2009年08月30日

おっさんオタクのスーパーでの買い物…バンダイ 食玩「アクションアーカイブ ウルトラマン No3 変身 ベーターカプセル」…(09.08.30 玩具)

ヨドバシカメラにも 日本橋ジョウシンの食玩売り場でもみかけなかった…

画像…バンダイ 食玩「アクションアーカイブ ウルトラマン 変身 ベーターカプセル」バンダイ 食玩「アクションアーカイブ ウルトラマン No3 変身! ベーターカプセル」…定価 500円

 難波に出かけた際 思い出した買い物で立ち寄った24時間営業のスーパー『マックスバリュー』の食玩具売り場で 見つけて購入。
このスーパーでは 家の近所のスーパーとは違い、「スーパーガン」と「ベーターカプセル」がダダあまり状態。売れ方の差は住民の年齢構成(趣味)の違いが現れているのかもしれない…

 全長 16cmのこの商品、ボタンをおすと「ウルトラマン』の変身時の効果音が鳴る。カプセル先端部は透明パーツで内部に七色に輝くシールが仕込まれているが 残念ながら発光ギミックは搭載されていない。
発光ギミックの省略は 残念といえば残念だが フラッシュ回路は電圧が必要なので ボタン電池で 複数の回路の同時動作は難しいだろう。

同世代で使い捨てカメラのフラッシュ回路を取り出して 模型に仕込めないかと悩んだ事がある人には イメージは浮かぶかと…(笑
 
背面にはスライドスイッチと、保管時にスイッチが入って 電池の消耗を防ぐストッパーがついている辺りは 玩具として親切な製品だと感じた。
電池はばらさないと交換できない構造だが、長期保存を考えるならば ボタン電池の液漏れを考えて 電池はとり外して置いた方がいいだろう。

 塗装の仕上げの荒さはあるが 価格を思えば仕方ないかと…
こちらも 過去にもガレージキットなどで商品化されたが ギミックと仕上げを思えば 価格相応の良い製品だと思う。

ま 感想は人それぞれだろうが…
posted by DOBUROKU-TAO at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具・オマケ | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

おっさんオタクのスーパーでの買い物…バンダイ 食玩「アクションアーカイブ ウルトラマン No2 アタック スーパーガン」…(09.08.29 玩具)

「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」Doburoku-TAO


















画像…バンダイ「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」

「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 外箱 Doburoku-TAO左画像…バンダイ「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.
「アタックスーパーガン」外箱

模型誌の製品紹介記事で気になり、最近スーパーの食玩売り場で購入したのは…
バンダイ 食玩「アクションアーカイブ ウルトラマン No2 アタック スーパーガン」…定価 500円




「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 左側面 Doburoku-TAO「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 右側面 Doburoku-TAO
上左画像…バンダイ「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 左側面
上右画像…バンダイ「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 右側面


「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 銃身を縮めてみた  Doburoku-TAO「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 内部機構Doburoku-TAO

上左画像…バンダイ「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 銃身を縮めた状態。
上右画像…バンダイ「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 内部機構
 …「はずみ車」の重量稼ぎにねじを使うアイディアは脱帽物。なお 分解するため部品を一部切断しているので あまり分解はお勧めしない。

 本製品の科学特捜隊の「スーパーガン」は、プロップより小さい全長14cm(銃身を延ばした状態)の物。
ギミックとしては 銃身の伸縮と 引き金をひくと本体が震える。売りの振動ギミックは 引き金の前後運動を大小2つの歯車で回転運動に変え T型の振り子を回転させて生じさせる仕掛け。
「引き金」の後ろの「振り子」に「回転を与えている小さい歯車」は、「引き金が下がろうとする限り」振り子に回転を与えている歯車とかみ合っている。
が、引き金の動きが止まると前進し、「振り子に回転を与えていた歯車と振り子は自由に回転できる」様になる。
コスト削減のアイディアで面白いのは振り子の仕様。専用の金属パーツではなく、樹脂製パーツにネジをねじ込み重量を稼いでいる。

製品はバレル基部のパーツが接着されている。その為、右側面のネジを外しても画像のように分解は出来ない。画像の物はバレル基部のスジ掘りにカミソリノコで切断し 内部機構を確認した。
勿論再組み立ては出来る。が、こんな事をしなくても遊べる製品なので 良い子は真似しなくていいかと…(笑

本製品の大きさ及び、銃後部のレバーの形状(プロップはバネ仕掛けの銃身の伸びるギミックの開放レバー と聞いた事がある)などスケール模型的には?な製品だが、プロップ自体が大雑把な作りだから、これはこれで価格相応のギミック的にも面白い玩具(製品)だと思う。
 確かに玩具としての機構には目新しさはない。が、電子系の玩具が多い中で電池が無くても遊べる本製品を設計した設計者のセンスはいいと思う。

 過去にも科学特捜隊の「スーパーガン」はガレージキットなどで商品化された(近年では アルミ文鎮でひと悶着あったところもあったが…(笑 )。親子2世代(場合によっては3世代)のキャラクター「ウルトラマン」の玩具としてはオマケの「流星バッチ」とともに価格相応の良い製品だと思う。

残念だったのは「流星バッチ」のアンテナが伸びなかったことだが 価格を思えば仕方ないか…


「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 付属流星バッジ」少し手を加えた Doburoku-TAO左画像…バンダイ「アクションアーカイブ ウルトラマン」No2.「アタックスーパーガン」 付属バッヂ…アンテナが伸びるよう手を加えたが…。
 一応、画像のバッチはピアノ線でアンテナが伸びるように改造している。シールの剥がし方に失敗し汚くなったのが残念…汚くなったシールの代わりにストックの模型の転写シールから流用する手もあるが そこまではしていない。

ちなみに、最近立ち寄った「ヨドバシカメラ」では、このシリーズの「ベータカプセル」とともに売りきれ状態だった。
模型として云々 とこの食玩に青筋立てるマニア様は、80年代刊行された朝日ソノラマのムック片手にスクラッチしたほうが早い製品かもしれないが…

2011.09.24…画像再撮影に伴い、画像を差し替えた。
posted by DOBUROKU-TAO at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具・オマケ | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

所詮は盆休みに仕上げた模型の自慢話 …佐藤直樹 氏(「ミレニアムモデル」時) 原型・製作 レジン製 キット「リバレーター」…〔レジン製銃器、モデルガン…2009.08.17)

この盆休みで仕上げたのは…

画像…佐藤直樹 氏(「ミレニアム モデル」時代 イベント販売版)レジン製 「リベレーター」可動モデル 組み立て品キットは 付属のダミーカート(レジン製)をチャンバーに装填でき。
実物と同じ コッキングピースの変則ダブルアクションが再現されている。



画像…佐藤直樹 氏版「リバレーター」 チャンバー上面より画像…佐藤直樹 氏版「リバレーター」 チャンバー基部 モールド
頑住吉氏の製品は バレルも含めて モナカ構造だが、佐藤直樹氏の者はレジン製バレル(チャンバーも)別パーツで成型されている。その部品分割から 実銃の持つプレス製品の雰囲気は(コッキンピース 基部に補強のパーツのモールドがあるなど) 佐藤氏の製品の方が細部は良く表現されている。

Doburoku-TAOの手持ち 頑住吉氏版は 付属の実物サイズの45ACP を装填出来るVer.だが、佐藤氏の物は 実物より 少し経が小さい MGC GM-5シリーズ用の ダミーカートが丁度良いサイズ(実物サイズの45ACPは装填出来るが 取り出しにくい…)だった。
また 佐藤直樹氏のVer.はグリップ内部の肉抜きも綺麗にされているが、今回組上げた物には グリップにMGC GM-5シリーズ用の ダミーカートを10発 収納はできなかった(販売から入手までの年月から縮んだのかもしれないが…)。
なおグリップ下部の蓋は 佐藤直樹氏版はレジン製となっている。
頑住吉氏の製品とは違い 佐藤直樹氏の製品には ウェイトは仕込まれていない。

模型としての動作再現に置いては 佐藤直樹氏版も頑住吉氏版も甲乙つけがたい品だが、細部表現は 佐藤氏の物が細かく、販売価格と入手しやすさと組み立て安さでは頑住吉 氏版に分があると感じた。

最後に…

画像…手持ちレジン製「リバレーター」完成品 3種。左から 佐藤直樹氏版、頑(癌)住吉氏版、イベント購入無可動文鎮手持ち 「リバレーター」キット 完成品3種(左から 佐藤直樹氏版、頑(癌)住吉氏版、イベント購入無可動文鎮 )


といった訳で 持ち物自慢話 終了。



posted by DOBUROKU-TAO at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レジン系 TOYGUN関連 | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

『おっさんオタクの最近のお気に入り…』海洋堂 製 リボルテック山口 No.72「オリハルコン・レイカル」 No.73「グルーミー」&トミカ No.65 「日立建機 双椀作業機 アステコ」(2009.08新作)…(2009.08.16玩具 散財)

この盆休みで購入した物で 海洋堂 製 リボルテック山口 新作2種
No.72「オリハルコン・レイカル」
No.73「グルーミー」
は 2種は玩具として面白い物。
特に 「レイカル」は同社の「クインズ ブレード」シリーズとは表現が対照的で面白い(流石に 「クインズ ブレード」シリーズの露骨さには購入意欲がわかない)
アーマーハウル 装着時の肩アーマーの保持が弱いが サイズを思えば仕方ないかと…
レイカルは顔の裏面(顎周辺)を 外側のラインを変えないよう注意して削り 首の可動範囲を稼いだ。

「グルーミー」は最初から スタンドなし単体立ちを考えていないが その分ポーズが多彩。
腰の回転軸が巧妙で 飛び蹴りポーズが決まる。
また 肘や膝の形状がジョイントをうまく隠している。
付属のビティー君もよく動く。
グルーミーの「爪」攻撃 対 リッキー「空手チョップ」でTVの上に飾っている。

今年の新作のコンバインの出来がいまいちだったので、出来具合が不安だったが いい意味で お買い得だったのが…

トミカ No.65 「日立建機 双椀作業機 アステコ」(2009.08新作)




 画像…2009.08 トミカ新車
 No.65 日立建機「双椀作業機 アステコ」
流石に、腕のアームの先端の開閉はないが…
○アームの中間部と基部(回転・可動)。
○運転台 回転
○ドーザープレート 可動
と、良く動く。
 また、最近は省略が目立った運転席のガラスはスモークの透明樹脂で再現されている。
手持ちの物は、購入時アームのハトメが目立った。なのでマジックで黒を塗り、ハトメ工作が目立たないようにしている。

我ながら「いい年して…」と思いながらも、買ってしまう辺り…(笑

2011.08.27…トミカNo.65 日立建機「双椀作業機 アステコ」画像 再撮影にともない差し替え。 
posted by DOBUROKU-TAO at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具・オマケ | 更新情報をチェックする

最近購入した お買い得キット レジン製キット 「8m南部ダミーカート&弾薬箱」…(2009.08.16モデルガン・模型 散財)

この盆休み前に ヤーフーオークションで落札した物。

8mm南部 レジン製ダミーカート を箱に詰める Doburoku-TAO8mm南部 レジン製ダミーカート 付属の箱 Doburoku-TAO

上左画像…オークション落札「8mm南部 レジン製ダミーカート」と付属「弾薬箱(組み立て済)」に詰める。
上右画像…オークション落札「8mm南部 レジン製ダミーカート」付属「弾薬箱(組み立て済)箱」の蓋に印刷された文字

手持ち 8mm南部 実物(左)、オークション落札レジン(中)、頑(癌)住吉 南部14年式付属(右) Doburoku-T 画像…手持ちダミーカート比較
 実物(左)・オークション落札「8mm南部 レジン製ダミーカート」(中)・「頑(癌)住吉」原型製作組み立てモデル擬似ショートリコイル排夾モデル「南部14年式」付属品(右)

 譲ってもらったのはレジン製「8mm南部ダミーカート」16発(未塗装)と、15発の弾が収納できる「弾薬箱」のペーパーキットのセット。
ダミーカートは4発ごとに成型されており、購入者は1発ずつ切り離して塗装して完成させる。
気泡埋めは、瞬間接着剤と硬化剤の組み合わせで行った。

塗装はサフ吹きせずに筆塗りで済ました。
 ケース…クレオス メタルカラー「ブラス(真鍮色)」
 弾頭 …クレオス「カッパー(銅)」+銅粉
 
 付属「弾薬箱」のペーパークラフトは、最初に箱の展開状態(未組み立)を見たとき違和感を覚えた。が、組み立てた後の箱の強度を上げる為の配慮と理解できた(実物の展開状態と同じかどうか判らないが…)。

 弾の数から「組み立て」と「塗装」は多少の手間はかかる。が、落札価格と送料を合わせても本製品はお買い得品でDoburoku-TAOは満足している。

 ガレージキットの面白さは、製作者のアイディアしだいと再確認さしてくれた嬉しい製品。
キワモノ・ゲテモノばっかり興味を持ってしまう趣味がある者が書くのもなんだが…(笑

オークション落札 8mm南部 レジン製ダミーカート と頑(癌)住吉 南部14年式 Doburoku-TAO

上画像…オークション落札「8mm南部 レジン製ダミーカート」と「頑(癌)住吉」原型製作組み立て擬似ショートリコイル排夾モデル「南部14年式」のキット完成品
 ちなみに本製品は、「頑(癌)住吉」氏の製品でも使用できる。


posted by DOBUROKU-TAO at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レジン系 TOYGUN関連 | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

ふと 思うこと

器と中身どちらが大事なのだろうか…

器 …国を機能させる 組織や制度の維持

中身…国に所属する 国民

「愛国心」を巡る言葉遊びを 聞くたびに

「国の存亡の危機を仮定した状況で国民に犠牲を求める理屈を愛国心をあおる」
人々に
「国の存亡の危機を招くような事態を いかに回避するか」
の 話題が出ないことに

不思議に思いながら ふと思う。
posted by DOBUROKU-TAO at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | わしも考えた(笑 | 更新情報をチェックする

オタクの散財「再版品の購入」物欲と執念の所詮は自慢話 マルシン製 モデルガン「ブローニング ハイパワー 用ショルダーストック ホルスター」…(モデルガン…2009.08.07)

こちらも20年来 買い逃した物を 再販を機会に入手した。
探していたのは…

09.08.02 注文していた大阪 梅田『ヤマモト』(大阪駅前 第4ビル 地下2階)を受け取ってきた物。

画像…09.08.02購入 マルシン製 モデルガン「ブローニング ハイパワー 用ショルダーストック ホルスター」画像…09.08.02購入 マルシン製 モデルガン「ブローニング ハイパワー 用ショルダーストック ホルスター」装着状態

今回販売された商品の箱には モデルガン「ハイパワー」をホルスターに収納した状態で収納は出来る。
が ベルトループの位置を思えば 長期収納で傷める可能性を考え 別々に収納して置いたほうがいいかと。

ところで この製品、モデルガンに装着するためには 付属の「スリット入り バックストラップ」に交換してやる必要があるのだが…
マルシンさんも シアースプリング用のピン 1本ぐらい付属してくれた方がいいと思うのだが…

ま、いいか 買うのはマニアばかりだし…

「以前 読んだ本の焼きなおし感が強いのは 題材が同じだから仕方ないかも…(笑」 『ヴァリアブルファイターVF-1 バルキリー』SoftBank Creatve 発行…(アニメ・模型・書籍)

ソフトバンク 発行「ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1 バルキリー」 Doburoku-TAO良しも悪しも 65年生まれで アニメプラモブームの洗礼(汚染)を受けた世代としては 題材が20年以上の前の物と知りながらもついつい買って読んでしまう。
「マクロス ゼロ」等 作品の時間の中に追加された情報が加えられた事も含め 書籍としての情報量は多いのだか、感想としては25年前の同人誌の「焼き直し」。
(模型を含めた ハードポイント数 キャノピー形状・断面違い 等 映画版とTV版の違いなど スリあわせの表記に面白さはあったが…)
 
「こんな本を出していいんだ!!」という「目から鱗的な驚き」は 残念ながら この本を読んで無かった

私のような おっさんオタクは馬鹿なので ブチブチいいながらも買うわけだが、この本の執筆人達の本気度は 
『手本とする本が無くなった 本シリーズ2作目以降の出来合いにかかっていると思う』
奥付に アドヴァイザーとしての 千葉昌宏 氏の名前があって少し安堵したが…

ところで アーマード装備のVF-1Jとの相性云々(アーマード装備用 レードーム短Ver は苦笑い…機首を延ばす加工は模型誌の影響)まで書いて遊ぶならば 新中州重工のガウォーク 砲塔搭載 重装備タイプまで記述してあれば 面白かったのだが…(「VF-25 メサイヤ」のアーマード とのデザイン比べが出来て面白かったと思う。


オマケ…オタクのつまらない持ち物自慢

◎MAT 発行 同人誌「マクロス ジャーナル」Vol.3&4 1983年 発行
「Vol.3」
MAT 発行同人誌「マクロス ジャーナル」VOl.3 Doburoku-TAOMAT 発行同人誌「マクロス ジャーナル」VOl.3 付属帯Doburoku-TAO

「Vol.4」
MAT 発行同人誌「マクロス ジャーナル」VOl.4Doburoku-TAO Doburoku-TAOが今回の書籍にあまり感動しなかったのはまず本書を高校生時代に 大阪桃山の「ゼネラル プロダクツ」で買っていたから。
Vol.3は VF-1開発史で Vol.4は スーパーパックとダイダロス・プロメテウスの考察が載っていた。
…(SF系の 嫌味なところといえば嫌味なところだが この同人誌を読まなければ 宮武一貴氏の『スーパーバード』の存在に気が付 探し出しても読もうとは思わなかったと思う)。









◎MAT 発行同人誌「マクロスジャーナル エキストラ VF-1 VALKYRIE SPECIAL」 1984年発行
MAT 発行同人誌「VF-1 バルキリー スペシャルエディション」Doburoku-TAO劇場版マクロス 放映にあわせて出されたこの本では 先のVol.3&4を合わせ編集しなおされた物(垂直尾翼のヒンジの位置の高さが違う事は この同人誌図面で既に描かれている)。
模型と実物写真の合成などの組み合わせは当時の模型誌の絵物語的記事よりも「ゼネラル プロダクツのVFキット 付属の解説書に近い(「ジェット ビートル」「ウルトラーホーク1号」など…)。
個人的には本としての情報の濃さはこちらだが、この本では収録されなかったVF-1形状決定までの試作案など 同人誌的な面白さはVol.3の方が面白いと思う。





◎航空情報 1973年2月号増刊「A7コルセア」
「航空情報」別冊 「A7 コルセア」 Doburoku-TAO 先のMAT同人誌「マクロスジャーナル エキストラ VF-1 VALKYRIE SPECIAL」の記事の参考になったと思われる本。対地攻撃シークエンスの解説ページなど両書籍を比較したかぎり 参考にした物と思われる。

 










◎芸文社「21世紀のワールド・ウェポン 変貌する未来兵器」1974年 発行

1979年 発行「21世紀のワールド・ウェポン 変貌する未来兵器」 Doburoku-TAO よく VF-1の可変システムの説明に取り上げられる グラマンの「ナットクラッカー」が掲載された本。
当時の航空雑誌などではもっと詳しく取り上げられているかもしれないが…
今 ページをめくると 「雪風」関連の元ネタなど多数見受けられる。

といった訳で、どさくさ紛れのおっさんオタクの25年物持ち物自慢話は終了。 

2010.06.03…書籍画像 再撮影に伴い差し替え。

posted by DOBUROKU-TAO at 13:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 模型 | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

最近のアニメ…作品は面白いが 何故か超合金魂まで購入しようとする意欲がわない…物欲おっさんの独り言。…(2009.08.02 アニメ・漫画)

ここ数ヶ月 予約録画で観ているアニメーションは「バスカッシュ」と「真マジンガー 衝撃Z編」だったりするわけで…

ところで 大阪では昨夜放映(09.08.01)の「真マジンガー 衝撃Z編」の「消滅ミケーネ 最後の日」を見ながら ハーデスの額の目のデザインと角と体形 に「宇宙の王者」を見る。
桜田版(「冒険王」連載Ver)読み直したくなったりする(横山光輝 氏の「マーズ」の方が」あとだっけ…)…爆弾ロボット 「グロイザー」が出た時点で 味つけに使用する点は気がつくべきか…

さて「宇宙の王者」がらみでいえば 永井豪 氏の作品では 王子は異なる種族の兄妹(兄の思い込みが強いようだが…)の「翼の人」と関連つけして「マジンガー」に組み込まれているので この辺りの処理をどのようにされるのだろうか…(石川賢氏 なら「聖魔伝」か…)。大王の娘も不憫だなぁ~

また 3大神としての「ゼウス」「ポセイドン」「ハーデス」となると 海に研究所がある点も踏まえて「ポセイドン」は 剣となるわけで 頭の形が 三又の矛を表しているわけねと 一人納得。
しかし スポンサーがらみとはいえ なんやら星也だな…

ところで 永井豪 氏 及び 石川賢 氏(関係無いと思われるひともいるかもしれないが 「ケドラ」は スーパーロボット大戦系 コミックアンソロジー集のマジンガー関連での描きおろし と記憶しているし 皇帝は石川賢氏のデザイン) 両氏の作品に共通しているのは 地球人の伺いできない大宇宙では大きな戦いがあり やがて地球にその軍勢が押し寄せてくる(永井豪 氏は「旧神の来襲」として 石川賢氏は 白と黒の戦いとして 戦闘種族としての地球人)という イメージ。
このイメージが 神々と戦うために異型の者となった「魔王ダンテ」や 裏切った神が 謀反を起こす「デビルマン」へとつながっていく。月刊誌連載だったこともあり「電送人バルバー」や「マジンザウラー」の方がイメージはわかりやすい。

ベガ大王は やがて押し寄せる 神々として描かれるのかもしれない…楽しみ楽しみ

ところで 魔王を思わせる 暴走体を人が制し ゼウスを模した機械神となる事で、人であり悪魔である「デビルマン」と「マジンガー」がつながったと思うのは 思い込みかもしれないが…

まさか「Z 編」の最後で超合金Zが埋まっている 関東が隆起するとか…
しかし 兜家の連中って 「キッカイ君」だなぁって 弓教授は冷奴かい…(笑

物語の力技を楽しみにしたい

オマケ…買い逃したコミックで ジャックの「ハレンチ学園」&「魔王ダンテ」があるのだが ダンテとある人物の融合を阻止しようとする ジャックの台詞が妙に印象に残る作品でした
ところで かって口の悪いオタクには 永井豪 氏 版「大甲子園」といわれた「漫画ゴラク」版「バイオレンス ジャック」のように 「真マジンガー」には「ゴーバリアン」やら「ゴットマジンガー」は組み込まれるのだろうか… 流石に「エンマ君」(まさか ハーデスの王子はと思いつつ あのカップル 炎と雪なんだよなぁ…)と鬼の系譜の作品群の「酒童子」は組み込まれないだろうが…

posted by DOBUROKU-TAO at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ | 更新情報をチェックする

所詮 ガレージキットの期待感は 祭り夜店の買い物に近いのかもしれない…」 おっさんオタクの散財(レジン系 モデルガン・エアーガン、散財2009.07.28)… オマケ…今回の買い物でキットの出来云々よりも不快だった事

 原型製作者不明(商品に記載なし) 
仙台市「NODAYA(ノダヤ)」取り扱い 委託レジンキット「 ハンド・ファイアリング・メカニズムMk2 」

入札機会をうかがっていた


□キット□ ハンド・ファイアリング・メカニズムMk2 ラス1個

ttp://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e92804913

がいきなり 2009年 7月 25日 1時 40分 に いきなり終了。
原型をつくった人物は不明だが、レイアウト・文章等の癖・雰囲気(匂い)から 原型製作者もしやと思い GUN誌の広告をみて宮城県 仙台市「NODAYA」に電話(2009.07.25)したところ 委託販売で取り扱っているとの事(「マカロフ」「スチェッキン」「スペナッズ ナイフ」「ナイフ ピストル」と同系列の扱いだそうだ…)

てな訳で物欲オタクおっさんは購入したのだが…

ノダヤ通販購入 「ハンド・ファイヤーリング・メカニズムMK2」ガレキ 商品構成 Doburoku-TAO原型製作者が不明(一切記載なし)のこの商品名は「ハンド・ファイアリング・メカニズムMk2 」。
受け取ってきた…(注…商品はオークションの物とは違い付属の手袋は未着色仕様だった)。


ノダヤ通販購入 「ハンド・ファイヤーリング・メカニズムMK2」本体組み立て部品構成Doburoku-TAOノダヤ通販購入 「ハンド・ファイヤーリング・メカニズムMK2」本体裏面Doburoku-TAO

部品は合計7個(左右の手袋 計2個を含む)可動部分は一切なしのこのキット。
銃本体は箱状の本体のパーツに、残りパーツを接着して完成という とりあえず形だけで満足するならばとても簡単なキット。

ノダヤ通販購入 「ハンド・ファイヤーリング・メカニズムMK2」本体上面意味不明のなぞの穴 Doburoku-TAO手持ち資料では実物にない穴が開いていたりするが これは原型製作者の意図したことかまではわからない。
またバレルのパーツの外径は9.2mmしかなく、38S&W弾を使う銃のバレルの再現にしては細すぎる。

(実測のかぎり原型は、エバグリーン社のプラパイプ2種の組み合わせで造ったようだ。なんらの意図がなく材料入手優先で造っているとしたら、スケールモデルとしての実銃の口径やバレル肉厚なんてものを、一切考慮したことがないことになる …10.05.27 追記)




 手持ち資料では 残念ながらこの銃が どのようにカートリッジを装填するか等詳しく説明されていないが、細部と表面の部品の位置関係は

床井雅実 氏著
「アンダーグラウンド・ウェポン …非公然兵器のすべて」
(㈱ 日本出版社 1993年)
H・キース・メルトン 氏著 
「新版 スパイ・ブック」
(朝日新聞社 2005年刊)
の2冊に ともに上から見た鮮明なカーラー写真が掲載されており 模型としてつくり直すならば資料として参考になるだろう。

また 
高橋昇 氏著
「世界の兵器 ミリタリー・サイエンス 近代ウェポンはじめて物語」
(光人社 2006年)
には 白黒ながらの 別Ver(Mk1か?)の写真が掲載されおり 違いを見比べる事で バレル基部の動きを推察できる(バレル平行の突起は 相手に銃口を押し付けて発射しないとき もう一方の手がバレルを塞ぐことなく発射するための引きがね…したがって 引き金としてのバレルの動きを再現する際は キットのパーツは切り取りバレル基部からつくりなおして やらなければならない)
また 実物の写真を見た限り 実物は数年前オークションで出品された」「新宿鮫」?のプロップのような部品の動きでカートリッジは装填しないと思われる。

このキット ストレートに部品を貼って終わらせるのは簡単だが 価格が価格だけにある程度遊べる物をつくるとなると…頭がいたいなぁ…(笑
ノダヤ通販購入 「ハンド・ファイヤーリング・メカニズムMK2」付ガレキ属説明書 Doburoku-TAO

ところでこのキットの組み立て説明図には赤い字で

「当製品の複製(コピー)したものの譲渡、販売の一切を禁止します。例え無料だったとしても禁止です。悪質な場合法的処置を取らせて頂く事があります。」

と書いてあるが、この説明書にも箱にも 原型氏の名前も連絡先も記載されておらず、商品の販売元の署名も連絡先も一切記載されていない。 ここまでくるとこれ自体が一種の冗談のように思えてしまう。

この商品 もしもの時 誰が客を訴える事ができるのだ?
商品の責任の所在を記載しない者は 商品の権利その物を放棄しているのだが…
まさか私が買ったのは コピー品って事ないよね…?(笑

ちなみに 今回の購入価格は キット代金+送料(佐川運輸 代引き 宮城県→大阪)で8610円(税込み)也。
マニアの皆様がたはどのように思われるのだろうか…

実は ガレージのキットの出来云々は 買った本人には当り外れがある事ぐらい覚悟のうえだし ソレを何とかするのがこの趣味の楽しみ だからま 余裕があるふりして空笑いしておこう…

2012.05.13…画像再登録に伴いさしかえ。


オマケ…今回の買い物でキットの出来云々よりも不快だった事(通販 小トラブルネタ で気持ちいいはなしではありません)