提案は 目先の事だけで震災が発生した後、復旧(経済)についての考えがない事が判ると思う。

posted by DOBUROKU-TAO at 17:31| 東日本大震災 | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

本日購入した物より…英国製「ハックルプライヤー」…(2010.03.09 モデルガン・模型・散財)

久々に野暮用で裁判所と役所を回ったついでに前を通った本町の釣具店による。
目的は道具の追加購入。
「ハックル プライヤー」
 ルアーの製作時や針の加工する際に部品をはさむ為の物。
 15年ほど前に先輩モデラーに教えられてから愛用している。
グリップする力が強いので、プラモデルの「小さな部品のヤスリがけ」や「塗装の際の部品保持」に重宝している。
今回画像に写っている「小サイズ」目当てで10数年ぶりにたち寄ったが、取り扱い種類を減らしたようで「大きいサイズ」しか購入できなかった。
以前は難波CITYにも釣具屋はあったが 10年ほど前に吉野屋になってしまった…(笑
 探し方が悪いせいか「東急ハンズ」も扱っていない。

ところで 「模型」を作るのが好きな人には、1/72サイズの人形塗装等で重宝するので、お勧めな道具だったりする。

posted by DOBUROKU-TAO at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

「今日の甘いもの」その50(2011-No003) マンナンライフ「蒟蒻畑」…(2011.03.02 水曜日の甘いもの、散財)


マンナンライフ「蒟蒻畑」
同居人の好物をおすそわけしてもらっていただいた物。
まぁ いろんな事があったとはいえ この注意書きは「食料品」の域を超えているような…
なんか メーカーさんも大変だなぁ…

posted by DOBUROKU-TAO at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 「今日の甘いもの」 | 更新情報をチェックする