2014年07月29日

2014年07月28日のつぶやき


posted by DOBUROKU-TAO at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

2014年07月27日のつぶやき


posted by DOBUROKU-TAO at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

2014年07月26日のつぶやき








posted by DOBUROKU-TAO at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ふと、思う…」…(「2014.07.27  日曜日」)

「ふと、思う…」…(「2014.07.27  日曜日」)

 おばが 先週の木曜日亡くなった。
金曜は仕事を終え、親戚宅に向かう。
 生前、家族ともどもお世話になった方だったので、お別れができた事と、おばさんの安らかな死に顔を見ることが出来たことに安心する。
 老いるということは、これから知っている人々や町並み(景色)と、日々別れて行くことだと、改めて思い知らされる。
 安らかにお眠りください。そしておばさん、今までありがとう。
 

タグ…日記
posted by DOBUROKU-TAO at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「最近の模型工作」今井科学 1992年再販 1/32「ペネロープ号(FAB-1)」…2014年07月27日

「最近の模型工作」今井科学 1992年再販 1/32「ペネロープ号(FAB-1)」…2014年07月27日
90年代再販 「FAB-1 」モーターライズ 箱絵 Doburoku-TAO.JPG














1990年代再販 今井科学 製1/32(モーターライズ)「ペネロープ号(FAB-1)」箱絵

 親戚宅から帰宅後に、ミサイルを含め完成した 今井科学製1/32(モーターライズ 1992年再販)「ペネロープ号(FAB-1)」を…


FAB-1 斜め前方より Doburoku-TAO.JPGFAB-1 斜め後方より Doburoku-TAO.JPG

FAB-1 完成品 斜め上前より Doburoku-TAO.JPGFAB-1 斜め上後方より Doburoku-TAO.JPG

FAB-1 完成品 側面より.JPG  このKITは、去年「まんだらけ」で購入したもの。アオシマの再販Ver.が出回っていたこともあり800円ほどで購入したもの。
ちなみに、現在販売されているアオシマの「FAB-1」は金型改修でディスプレイモデル化されたのみならず、ライトパーツのクリアランナー枠追加や、プロップと違う箇所も数箇所改修されている。
 昨今のマニア志向からいけば、プロップ再現の方向性の製品の方が高い評価を得るのは仕方ない。
もっとも、そのような市場の流行りがあるからこそ、今は亡き今井科学の製品とはいえ、「まんだらけ」で格安で購入できたのだろう。
 今回完成した物は、画像のとおり素直に組んだもの(改造はしていないし、生半可な気持ちでやり出したら そもそも完成しないし面倒…(笑 )。
塗装はラッカーのピンクをふきつけただけ。バリの目だったバンパーは、メッキを落とし メタルカラーのシルバーをふきつけて磨いた。
車体側面及び風防の銀ラインは、90年代に買っておいたテトラのシルバーテープ(1mm幅)を貼っただけ。
この種のラインテープは、以前は文房具・画材屋でわりと扱っていたのだが、製図道具を扱う店が少なくなった(CAD・CAMの普及の影響か?)事で、とり扱い店を見かけなくなった気がするのだが…。
 ナンバープレートの「FAB-1」の文字は 手持ちのインスタントレタリングから適当に…(これも20年程前に、立ち寄った文具店で「オリジナルカセットテープ用ラベル」作成キットの放出品を買い置きした物から転用している)。もっとも、現在販売されているアオシマ製品には専用デカールが付属しているようなので、インスタントレタリング探しで悩むことはないと思う(このあたりも 文房具店での取り扱いは減ったと思う)。

FAB-1 ミサイル装着 Doburoku-TAO.JPGFAB-1 ミサイル未装着 Doburoku-TAO.JPG
上左画像…ミサイル(加工済)装着状態。
上右画像…ミサイル未装着状態。
2014.07.26 時点の工作 Doburoku-TAO.JPG  モーターライズ版の特徴はミサイルギミック。嫌がる人もいるようだが、せっかくだから真面目…(笑に組み立てた。
ミサイル先端を画像のように加工した理由は…
1、 やっぱり多少でもライトに見えた方がうれしい。
2、 キットの形状ままだと、ミサイルがとがっているのでセットする際に指が痛い。
3、 キットの形状のままだと、ミサイルセット際に間違えて車体内部に落としてしまう(取り出すのが面倒 …調整の際 何度が経験)。
…画像のようにプラパイプをかました事で、車体内部に落とすこともないし、圧縮されたバネの圧力でミサイルの接着面が剥がれる事を防げると考えたから…。
今回のミサイル加工に違和感を覚える人もいるだろうが、ここの処理は各自のセンスで好きな様に処理すればいいと思う…。
まぁ、何はともあれ完成させたということで…。

 そういや 1/32といえば、アオシマのあの車両も…(精力的に商品展開しているトラックにあらず)。
河合商会のサイクルカーも含め、最近1/32の車両がプチマイブーム…(笑

タグ …コレクション プラモデル イマイ 今井科学 サンダーバード ペネロープ号 FAB1 インスタントレタリング 製図用ラインテープ



posted by DOBUROKU-TAO at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする