2010年04月29日

オタクの「おもちゃ箱」No.10-025 (2010.04.29 木曜日) 1/72 長谷川「ジープ」プラモデルとその改造

こちらも本棚で本を片付けてついでに引っ張りだした物。
「ワンダーフェスティバル」参加していた当時完成させたもの。
1/72 長谷川「ジープ」プラモデルとその改造例。
「ロータ ジープ」は(英国?メーカー失念)レジンキット。
キットは外国製のレジン製だが、ジープ部が「長谷川」のコピーそのままだったので、長谷川のキットと組み合わせて完成させた。
尻餅をつかないよう内部にマイクロウェイト(「マッハ模型」販売)を仕込んでいる。
塗装はこの当時は基本のオリーブドラブを吹きつけ、細部は筆塗り。エナメルの黒を使い、ウォッシングで仕上げている。
お手軽組み立ての完成品



折角だから「ロータ ジープ」のアップを。
posted by DOBUROKU-TAO at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オタクの「おもちゃ箱」 | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

オタクの「おもちゃ箱」No.10-024 (2010.04.28 火曜日) 再投稿 84年ごろ購入 タカラ製「チョロQ ルイジ・コラーニー デザイン4種」(2010.04.25 投稿再編集)

画像投稿の仕方の関係かトップページがおかしいので再投稿。

本棚で本を片付けてついでに引っ張りだした物。
当時 タカラがルイジ・コラーニー にデザインを依頼し、そのデザインを基に製作した「チョロQ」4種。
カラーVerも有ったらしいが白しか持っていない。
日が当たらないよう注意していたが、経年変化で少し黄ばんでいるのが残念。


posted by DOBUROKU-TAO at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オタクの「おもちゃ箱」 | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

2010.04.24 の大阪アメリカ村「ショットショージャパン2010」での収穫。タニオコバ「GM ステンレスマガジン」、虎びす屋「びっくるくん」)…(散財、モデルガン、玩具)

最近はモデルガンよりも、玩具と模型で遊んでいるDoburoku-TAOです。
まぁ、もともと自己満足・引きこもり気質なので、無理に頑張ってブログ記事にしなくてもなんか満足しているのが…(笑。

と書きながらも、2010.04.24 の大阪アメリカ村開かれた「ショットショージャパン2010」で購入した商品2種の散財自慢…(笑。

◎タニオコバ製GMリアルサイズカート共用「ステンレスマガジン」1個2000円(2個 3000円)
スチール(黒染め)も販売(1個1500円、2個2500円)されていたが今回はステンレス製を選んだ。

◎虎びす屋「秘密兵器スリーブガン びっくるくん」(銃つき 16000円)
映画「タクシー ドライバー」で有名なプロップの機構を再現したプロップ再現モデル。
製作者の執念を感じさせる製品。まぁ「S&W M61」は入手できる玩具銃がないので付属しないのは仕方がないが、本体は金属製で丁寧なつくりなうえ、とても親切な編集の操作・装着マニュアル(両面コピー1枚)が付属する。
付属の玩具銃は勝手にブレイクオープンしないように簡単な加工がされている。
ちなみに今回入手したのは小改良を施したVer.2。
価格は1000円UPしたが銃の固定位置の前後の微調整を出来なくしたことと、作動時銃が出きったときの音の拘ったそうな…。
旧Verもまだ在庫が数丁のこっているそうなので、興味がある人は「虎びす屋」「びっくるくん」で検索してHPを覗いて見てほしい。
横山やすし主演「ビックマグナム黒岩先生」や今年公開された「シャロックホームズ」のモリアーテイ教授の「シャープス デリンジャー」(DENIX製は入手出来ないのが残念)にくぎつけになった人も一度覗いて見てはいかがかと…(笑。
といったわけで 散財自慢は終了…(笑

2010年04月05日

「本と散財の話(日記)」…2010.04.05 

ハードカバー 初版で塩見七生さんの「ローマ人の物語」全15巻と「ローマ亡き後の地中海世界」上下巻の合計17冊を「まんだらけ」の3冊210円コーナーで全巻買って帰る。
しかし、この価格はうれしい反面 複雑な心境。
価格は客で決まるから「まんだらけ」らしいといえばらしいが 文庫本が出ている「ローマ人の物語」(あと 2冊分で完結だが…)ともかく、「ローマ亡き後の地中海世界」は 買えてうれしい反面なんだがなぁ…


posted by DOBUROKU-TAO at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | 更新情報をチェックする