2014年08月27日

2014年08月26日のつぶやき




posted by DOBUROKU-TAO at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

「昨日と今日の晩御飯(08月)」No.14-124(「2014.08.25 月曜日の晩御飯」&「2014.08.26 火曜日の晩御飯」)

「昨日と今日の晩御飯(08月)」No.14-124(「2014.08.25 月曜日の晩御飯」&「2014.08.26 火曜日の晩御飯」)

「2014.08.25 月曜日の晩御飯」
今日の晩御飯 2014年08月25日 Doburoku-TAO.JPG◎「アジの開き」
 スーパーで買った「アジの開き」を焼いて、すりおろした大根を添えただけ。
これに、冷凍のエビフライを炒めた物と同居人が買ってきたお惣菜に、「ポタージュスープ」と炊いたご飯(お米 1.5合 押し麦 45g)を、一緒にいただいた。

これらが、8月25日(月曜日)の晩御飯。

「2014.08.26 月曜日の晩御飯」
今夜も買い置きで…
今日の晩御飯 2014年08月26日 Doburoku-TAO.JPG◎「トンスーシャー」
 具材…味付き豚肉・竹輪・小松菜・キノコ(エリンギ・しめじだけ)・ピーマン
 味付け…コショー
スーパーで買った味付き肉と具材をフライパンで炒めただけ。
これに…
◎「湯豆腐」
 具材…豆腐・生姜・大根おろし
 出汁…カツオブシ(パック)
鍋に1000ccの水を入れカツオブシ(パック)をふやかした。
この鍋が沸騰したら火にかけ、豆腐を加えて煮ただけ。
 この豆腐をさらに移し、すりおろした大根と生姜を載せ、ミツカン「味ポン」でいただいた。
これに、「ポタージュスープ」の残りと、今日炊いたご飯(お米 1.5合 押し麦 45g)を、一緒にいただいた。
これらが、8月26日(火曜日)の晩御飯。
こうして毎日無事ご飯が食べられた事に感謝を…
そしてご馳走様。

タグ…日記 今日の晩御飯 今日の晩御飯 2014年 ミツカン 味ポン
posted by DOBUROKU-TAO at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の晩御飯 2014年08月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

「最近の読書」…2014年08月24日

「最近の読書」…2014年08月24日


 忘備録を兼ねてここ数か月で読んだ本から…
 ここ数か月はスパイ関連の書籍から読みすすめた。

まずは長年つんどく状態だった…
◎「シャンペン・スパイ <モサドの星>の回想」(早川書房 1985年)
 ウォルフガング・ロッソ 著 大内博 訳
◎「スパイのためのハンドブック」(早川書房 1982年)
 ウォルフガング・ロッソ 著 朝川伸英 訳
の2冊を読み…
BBCのドキメンタリーに合わせて出版された…
◎「スパイ!」(早川書房 1984年)
リチャード・ディーコン&ナイジェル・ウェスト 共著、水木光 訳
を読む。この書籍でソ連とウクライナの確執を知る。
 取り上げられた「シンシア」がらみで、同じ早川書房から刊行されている第2次世界大戦時の暗号解読を描いた「暗号戦争」をまず読むことも考えたが…
「ゾルゲ」から「ソ連(ロシア))がらみで…
◎「動乱はわが掌中にあり 情報将校 明石元二郎の日露戦争」(新潮社 文庫1994年)
 水木楊 著
 日露戦争において、ロシアを後方から揺さぶった明石元二郎大佐の活動を知る。
本書でフィンランドとロシア(ソ連)の確執&フィンランドの日本贔屓の理由を知る。
しかし「フィンランド化」なんて言葉で嘲笑した、「不沈空母発言」の風見鶏政治家
の発言は、いかに歴史背景も考えない発言だったか…。
 日露戦争がいかに日本を政治経済のみならず疲弊させたかを理解する意味でも、これまた長年放置の…
◎「明治の墓標 庶民のみた日清・日露戦争」(河出書房新社 文庫 1990 年)
大濱徹也 著
 を読む。これは新田次郎 著「八甲田山」を読んだ際購入し、読みかけては放置していたもの。15年目にやっと最後まで読み切った。
 この書籍を読み、日清・日露に両戦争がいかに日本国内疲弊させた事を知ることに…
また、この両戦争が、その後の日本の国力をかえりみない無謀な軍国化を加速した事を知る。
 ちなみに本書の記述で、愛国を唱え外貨稼ぎを目的に、日本の女性を組織的に娼婦として送り込んだ者たちの存在を知る。何のことはない、第二次世界大戦以前に組織&システムが出来上がっていた事が伺い知れる。
息抜きがてら読んだのが…
◎「モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関」(集英社 文庫 1984年)
 落合信彦 著
 これは ウォルフガング・ロッソへのインタビュー記事が掲載されているので読んだ。
 落合信彦 市の著作だから古書で簡単に手に入ると思っていたが、意外と入手に時間がかかった一冊。
 最後は最近刊行された書籍から…
◎「日本海軍 4000時間の証言 軍令部・参謀たちが語った敗戦 NHKスペシャル取材班」
(新潮社 文庫 2014年)
「海軍反省会」を題材にしたNHKスペシャル「日本海軍400時間の証言」(2009年に放映)は、放映当初から第二次世界大戦を訳知り顔で語る者たちを青ざめさせ、衝撃を与えた番組。
 この番組の成立背景や取材状況を記した本書を、「海軍善玉説」盲信される方や「艦これ」ファンは、読んでみて損はないと思う。

 追記…「艦これ」を企画した連中って、いろんな意味で不気味でたちが悪いと思う…。

タグ …最近の読書 スパイ シャンペン・スパイ 早川書房 ウォルフガング・ロッソ 大内博 朝川伸英 リチャード・ディーコン ナイジェル・ウェスト 水木光 明石元二郎    日露戦争 新潮社 水木楊 河出書房新社  大濱徹也 新田次郎 集英社 落合信彦 NHKスペシャル 海軍反省会 日本海軍400時間の証言 海軍善玉説

posted by DOBUROKU-TAO at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「今日の晩御飯(08月)」No.14-123(「2014.08.24 日曜日の晩御飯」)

「今日の晩御飯(08月)」No.14-123(「2014.08.24 日曜日の晩御飯」)
「2014.08.24 日曜日の晩御飯」
今夜も買い置きで…
今日の晩御飯 2014年08月24日 Doburoku-TAO.JPG◎「もやし炒め」
 具材…もやし・豚肉・竹輪・玉ねぎ・キノコ(エリンギ・しめじだけ)
 味付け…コショー
具材をフライパンで炒めただけ。
これに前日の炊いたご飯が残っていたので…
◎「焼きめし」
 具材…卵・青ネギ・冷ご飯
 味付け…塩(少々)・コショー
具材をフライパンで炒めただけ。
味付けにヤマキ「めんつゆ」(少々)を垂らしている。
◎「ポタージュスープ」
 具材…ベーコン・玉ねぎ・キノコ(エリンギ・しめじだけ)
 味付け…ポタージュスープ(カップ)
 出汁…コンソメ(1個)
鍋に1000ccの水を入れ火にかけた。
沸騰したらコンソメを一個加えて溶かした。
この鍋に、サラダ油で炒めた具材と、ポタージュスープ(カップ)一袋を加えて煮込んだだけ。
これに切ったトマトを、一緒にいただいた。
これらが、8月24日(日曜日)の晩御飯。
こうして毎日無事ご飯が食べられた事に感謝を…
そしてご馳走様。
タグ…日記 今日の晩御飯 今日の晩御飯 2014年 ヤマキ めんつゆ
posted by DOBUROKU-TAO at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の晩御飯 2014年08月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「最近のおでかけ」2014年08月17日 「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」…(2014年08月24日)

「最近のおでかけ」2014年08月17日 「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」…(2014年08月24日)

>
 どうも会場が歩いて行ける位置にあると出不精になり…(笑
今更ながら先週覗いた「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」の感想を…

 最初の新作映像で「萎えてしまう」
理由は、大気圏突入に備えているホワイトベースの周辺を、蚊トンボのように舞う「ザク」と「ガンダム」。この画像だけで,いろんな意味でなえます。
(当時、今までと違うロボットアニメに、何に期待したかを無残に打ち砕くような画像です)
 
 展示物で面白かったのは…
1 展示された企画書
 ただし、会場ではゆっくり読めるような状況ではないです。
人が多くて、じっくり読めませんでした。
後日、会場で販売されている「図録」でわかったこととして「ペガサス(ホワイトベース)」の艦載機の搭載数。

◎「ペガサス(ホワイトベース)」本来の艦載数
 コアファイター     7機
 ガンダム        3機
 ガンキャノン      2機
 ガンタンク       1機
ボンバー(支援爆撃機) 3機
ガンペリー       2機
…原稿用紙枠外に計6機の記述あり、ガンダム・ガンキャノン・ガンタンク 3機種の合計数を指すと思われる

◎物語中の「ペガサス(ホワイトベース)」の艦載数(企画書では…)
 コアファイター     3機
 ガンダム        1機
 ガンキャノン      1機
 ガンタンク       1機
ボンバー(支援爆撃機) 2機
ガンペリー       1機

まぁ、搭載艦載機数をネタにしている人は頑張ってひねくり回してください。

2、玩具用設定 ガンダムのカラー画稿
 私は、カラー画稿を初めて見ました。
デザインは「記録全集1巻」の最後の方に掲載されているものを思い出してください。
模型マニアはMSVとして、ジャブローで試験中の試験機の塗装として再現してやればおもしろいかもしれません。(図録収録)

3、冨野スケッチ。
 今回の展示で、「ズゴック」&「ゾゴック」が兄弟機であることがよくわかりました。
でも一番面白かったラフスケッチは、展示されている机の後ろの壁紙でしょうか。
ゲルググのライフルや、スレッガーの冨野スケッチは初めてみました。
他にも面白いスケッチは多数あると思うので、来場された方は机の裏の壁も覗いてみましょう…(笑
 ちなみに、冨野スケッチは図録に収録されていません。

4、安彦氏の絵コンテ。
 素晴らしいのですが…
「動きそうな画」と褒めるのが正しい姿勢かもしれませんが、今まで何回もアニメ本編を見ているわけで…
 並べられた画を見て、脳内で動きを再生している可能性は否定できません。
このあたり、上手い画をしてみることしか出来ないのは しょせん私が凡人だからです。

5、新作の展示
 やっぱりあったよ「コアファイター」でしょうか。
飛行ユニット&コアファイターの組み合わせが楽しみです。
2号機換装は、共通ファイター。

会場展示の不満点
 図録に掲載されていない展示物が多すぎる事でしょうか。
これは贅沢かもしれませんが、「記録全集5巻」に収録された、全52話版のプロットぐらいは紹介するべきだったと思います。

図録について…

 冨野氏のインタビューは相変わらず凶悪で、「共食いするまで行き詰った人類のその後」を描くと語っております。

追記…図録の黒瀬陽平氏のインタビューで思ったこと。

 機械を手足のように動かすことで、魔人になる永井豪の「マジンガーZ」の流れに沿った「ガンダム」(運転席が頭から腹に移った事も大事かと…)より、母親への体内回帰を描いた「エヴァンゲリオン」をエポックメーキングと指摘するのはもっとだと思います。
 けどその前に、永野護の巨大ロボットを操る行為を、妊娠できない人口生命体とリンクする事で行う描写(ロボット操る=快楽 と描く:他のOVAや、ちみもりお のゼオライマーなど方法が違うが 近いかと…)があった事を論じるべきかと…
 このような、描写がはやった後、「エヴァンゲリオン」以降の「萌え」「乳描写」「させ娘さんの氾濫」(←裏と表は同じという悪徳風俗のような「させずぼったくり」の「課金アイドルグループ」の存在)など踏まえて、息苦しい現状を踏まえて語るべきだと思いますが…。

タグ …今日のお出かけ ガンダム展 機動戦士ガンダム 黒瀬陽平 大阪市 港区 天保山 大阪文化館 冨野由悠季 永井豪 永野護 F.S.S マジンガーZ ちみもりお ゼオライマー 庵野秀明 エヴァンゲリオン

posted by DOBUROKU-TAO at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・芸能 ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする